転職エージェント紹介案件の断り方を例文付きで解説!断るタイミングも知っておこう!

転職エージェントを利用すると、担当者へ断りの連絡が必要となる状況もあります。

たとえば、希望しない会社への応募を強引に勧められたりすることも少なくありません。

そこで気になるのが、断ることで「担当者と関係が悪くなったらどうしよう…」ということではないでしょうか。

就職先を紹介してもらうという関係上、波風を立てずに断りたいものですし、断らずに済むならできるだけやりたくはないことです。

この記事では、転職エージェントの担当者に対し、紹介案件などを上手に断る方法やタイミングについて紹介します。

記事を読むことで、担当者への断り方に悩まず、転職活動がスムーズに進められるようになるでしょう!

【タイミング別】転職エージェント案件の断り方!

転職エージェントへ断りを入れるタイミングは、さまざまなシーンで発生します。

  • 求人を紹介されたが希望する企業ではない場合
  • 面接日時が決まってから断りたい場合
  • 内定後や内定承認後に断る場合
  • 面談、求人紹介の中断、担当者の変更、退会依頼などの場合

断る場合は電話やメールで伝える必要があります。

ここからは、タイミング別に適切な断り方を、例文を使って紹介していきましょう。

案件紹介タイミングでの断り方・例文

求人の紹介はメールなどで届くことが多くなっています。

また面談時に紹介された際には、応募してみようと考えたとしても、検討した結果気持ちが変わってしまったり、別の企業へ興味がわいたりする可能性もあるのではないでしょうか。

ポイントは、断りながらも自分の希望を伝えることです。自分が希望する内容でなければ入社後は後悔しかありません。

どうしても希望するような企業が見つからないというケースも考慮し、妥協点もメールや会話に盛り込んでおきましょう。

メールやチャットでの断り方・例文

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

求人案件をご紹介いただきありがとうございます。

内容を確認させていただきました。

※面談時紹介されていた場合は、「先日は、求人案件をご紹介いただきありがとうございます」など

ご紹介いただいた求人案件は、仕事内容や条件などを考慮した結果、希望条件とは一致しないと感じました。

ご紹介いただいたにも関わらずこのような結果となり、大変申し訳ございません。

今後、以下のような求人案件がありましたら、ご紹介いただけますと幸いです。

  • 自分の希望を書く
  • 妥協点があれば盛り込んでおく

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

(自分の名前)

電話での断り方・例文

この度は求人情報を紹介していただき、ありがとうございます。

確認させていただきました。

大変申し訳ないのですが、希望条件とは一致しないと感じました。

希望は○○とさせていただいたので、この条件のような求人案件はございませんでしょうか?

難しいようでしたら、○○であっても構いませんので、よろしくお願いいたします。

【転職エージェント】面接決定後の断り方・例文

一次面接前と二次面接前とでは、断る理由も状況も変わってきます。

ここでは、両方のタイミングに分けて例文を紹介しましょう。

一次面接決定後のメールやチャットでの断り方・例文

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

この度は○月○日に予定しておりました、○○株式会社の面接を辞退したく、連絡させていただきました。

転職活動を進めるなかで仕事内容や待遇面などを考慮した結果、○○株式会社の志望度が低くなってしまったことが理由です。

大変申し訳ありません。

このまま面接を受けましても、入社の意志がございませんので、早めに辞退すべきだと判断いたしました。

(担当者の名前)様には大変なご迷惑をかけてしまい、深くお詫びいたします。

○○株式会社の採用ご担当者様にもご迷惑をおかけする結果となってしまい申し訳ございません。

お詫びお伝えいただけますと幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

(自分の名前)

一次面接決定後の電話など言葉での断り方

この度は○月○日に予定しておりました、○○株式会社の一次面接の辞退をしたく電話させていただきました。

転職活動を進めるなかで、○○株式会社の仕事内容や待遇面などを考慮し悩みましたが、このような結果となりました。申し訳ありません。

このまま面接を受けましても、入社の意志がございませんので、早めに辞退すべきだと思い連絡しました。

(担当者の名前)様には大変なご迷惑をかけてしまい、申し訳なく思っておりますが、面接辞退の手続きを進めていただいてもよろしいでしょうか。

○○株式会社の採用ご担当者様にもお詫びの旨お伝えいただけますと幸いです。

二次面接決定後のメールやチャットでの断り方・例文

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

○月○日に予定しておりました、○○株式会社の二次面接を辞退したく、連絡させていただきました。

理由としましては、○○株式会社の一次面接を終え、仕事内容や待遇などを考慮した結果、志望度が低くなってしまったことが理由です。

大変申し訳ございません。

(担当者の名前)様には大変なご迷惑をかけてしまい、深くお詫びいたします。

また、○○株式会社のご担当者様にも誠に申し訳ないと思っております旨、お伝えいただけると幸いです。

何卒よろしくお願い申し上げます。

(自分の名前)

二次面接決定後の電話での断り方・例文

この度は○月○日に予定しておりました、○○株式会社のニ次面接の辞退をしたく電話させていただきました。

○○株式会社の一次面接を終え、仕事内容や待遇などを考慮した結果、志望度が低くなってしまったことが理由です。

(担当者の名前)様には大変なご迷惑をかけてしまい、申し訳なく思っておりますが、面接辞退の手続きを進めていただいてもよろしいでしょうか。

一次よりも二次面接のほうが「一次面接を受けた印象が…」など断る明確な理由ができます。

一次面接前に断るタイミングを逃してしまったなら、経験だと割り切って一次面接を受けてみるのもひとつの方法かもしれません。

【転職エージェント】内定後の断り方・例文

内定をもらった後に断るのも、担当者には伝えづらいことではないでしょうか。

しかし、妥協して入社するのは自分にとっても企業にとってもいいことではありません。

ここで注意したいのは、いきなり断りの連絡をメールでしてしまうと、その後の関係が悪くなってしまい担当者へ相談しづらくなってしまうことです。

「内定をいただいたが、ほかにも内定の話がありどうしようか迷っている」など、悩んでいることを相談したうえで、断りの連絡をするとよいでしょう。

メールやチャットでの断り方・例文

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

先日内定をいただきました○○株式会社につきまして、大変心苦しいのですが内定を辞退させていただきたく連絡いたしました。

理由は、ほかの転職エージェントで応募していた企業からも内定をいただき、入社することを決めたためです。

○○株式会社は非常に魅力的な企業ですが、業務内容や待遇面を考慮した結果、他社様への入社を決意いたしました。

(担当者の名前)様には、これまで全面的な転職サポートをしていただいたにもかかわらず、このような結果になりましたことを深くお詫びを申し上げます。

何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前)

電話での断り方・例文

先日内定をいただいた○○株式会社様につきまして、大変心苦しいですが内定を辞退させていただきたく連絡いたしました。

理由は、ほかの転職エージェントで応募していた企業からも内定をいただき、そちらの企業へ入社することを決めたためです。

○○株式会社は非常に魅力的な企業でしたが、業務内容や待遇などの条件を検討しこのような結論となりました。

(担当者の名前)様には、これまで全面的な転職サポートをしていただきながらも、このような結果となり申し訳ございません。

恐れ入りますが、内定辞退の手続きを進めていただいてもよろしいでしょうか。

【転職エージェント】内定承認後入社辞退の例文

内定承認後の辞退とは、入社することを誓約したあとに入社を断ることです。

転職エージェントにも企業にも、大きな影響を与えることだと認識しておきましょう。

内定承諾を辞退した場合、同じ転職エージェントを利用しづらくなったり断られたりする可能性もあります。

内定辞退をする場合は入社日の2週間以上前には、連絡を入れましょう。民法627条では、2週間前に伝えることで解約できるとしています。

しかし権利があるから問題ないなどとは考えずに、誠実さを心がけ断りの連絡をしましょう。

メールやチャットでの断り方・例文

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

先日内定承諾を行いました○○株式会社ですが、内定を辞退させていただきたく、ご連絡差し上げました。

内定を承諾していながら、このような身勝手な決断をしてしまい、誠に申し訳ございません。

仕事内容や待遇などを考慮しましたが、このような結論となり、(担当者の名前)様には大変申し訳ない気持ちでいっぱいです。

何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前)

電話での断り方・例文

先日内定承諾を行いました○○株式会社ですが、内定を辞退したく連絡させていただきました。

仕事内容や待遇などを考慮しましたが、このような結論となり、深くお詫びを申し上げます。

(担当者の名前)様には、これまで全面的な転職サポートをしていただいたにもかかわらず、ご迷惑をおかけする結果となりましたこと深くお詫びを申し上げます。

大変申し訳ございませんが、内定辞退の手続きを進めていただいてもよろしいでしょうか。

ほかにも気になるタイミング?断り方の例文

ほかにも、転職エージェントを利用するうえでは、断ったり依頼したりと自分から連絡するタイミングがあります。

ここでは、一般的によくあるシーンについて紹介していきましょう。

エージェントとの面談の断り方

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

大変申し訳ございません。

諸般の事情により、お願いしていた日程での面談に伺えなくなりました。

つきましては面談の日程変更をお願いしたく、連絡させていただきました。

以下日程のいずれかで、ご変更をお願いできませんでしょうか。

  • 日時を2〜3パターンくらい提案する

何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前)

例文:担当者の変更依頼

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

現在(担当者の名前)様には全面的にサポートいただき感謝をしております。

しかし転職が初めてなので不安も多く、ほかの方のご意見も伺いたいと考えております。

もし可能であれば、現在志望しております業界に詳しい担当者の方と一度お話させていただくことは可能でしょうか。

お手数ですが、何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前)

まずは現担当者へ連絡を入れるのがマナーといえます。

しかし、担当者と口もききたくないなどの関係悪化が原因なら、相談窓口などへ直接「担当変更依頼」をしましょう。

例文:案件紹介の中断依頼

(担当者の名前)様

いつもお世話になっております。

求人をご紹介いただき、ありがとうございます。

大変恐縮ですが、諸般の事情につき転職活動を一時休止することになりましたので、求人への応募検討を見送ることにしました。

直近で転職活動をする予定はありませんが、再開する際には改めてご相談させていただけましたら幸いです。

何卒よろしくお願いいたします。

(自分の名前)

「退会依頼」断り方

退会依頼はホームページなどで行えます。

しかし転職活動でお世話になった担当者へ、お礼を伝えたいと考える人もすくなくありません。

その場合は退会手続きと一緒に、担当者へもメールや電話でしっかりとお礼を伝えることで、再度転職を考える際にも依頼がしやすくなるでしょう。

断り方のポイント

転職に関わる断り方のポイントや注意点を紹介します。

断ることは可能だが断り方に注意

転職エージェントの提案を断ってはいけないということはありません。

しかし断る際は、できるだけ電話連絡をするよう心がけましょう。

連絡がメールだけに偏ってしまうと、思わぬ誤解を与えてしまうこともあります。

メールで詳細を送ったうえで電話をして話し合うなど、お互いに理解が深まる方法をとりましょう。

それにより次回は自分の希望に近い求人案件を紹介してくれる可能性もあるのです。

タイミングによっては印象を悪くしてしまう

当日ぎりぎりに断るのは担当者の印象を悪くしてしまいます。

面接など担当者だけではなく、企業も関わることに対してはできるだけ早く、断りの連絡を入れましょう。

無視はNG!断るなら必ず連絡する

転職エージェントからの連絡を無視することは、社会人としてのマナー違反ともいえます。日時が決まっている面談などを、連絡をせずキャンセルすることも絶対にやめましょう。

転職エージェントの利用が継続できなくなる可能性もあります。

断る際には必ず連絡を入れることは、転職エージェントの利用に限らず社会人としての最低限のマナーでしょう。

まとめ

この記事をまとめると、以下のようになります。

  • 転職エージェントからの提案でも、条件が合わない場合は断ってもよい
  • 断るなら必ず連絡をする、無断キャンセルはエージェントとの関係性を悪くする
  • 断りの連絡には理由と謝罪を盛り込む

転職活動で必要となる「断り方」について、例文を用いて紹介しました。

転職は人生を左右する重要なポイントです。

妥協せず断ることも必要ですが、断る際には社会人としてのマナーを意識して誠実な対応を心がけましょう。

おすすめ転職エージェントは?

転職エージェントは複数登録がおすすめ!

自分が目指す転職をスムーズに叶えるには、1社の転職エージェントだけに頼るのは効率的とはいえません。
たとえば、自分にマッチしない転職エージェントに登録してしまうことは、希望する求人案件に出会えずに転職活動を長引かせてしまう原因となるでしょう。
求人案件の幅を広げるためにも、あらかじめ年齢、職種などを考慮した、複数の転職エージェントへ登録しておくことをおすすめします。

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!