転職の流れを徹底解説!転職活動で気をつけるべきこと、コツまで解説

「今の仕事に不満がある。転職したいけど、具体的に何をすれば良いのか分からない。」

「転職活動にかかる期間が知りたい。」

「転職活動中の流れと、やるべきことを知りたい! 」

上記のような疑問・要望を持っている人は多いでしょう。

本記事では、転職活動の流れから各ステップで実施すべきこと、気をつけるべき点やコツについて解説していきます。

今後転職活動をしたいと考えている方に役立つ記事ですので、ぜひご一読ください。

転職活動の大まかな流れと一般的な転職活動期間

転職活動は、大きく分けると5つのステップに分かれています。

転職活動の流れと、一般的な転職活動期間について解説していきます。

転職活動のステップ5つ

転職活動の5つのステップは、下記のとおりです。

・転職準備

・履歴書・職務経歴書などの書類作成

・求人への応募

・面接の対策

・内定・退職に関する手続き

転職活動は、1つずつのステップを積み上げながら進めるものです。

各ステップで行うべきことや、気をつけるべきこと、コツについては後述します。

まずは、転職のおおまかな流れとして、5つのステップがあることを知りましょう。

転職活動期間は「3ヶ月~半年以上」が一般的

転職活動は「3ヶ月~半年以上」かかることが一般的です。早い方は3ヶ月以内に終わることもあります。

早く終わる方は、用意周到場であったり、非常に優秀な人、もともとコネクションを持っていた人などが該当します。

ただ、一般的には「転職をしよう」と考えてから行動を開始するものですよね。

以下が転職の準備から内定までの期間の目安です。

・転職準備~書類作成:2週間程度

・応募~面接:1~2ヶ月程度

・内定~入社:1~3ヶ月程度

転職準備から面接までの間でも、先方とのスケジュール調整などで時間がかかることもあります。

早く結果を出したい気持ちはわかりますが、人生を左右することですので、じっくりと取り組むことが肝心です。

転職活動の具体的な流れ1:転職準備

「転職準備」のステップでは、具体的に何をするべきかを解説します。転職準備は、情報収集や自らの情報整理を行うステップです。転職準備をしっかりしていると、次のステップでの作業が楽になります。

キャリアの可能性を広げるための「情報収集」

転職を考えたときに考えることは次の2点ではないでしょうか。

・業界、業種を変えずに経験を活かした転職

・業界、業種を変えてイチから働くことを目的とした転職

業界・業種を変えずに、キャリアアップや収入アップを目的とした転職の方が多いでしょう。今まで働いてきた経験を活かしながら会社だけを変える、という人も多いものです。

しかし、転職の選択肢はひとつではありません。

「やりたいことが見つかった」「今の業界には合わない」という考えから、未経験の新しい業界に飛び込んでいく転職もありますね。業界・業種・職種を絞ることで、自分に適した求人を見逃してしまう可能性も考えられます。

転職は、スキルや経験を活かして新たな可能性を見つけるチャンスです。

新たな可能性を自ら失ってしまわないためにも、幅広い情報収集を意識してみましょう。

市場価値を知るための「情報収集」

市場価値とは、自分が市場でどれだけの価値があるのかということです。要するに年収の適正です。業界・業種・職種、それぞれの市場において自分の適正年収を見極める必要があります。

現在の自分の年収だけをベースに考えると、市場価値と乖離している可能性があります。

年収は年齢も加味されますので、年齢・業界・業種・職種の平均的な市場価値を知りましょう。

市場価値を知る方法としては、ミイダスなどの市場価値診断(年収診断)をできるサービスがあります。

ほかにも、転職のプロである「転職エージェント」で、経歴やスキルから市場価値を判断してもらう方法も良いでしょう。

自身の市場価値を知ることで、応募する求人の判断ができるようになります。市場価値以上の高望みしていると内定が取れません。逆に、市場価値以下の会社に入社できても入社後に後悔することになるでしょう。

市場価値を見極めることは、転職において非常に重要です。

自身のスキル、経験などの棚卸し

自身のスキルや経験を棚卸しをすることは、必ず行わなければなりません。

「キャリアの可能性を広げる」「市場価値を知る」といった情報収集をするうえでも、自身のスキルや経験と照らし合わせながらおこなう必要があるからです。

また、次のステップでの書類作成や、企業と面接を行う際にも必要となってきます。転職活動は、「あなた」という商品を企業にアピールするようなものです。商品のことを詳しく知らないのに、アピールすることはできませんよね。

今までに培ったスキル・経験・得意なこと・好きなことを自分自身に問いかけてみましょう。

自分自身を詳しく知ることで、今まで気がつかなかった新たな可能性に気がつけるかもしれませんよ。

転職活動の具体的な流れ2:履歴書・職務経歴書などの書類作成

「書類作成」のステップでは、具体的に何をすべきか解説します。書類作成は主に、履歴書と職務経歴書を作成するステップです。履歴書と職務経歴書の作成におけいて気をつけるべき点やコツを見ていきましょう。

履歴書と職務経歴書の違い:プロフィールとスキルリスト

履歴書と職務経歴書はそれぞれ目的が異なります。履歴書はプロフィールであり、職務経歴書はスキルリストと考えてください。

企業の採用担当者は、あなたがどのような人間であるか、どのようなスキルを持っているかを全く知りません。あなた自身を詳しく知ってもらうために、用意する書類が履歴書と職務経歴書になります。

履歴書は、今までのあなたの生き方や人間性を判断するために利用されます。職務経歴書は、あなたの経験やスキルを判断するために利用されるものです。

転職においては即戦力を求められることも多く、履歴書よりも職務経歴書のほうが需要視されるといえます。特に技術系の職種の場合は、経験やスキルを十分にアピールしましょう。

長文よりも中身の濃さを優先

自身をアピールしたいから長文を書けばよいかと言うと、そうではありません。企業の採用担当者も忙しい身ですから、履歴書や職務経歴書を隅々までじっくりと読むわけではないでしょう。

また、記載するスペースは限られています。1から10まで記載しようとするとスペースが足りなくなることも考えられますね。

重要なことは、たくさん記載することではありません。あなたがアピールしたいポイントを強調して記載することです。企業の採用担当者に見てもらいたいアピールポイントを中心に、必要最小限で記載しましょう。

転職活動の具体的な流れ3:求人への応募

「求人への応募」のステップでは、具体的にすべきことを解説します。現代では、求人サイトや転職エージェントを利用することが主流です。それでは、求人サイトの選び方や転職エージェントについて解説していきます。

求人サイトを選ぶ基準:業界、業種に強いサイトを選ぶ

インターネットが普及することにより、現在では数多くの求人サイトが存在しています。

「多すぎてどの求人サイトを選べばいいかわからない」という人も、少なくないのではないでしょうか。

求人サイトは、それぞれ特徴があります。たとえば、IT系に強いサイトや外資系に強いサイトというように、「強み」としている部分が異なります。

求人サイトを選ぶ基準としては、あなたが希望する業界・業種に「強み」を持った求人サイトを選ぶと良いでしょう。「強み」があるということは、単純にその業界や業種に関する求人を多く取り揃えている場合が多いものです。

また、業界・業種特有の悩みに関しても熟知していますので、不明点などの問い合わせも安心してできます。

また、求人サイトは1つだけに絞らず、2~3サイトほど利用しましょう。同じ「強み」を持つ求人サイトでも扱っている求人は異なります。

特定の「強み」を持つ求人サイトは、特化型の求人サイトです。特化型の求人サイトとは別に、幅広い業界の求人も取り扱う大手求人サイトも登録しておくことをおすすめします。

大手求人サイトは非常に求人数が多く、取り扱う業界や業種も豊富です。複数の求人サイトを利用しながら、あなたに合う求人を見つけましょう。

転職エージェントを利用する

求人サイトと似て非なるサービスとして「転職エージェント」があります。転職エージェントは、ひとりひとりに専任のキャリアアドバイザーが付きます。

求人サイトは自分自身で求人を探して応募するものですが、転職エージェントでは、キャリアドバイザーがあなたに合う求人を提案してくれます。

ほかにも、面接対策や書類作成のサポートなど豊富なサポートが受けられる点が特徴です。転職エージェントは、基本的に無料で利用できます。

転職のプロである転職エージェントは、あなたの転職を強力にサポートしてくれるパートナーとなります。転職に不安がある人や転職に失敗したくない人には、転職エージェントをおすすめします。

転職活動の具体的な流れ4:面接の対策

「面接の対策」のステップで具体的にするべきことを解説します。面接の対策は、書類選考通過後の面接に対する対策を行うステップです。企業の採用担当者に直接あなた自身をアピールするチャンスですので、しっかりと準備をしておきましょう。

抑えておくべき質問事項に対する回答

転職の面接ではよくある質問事項というものがあります。どの企業も、新たに採用する人物について確認しておきたい項目はある程度は限られています。

転職時の面接で質問されるものとしては、次のようなものがあります。

  • 前職を退職した理由
  • 当社を志望した理由
  • あなたのキャリアプラン
  • 前職ではどのような不満があったか
  • 当社があなたを採用するメリット
  • あなたの強みと弱み

上記の質問には必ず答えられるように準備しておきましょう。自分自身の棚卸しをしっかりすることで質問に回答できるようになります。

転職エージェントなら面接対策も行える

面接は対話によって行われるものです。面接時の質問事項に対する答えを用意しておくだけでは、実際の面接で緊張して答えられないということになってしまいます。

面接対策は、実際に用意した答えをあなたの口で話すという練習も必要になります。

企業との面接の前に、最低でも1回は面接を想定した模擬面接を行いましょう。

しかし、一人では模擬面接は難しいものです。転職エージェントではキャリアアドバイザーが仮想面接官として対応してくれます。

質問事項に対する回答内容の添削なども行ってくれるため、ぜひ活用しましょう。

あなたが気がづいていない直すべき話しかたのチェックなどもしてもらえます。

転職活動の具体的な流れ5:内定・退職に関する手続き

「内定・退職に関する」のステップでは、具体的に何をするべきかを解説します。新しい企業への内定手続きと、現在所属する企業への退職手続きは避けて通れません。内定・退職に関する手続きで気をつけるべき点を紹介します。

内定から入社意思を示すまでの猶予は「1週間」

書類選考と面接を通過すれば、内定を獲得できます。内定は「あなたを受け入れますよ」という表明であるため、内定が出たら転職が完了するわけではありません。

内定通知を受けたら、一般的には1週間以内に「承諾」か「辞退」かを先方に伝えます。複数の企業へ応募をしている場合、複数の内定を得られる可能性があります。

当たり前ですが、複数の承諾はできませんので、いくつかの企業へは辞退する旨を伝えなければなりません。辞退する場合には、できるだけ早く辞退する旨を伝えましょう。

企業側としては新たに人材を探す必要がありますので、早めに伝えて欲しいと考えています。電話で辞退する旨を伝えたあと、メールなどの書面でもしっかりと伝えましょう。

内定を承諾する場合は良いのですが、辞退する場合は申し訳ない気持ちになりますよね。転職エージェントを使うと、キャリアアドバイザーが企業との窓口になってくれます。内定の承諾・辞退に関してはキャリアアドバイザーに伝えるだけで良いため、転職活動における気苦労を減らせますよ。

退職の意思は「1ヶ月前」までに伝える

内定を承諾する場合、あなたが現在所属している企業へは退職する意思を伝えなければなりません。転職活動を行う人の多くは、在職中に転職活動を行っています。

退職の意思を伝える期限に関しては、あなたが所属する企業の規則にもよりますが「1か月前までに伝えること」としている企業が多いです。1か月前というのは、最低ラインと言えます。退職する意思が固いのであれば、もっと早い段階で伝えておいたほうがよいでしょう。

退職の意思を伝える場合、退職理由を必ず聞かれます。退職理由は嘘偽りなく、あなたが思うことを誠実に伝えることをおすすめします。変に嘘を付くと退職時に問題が起こる可能性があり、円満退職ができなくなる可能性があるからです。

また、転職活動中に就職を希望する会社から「いつから入社できるか」という質問をされることは多いです。現在あなたが所属する企業をいつ退職するかは、転職活動を始める際には決めておきましょう。

まとめ

  • 転職活動は、「転職準備」「書類作成」「求人への応募」「面接の対策」「内定・辞退」 の5つのステップがあります。
  • 転職活動期間は「3ヶ月~半年以上」が一般的です。
  • 転職準備のステップでは、情報収集と自身の棚卸をします。
  • 書類作成のステップでは、履歴書と職務経歴書の作成をします。
  • 求人への応募のステップでは、求人サイトや転職エージェントを利用しましょう。
  • 面接の対策ステップでは、想定される質問への回答の準備と仮想面接対策を行います。
  • 内定・退職に関する手続きのステップでは、内定通知の対応を「1週間以内」に、退職の 意思表示を「1ヶ月以上前」に行いましょう。

今回は、転職の流れと各ステップで気をつけるべきことやコツをご紹介しました。今後転職活動をしようと考えている方の参考になれば幸いです。