転職の期間はどれくらいかかる?長引かせないためのポイントも紹介

転職活動にかかる期間、気になりますよね?転職活動にかかる期間によって、いつから転職活動をはじめるか、いつ退職を伝えるかなどのスケジュールが変わってきます。

転職活動の期間の目安を知ることで、自分の転職活動がうまくいっているのかの判断材料にもなりますよね。また、転職活動は長引くと気持ちに焦りが出てしまいますから、なるべく短期間で済ませたいものです。

本記事では、転職活動の期間の目安、転職活動を長引かせないポイントを中心に紹介します。転職活動のスケジュールを立てをうまくこなし、転職のお役に立てれば幸いです。

転職活動にかかる期間の目安は3ヵ月~半年!しかしさまざまな変動要因が…

平均的な転職活動にかかる期間は、3カ月から半年だといわれています。しかし、これはあくまで目安の期間です。

なかには前職のつてを利用したり、同業他社の引き抜きを受けたりして1か月以内でスピーディーに次を決める方もいます。また、「今の仕事は嫌いじゃないけど良い条件の求人があれば転職したい」といった転職へのモチベーションが低いケースでは、希望の条件の求人が見つかるまで待つことになるので、1年以上かかることもあります。

個人の状況によって転職活動の期間は異なりますので、3カ月から半年という期間に惑わされず、自分の転職へのモチベーションや、会社の仕事の状況などを考慮にいれて自分にあった転職期間を定めるべきです。

一般的な転職活動の流れ

まずは転職の準備として、自分がどこで何をしたいのか「自己分析」をおこないます。やりたいことが明確になったら、次は業界や職種・企業について「情報収集」をしていきます。

応募したい企業が定まったら、履歴書や職務経歴書などの「応募書類の作成」に移ります。書類ができたら、希望の企業に「応募」します。

書類選考に通ったら「面接」です。一般的には面接は「一次面接」→「二次面接」→「最終面接」の三段階があります。面接が進むにつれて、徐々に役職が高い人との面接に変わっていくことが多いです。

面接をクリアしたら、晴れて内定です。在職中の場合は、並行して「退職交渉」→「引継ぎ」もおこなう必要があります。

一般的には、自己分析~書類作成までの転職準備に約2週間、応募から面接までの選考期間に約2ヵ月、内定が出てから退職まで約1か月半を要すると考えられています。

応募時・選考時・退職時の3つの変動要因

転職スケジュールの目安や転職の流れについてお伝えしてきましたが、紹介した期間についてはあくまで目安です。

実際には、さまざまな事情で転職期間が変動してしまいます。特に、応募時・選考時・退職時の3つのタイミングで期間に変動が生じることが多いので、それぞれ詳しく見ていきましょう。

まず応募時に時間を要する要因として、1社応募してダメだったら次に応募するという進め方が挙げられます。

応募してから選考の結果が来るまで時間がかかりますから、この応募の仕方だと企業からの連絡を待っている時間が長くなり、転職期間が長引きやすくなってしまいます。

書類選考で落ちるならまだいいですが、最終面接まで進んだにも関わらず不合格になってしまうと時間のロスが非常に大きいです。

選考時の変動要因には、面接の日程調整や選考待ちの期間があります。退職後に転職活動をはじめるのであれば面接の日程調整はスムーズにいきますが、在職中におこなうケースでは仕事の都合で面接の日程調整に時間がかかります。また、企業によっては選考に時間がかかる場合もあります。

退職時に時間がかかる場合というのは、退職交渉や引継ぎに必要以上に時間をとられてしまう場合です。内定が出たからといって転職活動は終わりではありません。今の会社に退職が認められてはじめて、肩の荷が下りるといえるでしょう。

実際、退職交渉に時間がかかってしまうケースはよくあります。大切なことは、引き留めを受けたとしても、揺るがない強い意思をアピールすることです。

退職届の提出期限は、退職希望日の2週間~1ヵ月前とする会社が多いですが、会社の方針や業務の状況によっては、もっとかかるケースがあります。次の会社への入社日の調整もあるので、退職の意思が固まったらなるべく早めに意思を伝えるようにしましょう。

転職活動は在職中にはじめる?それとも退職後?

転職活動期間に皆さんが転職活動で悩むポイントで、転職活動は在職中にはじめたほうがいいのか、それとも退職後にはじめるべきなのかという問題があります。

今の職場が嫌でたまらないというケースでは、先に退職したいと考えてしまいがちですが、冷静になって考えなければいけません。

以下からは、在職中に転職活動をはじめた場合と退職してから転職活動をはじめる場合、双方のメリットやデメリットを紹介します。

在職中に転職活動をはじめるメリット・デメリット

在職中に転職をはじめるメリットは、転職活動期間中も収入が継続的に入ってくるのでお金の心配をしなくていいことです。

転職にあたり、お金のことを考えておくのは重要です。収入が途絶えている期間も生活費は発生しますし、転職活動においても面接に向かう際の交通費など費用が発生します。

貯金がたっぷりあればいいですが、貯金が少なかったり全く無いという状況では、お金の心配に気をとられて転職活動に集中できません。

また、お金があることで気持ちにゆとりを持って転職活動を進めることもできます。

デメリットとしては、仕事の都合があるので面接の日程が合わせづらいことが挙げられます。平日の夜しか面接の時間が取れないので、希望の企業が合ってもスムーズに面接の日程が決まりづらいです。

特に仕事が多忙で残業が多い状況となると、休むこともできずに面接を諦めてしまうこともあるでしょう。

転職を先延ばしにしてしまいやすく、転職活動が長引きやすいです。金銭的に余裕があることもあり「次でいいや」という気持ちになってしまいがちです。

退職後に転職活動をはじめるメリット・デメリット

つづいては、退職後に転職活動をはじめるメリット・デメリットです。

退職後に転職活動をはじめれば、転職活動に十分時間をとり、転職に専念できます。平日の昼間に自由に活動できるのは、在職中の人と比べると大きなアドバンテージです。うまくいけば、すぐに次が決まる可能性も高いです。

ただ、お金の面のリスクがあります。次が中々決まらず、金銭的に厳しい状況だと焦りが出てしまいます。最悪、自分の希望条件を下げてもとの希望条件とは程遠い企業に転職してしまいかねません。実際、こうした状況に陥り転職を失敗してしまう人は多いです。

転職活動をするなら在職中がおすすめ

在職中に転職活動をはじめる場合と退職してから転職活動をはじめる場合で、それぞれのメリットやデメリットを説明してきましたが、おすすめするのは在職中に転職活動をはじめることです。

在職中にはじめたほうが気持ちにゆとりが出るので、転職が上手くいきやすいです。お金が無くなって精神的に追い詰められてしまうと、冷静な判断ができなくなってしまうものです。

焦って転職先を決めてしまうと、後で後悔してしまう可能性が高いので、在職中の転職活動をおすすめします。

離職期間があると転職活動に不利?空白期間何をしていたかが大切

在職中の転職活動がおすすめなのは、離職期間があると転職活動に不利に働く場合があるからです。転職活動に不利に働くのは、離職期間が長引いた場合です。

具体的には離職期間が半年を超えてしまうと、企業の採用担当者は「このブランクは何なんだ?」と不審に思う確率が高くなります。

離職期間が長くなると何がいけないのか、面接で離職期間のことを聞かれた場合どう答えるべきなのかご説明します。

離職期間が長いときに企業が気になること

離職期間が長い応募者に企業が懸念する理由としては、「ビジネス感・スキルの鈍化」があります。仕事をしていない期間が長いと、仕事の勘を取り戻すだけでも時間がかかるのではと採用側は心配します。

また、IT業界やWEB業界など成長を続ける業界に転職を志すなら、持っているスキルが現在の現場で通用するものなのかといった点も気になります。中途採用では即戦力を求める企業が多いので、転職後すぐ活躍できるのかという点は重要です。

ある程度のスキルがあるのに転職活動が長引いている人の場合、「企業に求める水準が高すぎるのでは?」「採用したとしても少し不満があるとまた転職してしまうのでは?」と、融通が利かない人材だととらえられる可能性があります。

面接では離職期間について納得いく理由を答えましょう

上記の理由から、離職期間が長い応募者に対しては、企業は必ず離職期間について面接で質問をしてきます。その時に納得感がある回答ができるかが勝負の分かれ目です。

良い回答だとされているのは「資格の勉強をしていた」「語学留学をしていた」などです。離職期間の間も自分を高めているので、マイナスの印象は与えないでしょう。

転職先に語学力が必要だったり、転職先に関係がある資格の取得であれば、採用時のアピールポイントにもなります。ただ「勉強をしていた」だけでは、納得感が得られにくいので注意してください。

実際に資格を取った、TOEICで何点以上取ったなどの実績を示せないと「勉強だけなら働いていてもできるのに…」とがっかりされてしまう可能性もあります。

転職活動の期間を長引かせないためのポイント4選

離職期間を生じさせないためにも、スムーズに転職活動を終わらせるためにも、転職活動は長引かせたくないですよね?以下からは、転職活動の期間を長引かせないための4つのポイントをご紹介します。

事前準備をしっかりしましょう

転職活動が長引いてしまう大きな要因に、自己分析や企業研究といった転職活動における事前準備がしっかりできていないことがあります。

自己分析においては自分のアピールポイントを明確にさせましょう。経験やスキルとアピールポイントを関連づけて説明できると、説得感が増します。

また、緻密な企業分析も欠かせません。企業理念や事業内容を把握することはもちろんですが、特に大切なのは「企業が求める人物像」の把握です。選考では企業が求める人物像に自分が近いことを上手くアピールできれば、転職成功につながりやすくなります。

ゴールから逆算してスケジュールを立てましょう

在職中の転職活動に多いケースですが、いつまでに転職を決めたいというゴールの部分が曖昧なために、転職活動が長引いてしまう場合があります。

活動期間の長期化を避けるために、まずはゴールを設定します。三カ月後でも半年後でもよいのですが、ただゴールを設定するだけでは足りず、スケジュールを立てることが大切です。

そ各工程から逆算してスケジュールを立てると、いつ転職活動をはじめるべきなのか明確になるのでおすすめです。

たとえば、内定から退職に至るまで約1ヵ月、応募から面接まで約2ヵ月、自己分析や企業研究、応募書類の作成に約2週間かかるとスケジュールを立てれば、少々の誤差を考慮しても、転職希望日の4ヵ月前には転職活動をはじめれば上手くいきますよね。

やることと、やることの期限を定めておくことは転職活動を成功させるための大きなポイントです。

企業に求める条件に優先順位をつけましょう

「年収アップさせたい」「残業ゼロがいい」「福利厚生も充実してほしい」「転勤なしもついてたら…」

企業に求める条件は上記のようにさまざまなものがありますが、希望の条件を全て満たすような最高の企業に出会える可能性はまずないといっていいでしょう。もしあったとしても、倍率がすさまじいので転職はほぼ不可能です。

希望条件には、優先順位をつけることが大切です。絶対にゆずれない条件や、あまり重要ではない条件をランク付けしましょう。最優先の条件を軸に求人を探し、ほかの条件にはあまりこだわらないほうが転職先は見つかりやすいです。

同時に複数の企業に応募しましょう

1社に応募してダメなら次を探すというやり方は非効率的です。選考を待っている間に別の企業の募集が終了してしまうことがありますし、何より時間がかかってしまいます。

リスクを避けるためにも、同時に複数の企業に応募してみましょう。選考期間が重なることで、受けている企業の比較が十分にできるので、より納得のいく転職先が見つかりやすいです。

まとめ

  • 転職活動の期間の目安は、3カ月~半年
  • 応募時、選考時、退職時で変動要因があり
  • 転職活動をはじめるのは在職中がおすすめ
  • 離職期間が長い場合、納得のいく説明をすることが大切
  • 転職活動を長引かせないためのポイント①事前準備をしっかり
  • 転職活動を長引かせないためのポイント②ゴールを逆算してスケジュールを立てる
  • 転職活動を長引かせないためのポイント③求める条件に優先順位をつける
  • 転職活動を長引かせないためのポイント④同時に複数の企業に応募する

転職活動の期間の目安は3ヵ月~半年です。転職活動を長引かせないためには、スケジュールをしっかりと立てることが何よりも大切です。今回は、転職活動の期間に関する記事でした。