仕事ができないからつらいと嘆く人必見!現状の解決策と転職を徹底解説

「仕事ができなくてつらい」

「明日会社に行きたくない」

「もっとやりがいのある仕事がしたい」

こんな悩みを持ちながら働いている人は、多いのではないでしょうか?

1日の大半を仕事に費やしているのに、ずっとこんな悩みを抱えているのはつらいですよね。だれもができるならストレス少なく働きたいと思っているはずです。さらには、やりがいがあってスキルアップもできる仕事がしてみたいと考えているでしょう。

実際、イキイキと仕事をしている人も世の中にはたくさんいます。決して特別な人たちなのではなく、諦めなければだれでも同じように働くことができるようになるのです。

この記事では、まず今の仕事の辛さを解消する方法、次に転職も含めたやりがいのある仕事に就くための情報をまとめています。仕事に悩んでいたらぜひ参考にしてみてください。

1.仕事ができないからつらいと感じたら

まさに今、毎日仕事がつらいと思っているなら、まずその現状を変えましょう。暗い気持ちのまま過ごすのは、いい仕事ができないのはもちろんのこと、ストレスも溜まり体調も崩しかねません。

ここでは仕事が辛いと感じた時にやるべきことを紹介します。

真面目な自分を受け入れる

「仕事ができない」と感じる人は、とても仕事熱心で真面目な人です。あなたがもし「仕事ができない」と自分のことを思っているのなら、自分は真面目なんだということを受け入れてください。

どういうこと?と思われるかもしれません。ですが、仕事に対してまっすぐ向き合っていない人は、仕事の成果や評価にも関係なく「仕事ができない」と考えることはないのです。ですから、「仕事ができない」と感じているあなたは、仕事熱心で向上心のある真面目な人なのです。

まずは、そんな自分を受け入れてあげてください。自分を認めてあげることで、少し肩の力が抜けるのではないでしょうか。

気分をリフレッシュさせる

真面目な人ほど、気づかないうちに心も体も疲れてしまっています。ちょっと時間をとって、一呼吸ついてみましょう。

好きな音楽を聞いたり本を読んだり、散歩や少し遠出をしてみたり、スポーツなどで体を動かしてみるのもいいかもしれません。自然の空気を吸ったり、友達と会うのもとてもおすすめです。

自分がリフレッシュできることならなんでも大丈夫です。仕事のことを忘れさせてくれるようなことをしてみましょう。残している仕事があっても大丈夫です。リフレッシュ後の方が、仕事もそれ以外の時間すら、気持ちよく過ごせるようになるはずです。

体調に気を配りましょう

何事も、健康第一です。仕事をどうにかしないといけない…と、必要以上に無理をしていませんか? ストレスの蓄積や睡眠不足などで、食欲不振や風邪など症状など出てはいないでしょうか。

体は正直なので、どこかに影響が出る可能性があります。また、我慢をしていると鬱病になっていることもあります。どこか異変を感じるようなことがあれば、すぐ誰かに相談したり、病院で検査してもらいましょう。

がんばっている自分を日頃から労ってあげるようにすると、体調も崩しにくく、ストレスも溜まりにくくなっていきますよ。

2.このまま続ける?転職する?

気持ちが落ち着いたら、これから仕事をどうするかを考えていきましょう。今の仕事をがんばって続けた方がいいのか転職した方がいいのか、後悔しないために1つずつステップを踏んで考えてみてください。

現状を整理する

なぜ、今の仕事がつらいのでしょうか?状況や原因を、整理してみましょう。

例えば以下のようなものが挙げられます。

  • 成果が出ない。ノルマを達成できない。
  • 人間関係が悪い。クライアント、上司、部下など。
  • 残業が多い。
  • 給料が低い。
  • 会社の方針が合わない。
  • 自分の望んだスキルアップができない。

あなたにはどれが当てはまりますか?複数あるかもしれませんし、ほかにもあるかもしれませんが、思いつくものをできるだけ具体的に書き出してみましょう。内容によって、解決策は違ってきます。

まだできることはあるかを考える

現状を整理してみたら、ひとつひとつに対して、まだできることがあるのかを考えてみましょう。

例えば、「成果が出ない」を考えてみましょう。もし原因が自分の経験不足だとすると、上司や先輩など有識者に相談する、というのはどうでしょうか。

「人間関係が悪い」についても考えてみましょう。コミュニケーションを見直してみるというのも考えられますし、異動を申し出る、というのも考えられます。

有識者にはもう相談もしたし、自力でできるところまでやりきった、または異動させてもらえるチャンスが与えられない、希望する部署もない、というのであれば、もうできることは限りなく0に近いかもしれません。

このようにひとつひとつ考えてみて、できることがあるのならやってみてもいいでしょう。でももし、できることがあってもやる気が起きないのであれば、無理にする必要はありません。ここでは、現状を分析してまだできることがあるのか、それをやってみようと思えるかどうかを把握するようにしてください。

転職を考えてみる

今のつらい仕事を改善するためにできることがあるなら、まずは試してみるのもいいでしょう。しかし、もうできることはない、もしくはできることはあるけど、気が進まないのであれば、転職を考えてみませんか。

転職を考えるというのは、今よりよい仕事を見つけることができるというだけではなく、ほかの仕事を知ることで、今の仕事をより客観的にみることができるようになります。

転職エージェントに登録すると、ほぼ毎日求人情報が更新されるので、今の仕事以外にもたくさん仕事があるということを知れて、安心感にも繋がります。

どんな仕事に就くにせよ、転職を考えることは視野を広げることにも繋がるので、決して無駄にはなりません。もちろん、自分に合ったよりやりがいのある仕事が見つかる可能性もあります。

3.転職活動の流れを知っておく

転職活動の流れは、転職をするしないに関わらず知っておくといいでしょう。まだ1度も転職をしたことがない人は特に、今の仕事以外のことを知れますし、流れを知らないだけで転職を諦めたり、つまづいてしまったりする人もいるので、非常にもったいないです。

また、転職にかかる期間は平均して2〜3か月です。納得のいく企業が見つからず、退職調整などによっては半年〜1年かかる場合もあります。転職すると決めた場合は、よりよい仕事を見つけて転職活動を成功に導くために、流れをしっかり理解し時間を有効に使うようにしましょう。

自己分析、情報収集をする

特に転職すると決めたら、自己分析をします。自己分析とは、転職活動で企業に自己PRをするための経験や実績、スキルなどの棚卸をすることと、転職目的や目標を定めることです。

情報収集も並行して進めます。自己分析が明確にできている状態で情報収集するのが理想ではありますが、情報収集してたくさんの企業情報を目にする中で、やってみたいことや目標が見つかっていくこともあります。自己分析が進まない場合は、情報収集をしてみましょう。

情報収集は、気になっている企業があれば、ホームページや採用情報をこまめに確認するようにします。知り合いがいたら、紹介してもらったり話を聞いたりするのもいいでしょう。

転職エージェントの利用もおすすめです。求人情報はタイミングも重要になってくるので、早めに登録してたくさんの求人情報をみながら、自分のキャリアとも照らし合わせてみるとよいでしょう。

応募、面接を受ける

受けてみたい企業を見つけたら、いよいよ応募です。履歴書や職務経歴書などの必要書類を作成し提出します。書類選考が通ったら面接です。

応募でのポイントは、自分を採用するメリットを簡潔かつ明確に書類に記述することです。中途採用は、採用人数も少なく企業も急いで決めたい場合が多いので、採用担当者は全ての書類を熟読してくれるわけではありません。

この状況も踏まえ、選考に落ちたとしても引きずることなく次の選考に向けて書類をブラッシュアップさせていくことが重要です。

面接が決まったら、事前準備と練習を徹底します。面接で必ず面接官に聞かれることは、経歴とスキル、自己PR、転職理由、志望動機、面接官への逆質問です。受ける企業に合わせて明確に回答できるようにしておきます。

内定をもらったら、退職へ

内定をもらったら、入社意思を企業に通常1週間以内に回答しなくてはなりません。複数の企業でまだ選考が進んでいる場合は、採用担当者とコミュニケーションを上手く取って回答期限を調整してもらうなどお願いしてみましょう。

入社が確定したら、現職の退職手続きに入ります。現職でも転職先でも、マナーを守った誠意ある対応が必要です。トラブルなく気持ちよく退職と入社ができるように心がけることが大切です。

4.転職活動の各年代の違い

同じ転職活動でも、年代によって職種や専門性など、企業が求めるレベルや難易度は変わってきます。年次が浅いと、ポテンシャルを重視してもらえたり他業種への転職もしやすいです。一方、年齢が上がっていくと、比例してスキルや経験も求められその分年収UPも見込めますが、だんだん採用が厳しくなっていくのも事実です。

もちろんどの年代でも、スキルや実績のレベルに違いはあっても、これまでの仕事には前向きに取り組んできたことは必要です。それと合わせて各年代の転職で求められる条件を把握して転職活動を進めると、よりよい結果に繋がりやすいです。

20代の転職活動

20代は、実績よりポテンシャルを重視してくれる傾向があります。20代であれば柔軟性があり、物事も早く吸収して成長してくれるだろうと考える企業が多いからです。よって20代で転職するのであれば、柔軟性や意欲をアピールするといいでしょう。

また、20代であれば未経験職種への転職も可能になります。もし他職種に興味を持っているのであれば、早めに転職活動に動くことをおすすめします。

ただし楽観的に考えるのではなく、きちんとした自己分析や情報収集は必要です。自己PRができないと、仕事に対する考え方が甘い人、またすぐに仕事を辞める可能性がある人、と思われてしまう可能性があります。

30代の転職活動

ポテンシャルが重視される20代とは違い、採用基準が厳しくなってくるのが30代です。自分の実績やスキルを明確に説明できることや、漠然とした思いではなくはっきりとした目標も必要になってきます。より具体的で説得力を持たせて、企業に自分を伝えることが重要です。

未経験職種への転職は不可能ではありませんが、その場合は的確な志望動機が必要です。現職が嫌だから、というようなネガティブなイメージが企業側に伝わってしまうと、印象が悪くなってしまいます。できれば経験がある同職種での転職の方が、採用される確率は上がるでしょう。

採用基準が厳しくなるとはいえ、30代の求人は少なくありません。特に30代前半であれば、大手転職サイト「リクナビNEXT」でも転職は不利ではないと回答されています。ただし、30代後半になると、「専門性」「マネジメント力」「管理職経験」が求められてくるので、求人数も減り採用基準はより厳しくなるでしょう。

40代の転職活動

転職市場において、40歳は大きな分岐点です。転職することで年収が上がる割合が、顕著に低下していくからです。40代で求められてくるのは「即戦力性」と「マネジメント力」ですが、業界や専門領域によっても採用基準や求められるものに違いが出てくるため、より綿密な計画が必要になってきます。

40代での転職は、「どの職種で仕事を探すか?」が鍵となります。まずは、実績のある職種で探すことをおすすめします。未経験職種だと、採用や教育担当が年下になったり、現場で扱いづらいと思われてしまうことも多いからです。

40代の未経験職種への転職でも、年齢が強みになる職種はあります。それは、営業、接客、IT系エンジニア、警備員です。年収は下がる可能性が高いですが、入社後にスキルアップして昇進することも可能です。

5.おすすめの転職エージェント

転職活動をより効率的に進めるためには、転職エージェントに登録するといいでしょう。転職エージェントに登録すると、自分ひとりで求人情報を企業のホームページなどで収集するより、格段に多くの求人情報を得ることができ、サポートを受けることもできます。

転職エージェントもたくさんありますが、それぞれに特徴があります。それらを把握して、自分に合ったエージェントを利用するようにしましょう。

キャリアに自信がある人向け

キャリアに自信がある人には、以下の転職エージェントをおすすめします。

  • JACリクルートメント:ハイキャリアに特化したエージェントです。案件数は少ないですが、ハイキャリア案件の質が高く、JACリクルートメントしか扱っていない案件もあります。
  • マイナビAGENT:中小ベンチャー企業から大企業まで、幅広い案件を取り扱っているので案件に困ることはありません。
  • doda:国内規模第2位の転職エージェントで、業界最大手の「リクルートAGENT」に匹敵するはいキャリアの案件数を誇ります。特に女性から高評価です。

キャリアに自信がない人向け

キャリアに自身がない人には、以下の転職エージェントをおすすめします。

  • PASONAキャリア:人材派遣で業界第2位の「PASONA」が運営しているエージェントであるため、人材派遣領域でのコネクションを活かした非公開求人案件の質が高いことで評判です。doda同様、女性からの支持も高くサポートも充実しています。
  • リクルートAGENT:案件総数・内定決定率共に業界第1位の国内最大手エージェントです。キャリア、年齢、業種、職種など、個々の条件に合わせて案件を探すことができます。
  • doda:サポートが充実しているため、キャリアに自信がない人にも向いています。上記のとおり案件数も多いので、バランスの取れたエージェントと言えるでしょう。

転職エージェントのポイント

自分に合った転職エージェントを探すには、なにを重視しているかの基準を明確にしておくことが必要です。たくさん案件を見たい、ハイキャリア案件を見たい、サポートを手厚くしてほしい、などが挙げられます。

なかなかしっくりこない場合は、複数登録してみてもいいでしょう。自分に合った転職エージェントを見つけることで、転職の成功にも1歩近づきます。

まとめ

この記事のポイントは、以下のとおりです。

  • 仕事がつらいときは、まずはリフレッシュするなどして自分を整えましょう。
  • このまま今の仕事を続けるか転職するかは、まず現状がつらい理由をひとつひとつ棚卸しして客観的に考えてみましょう。
  • 転職活動は、転職するしないに関わらず、視野が広がり安心感にも繋がります。
  • 転職活動の流れは、情報収集にも役に立つので知っておきましょう。
  • 各年代(20/30/40代)で転職活動にはアピールポイントなど違ってくるので、きちんと把握して転職活動に繋げましょう。
  • 転職活動の基準を明確にして自分に合った転職エージェントを利用し、転職を成功に導きましょう。

今回の記事では、仕事が辛くて悩んでいる人へ、現状の解決策と転職についての情報をまとめました。あなたの仕事の悩みが少しでも解消され、よりやりがいのある仕事に就けるよう、心から祈っています。