【これで解決】上司がうざいと感じる理由と対処法・対抗方法

上司と部下の関係で、問題を抱えている人は多いでしょう。問題を抱える多くの人が「上司がうざい」と感じています。あなたもそう思っていませんか?

なぜ、上司がうざいと感じてしまうのでしょうか。上司もあなたも人間ですので、どうしても反りが合わない場面はでてきます。問題が解決できない場合は、転職して職場を変えるというのも選択肢の1つです。

しかし、安易に転職しても必ず状況が改善するとは言えません。この記事では、上司がうざいと感じる理由から、対処方法、対抗方法についてご紹介します。あわせて、うざい上司から離れるために、転職をする際に気をつけるポイントも解説します。

上司がうざいと感じる5つの理由

あなたが「上司がうざい」と感じる理由は、さまざまあるでしょう。うざい上司の対応をするためには、あなたがうざいと感じてしまう理由を明白にしておく必要があります。

ここではうざい上司のよくある特徴を元に、うざいと感じる理由について解説します。

理由1:すぐに人のせいにする

「なぜ、この仕事をやっていないんだ」、「俺はそんなことをやれといった覚えはない」。

というようなことを言われた経験はありませんか?部下の行動はすべて上司の責任になります。部下が指示通りに仕事をしない、それは上司の責任になります。

あなたの仕事内容は上司が割り振ります。割り振られたとおりに仕事をしたのに、怒られたという経験はないでしょうか。

組織では1つの目標に対して全員が力を合わせて対応します。そのため、組織を管理をする立場にいる上司が、うまく仕事を割り振りできなければ目標の達成は難しくなります。

「仕事が目標に向かって順調に進んでいないのは部下のせいだ」と考えるような上司は、どのような職場でもうざいと思われてしまうものです。

このような上司は、精神的に幼いと考えられます。年齢を重ねるほど、あなたからのアクションで上司の態度を改善することは難しくなります。

理由2:指示が分かりづらい

「この書類をいい感じに作っておいて」。

「この資料作って」→「やっぱり別の資料作って」。

指示の内容が曖昧で、すぐに指示の内容が変わる上司もいます。分かりづらい指示に従っていると疲れてしまいます。ひどい場合は、指示の内容が曖昧なので確認すると責め立てられるようなこともあります。

会社組織では立場順に、社長→部長→課長→主任→一般社員と流れるにあたり、業務内容を具体的に伝えていかなければ機能しません。社長や部長といった立場の人たちは、会社全体の指針を決める立場にあります。

そのため、具体的な業務内容まで指示する余裕はありません。課長や主任といった立場になれば、定められた指針を元に具体的な業務内容に落とし込めます。そして、あなたに仕事を振ることができます。

指示が分かりづらい上司は、自分だけの基準で物事を判断する、業務の全体像を具体的に把握できていない等の特徴が考えられます。

理由3:気分屋で振り回される

気分屋で態度がコロコロ変わる上司はいませんか?もし、あなたの上司が該当するのであれば、うざい上司と言えるでしょう。

機嫌が悪い時には、職場の空気も悪くする原因となり、とても仕事がやりづらくなります。社会人として働いていれば、気分が悪くなるような出来事は多いものです。そのような場合に、あからさまに態度に出してしまうのは、人間として精神が幼いと言わざるを得ません。

気分屋というのは性格によるものですので、周りから何を言われても、なかなか治らないものです。

理由4:文句ばかりを言う

なにかにつけて文句ばかりを言う上司は、話を聞いているだけでも疲れます。文句の内容はさまざまで、あなたに向けたものもあれば、そうでないものもあります。

どんな内容でも、ネガティブな感情をぶつけ続けられるわけですので、うざいと感じてしまいます。

文句を言うことで相手の立場を貶め、相対的に自分の立場を上げる悪習が身についていると考えられます。特に人格否定につながる文句は、その場合がほとんどです。

自分自身に自信がない、精神が幼い人間ほど、その傾向にあります。標的にされると、当たりが強くなる可能性がありますので、毅然とした態度で対応しましょう。

理由5:バカにする、見下す

仕事の内容だけでなく、あなたのプライベートにまで首を突っ込んでバカにしたり、見下したりするような上司はいませんか?単純に人としてうざい人です。

「なんでこんな事もできないの?」というように、仕事で失敗したときにバカにされた経験をする方もいます。誰でも失敗するために仕事はしないので、うざいと感じてしまいます。

文句ばかりを言う上司と同じで、相手を貶めることで、相対的に自分の立場を上げようとしていることが考えられます。

本来、上司の立場であれば、部下の失敗はフォローするべきものです。失敗した原因と対策を練り、次から失敗しないように対応するのがあるべき姿です。

うざい上司への対処方法3つ

うざい上司と仕事を続けていると、やりづらいだけでなく、あなたが精神的に病んでしまう可能性があります。そうならないためにも、うざい上司の対処方法・あしらい方をご紹介します。

対処法1:できる人間になって口を挟ませない

うざいと感じる理由は先に解説したとおり、うざい上司の多くは精神的に幼い人間と考えられます。

「簡単に立場を貶められる」、「なんでも言うことを聞く」このように思われているかもしれません。そのため、上司が口を挟むスキのないほど、仕事ができる人間になるのは有効な手段です。

人のせいにしたり、失敗をバカにしたりする上司は、あなたが仕事のできる人間になれば、口を挟めなくなります。

また、指示が分かりづらい、気分屋の上司には、仕事ができるようになれば逆に正論をぶつけることが可能になります。会社としても、仕事のできる人間のほうがありがたい存在です。仕事ができる人間の正論は、うざい上司の発言よりも重みがあります。

仕事のできる人間になれば、徐々にうざいと感じることも少なくなります。

対処法2:無視を決め込む

根本的な解決とはなりませんが、あなたを守るための対処法としてご紹介します。

会社員として経験が少なく、まだ仕事に慣れていないタイミングは、上司の言うことがすべてだと思いがちです。しかし、上司も人間ですので、間違った指摘も多くあります。

真面目な人ほど、上司の言うことをすべて真に受けてしまう傾向にあります。しかし、うざいと感じるような言動は、すべてを真に受ける必要はありません。

どう考えても、あなたに落ち度がなければ、うざい上司の言うことは無視しましょう。あなたの心にかかる負担を減らすことができます。

注意点として、上司の言うことをすべて無視すると、あなたが不利になる可能性があります。聞くべきところと、無視すべきところを見分けて対応しましょう。

対処法3:上司の上司に相談する

あなたの上司がうざくても、さらに上の上司はまともな人間であることは多々あります。

あなたの上司が、主任だとしたら課長に相談する、上司が課長だとしたら部長に相談すると話が伝わりやすくなります。

上司のあなたに対する言動を、さらに上の立場の人たちは知らないことが多いです。会社において社員は資産ですので、質の悪い会社でない限りは、資産である社員を守ろうと考えます。

あなたが困っていることを相談するだけでも、あなた自身の心の重荷を下ろすことができます。うまくいけば、あなたの上司に指導が入り、うざいと感じような言動もなくなるでしょう。

うざい上司に対抗・仕返しする方法2つ

うざい上司に対処する方法・あしらい方はご紹介しました。しかし、「やられたらやり返さないとすまない!」という人もいます。ここでは、うざい上司に直接対抗するための方法を解説していきます。

対抗法1:労働局へ相談する

明らかに嫌がらせを受けているのであれば、労働局に相談しましょう。労働局は、労働者の相談を受けたり、企業の不正についての告発を受け付けている行政機関です。

うざい上司の行き過ぎた行動は、セクハラやパワハラ・いじめになります。労働局は企業と労働者の間に入って、中立な立場で話し合いを進めてくれます。国の機関であるため、必ず企業側に有利に働く心配もありません。

また、労基局と混合されがちですが、労基局と労働局は別の機関です。労基局は「労働基準監督署」の通称であり、企業が労働基準法に違反していないかを監督している機関となります。

労基局は、労働基準法に則って判断しますので、違法な場合でなければ対応できません。

うざい上司に対抗する手段として、労働局に相談することを覚えておきましょう。

対抗法2:人事部や経営層に相談する

対処法の「上司の上司に相談する」と似ていますが、あなたの上司を直接処罰する権限を持つかどうかの違いがあります。上司の上長から見れば、あなたの上司も、あなたも同じ部下です。社員間の問題を大きくしないように対処してくれます。

会社にとって社員は資産です。人事部や経営層は特にその意識が高い部門と言えます。人事部や経営層に相談すれば、事態を深刻なものと判断してもらえるでしょう。

あなたの証言だけでは、人事部や経営層が動きづらい場合があります。そこで、あなたの上司から同じようにパワハラやセクハラ、嫌がらせを受けている人の証言を集めて、まとめて相談するとより効果的です。

転職することが有効的

うざい上司の対処法、対抗方法をご紹介してきましたが、どれも簡単ではありません。うざい上司の言動を変えるのは難しいことです。

対処法や対抗方法を誤ると、うざい上司からの反撃も考えられます。周到な準備を必要とするため、対抗方法の難易度が高くなってしまいます。

あなたとうざい上司の関係は、会社関係によって成り立っています。そのため、転職して関係を解消することが有効と言えます。

実際に、上司との関係が悪いことで転職をした人はとても多いです。転職サイトで有名な「エン転職」にて行われたアンケート結果では、転職経験者の半数以上が人間関係を転職の理由としています。

あなただけでなく、アンケートに答えた転職を希望した半分以上の人たちが、同じように悩んだ経験を持つというアンケート結果です。

でも、安易に転職して本当に大丈夫?

「人間関係に問題があったら、転職してもいいんだ!」とあなたは思ったかもしれません。

しかし、ちょっと待ってください。人間関係を理由に転職した人は、新しい職場でも同様の問題に直面しやすいという調査結果も出ています。

転職の理由として「上司が嫌だったから」、「人間関係が嫌だったから」という安易なものでは、転職後に同様の不満を持もつことになります。

あなたのように、上司がうざいと思っている人は多くいるのも事実です。しかし、あなた自身にも問題がないか、一度振り返ってみましょう。転職せずとも、部署異動で解決する場合もあります。

転職が成功した事例では、仕事の内容やスキルの向上、専門知識を活かしたい、といった転職の理由が多いです。

転職を考える際には、人間関係だけでなく、仕事の内容やあなたのキャリアのことも考慮しましょう。しかし、この記事で挙げたようなうざい上司の問題は、簡単に解決できません。あなたが精神的に病んでしまう前に、転職を検討すべきでしょう。

まとめ

  • 上司がうざいと感じる理由は5つあり、共通して上司の精神が幼いことが原因です。
  • うざい上司への対処法は、「できる人間になる」「無視をする」「上司の上司に相談する」。
  • うざい上司への対抗方法は、「労働局へ相談」「人事部・経営層に相談」。
  • 転職はうざい上司から離れるために有効です。
  • 人間関係を理由に転職すると、同様の問題に直面しやすいという調査結果もあります。

うざい上司に長期間も付き合っていたら、身が持ちません。上司がうざい理由を明らかにし、あなた自身にも問題がないかを確認して、対処法・対抗法を試しましょう。

また、人間関係を理由に転職をすると、転職先でも同じように悩む可能性があります。しかし、現状を打破する手段として、転職も選択肢に入ります。