仕事による吐き気は要注意!ストレスが限界になる前の対処法7選

「仕事のことを考えると吐き気がしてしまう、でも会社に行かなくちゃ」と頑張りすぎている方は、ストレスが胃腸などに影響しているのかもしれません。真面目な方ほど頑張りすぎて、休めずにいるのではないでしょうか。

限界まで我慢してしまうと、心身ともに壊しかねません。心のSOSに耳を傾け、ゆっくり休む時間をつくりましょう。あなたを守れるのはあなた自身だけなのです。

「苦しいけれども仕事は休めないから、まずはこの状態を対処したい」という方もいるでしょう。吐き気を和らげる方法を知っておけば、いざという時も助かりますよね。

この記事は、仕事前や仕事中に襲う吐き気に悩んでいる方に向けて書きました。はじめに、吐き気を放っておくとどうなってしまうか解説しています。また吐き気を感じた時の仕事の休み方や、吐き気に襲われる時の対処方法をまとめました。

仕事のことを考えると吐き気を感じて苦しんでいる方は、ぜひ参考にしてください。

✔ すぐに退職を希望する方はこちら
吐き気を催す仕事場が正常な環境なはずがありません。

もし仕事を辞めたくても辞められない場合は、退職代行サービスを活用することをおすすめします。
男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

✔ キャリアを見直したい方はこちら
完全無料転職支援サービスを利用することで、キャリアの棚卸しを含めた転職活動ができます。

いち早くキャリアの再スタートを切りたい方はぜひ一度相談をしてみてください。

最低3つのエージェントに登録することで多角的に情報を取得しましょう。

No.1転職エージェント
総合評価 ビズリーチ
求人の数 リクルートエージェント
求人の質 ビズリーチ
傾聴力 dodaエージェント
提案力 マイナビエージェント
返信スピード ビズリーチ
内定スピード ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けのサービスなので、20代の方やこれまでのキャリアにそこまで自信が持てない方は、リクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントの同時登録をおすすめします。

仕事のことを考えると吐きそう。ストレスによる吐き気は要注意

仕事のことを考えたり職場にいると吐きそう、という状態は身体からのSOSです。そのまま放っておくと心身ともにどんどん悪化していく可能性があります。

原因がわからないまま放置してしまうと、実は大きな病を抱えていたということにもなりかねません。悪化する前に原因を特定して治療しましょう。

また、ストレスによる吐き気も要注意です。心に無理をし続けていると、気づけば取り返しのつかないところまで悪化していたということにもなりかねません。

ストレスによる吐き気を放っておくと危険

仕事前や仕事中に吐き気をもよおす状態を放っておいてはいけません。実は、吐き気は自律神経失調症のシグナルである可能性があります。ストレスにより交感神経と副交感神経のバランスがうまく取れなくなると、身体に様々な不調が現れるのです。

精神的なエネルギーが落ちていくと、うつ病になることもあります。うつ病が一度重症化するとすぐに回復はしません。寛解までに2年以上かかることが多く、以前と同じ状態まで元気になる方は8割程度と言われています。

吐き気で体がSOSの合図を送っているときは、無理をして悪化させることがないように原因を見極めるべきです。そのままにせず、まずは自分が感じているストレスのレベルを把握するところから始めましょう。

どれくらいストレスを感じているか確認しよう

今の環境にどれくらいストレスを感じているか、まずは分析してみましょう。

厚生労働省は5分でできる職場のストレスセルフチェックというWeb上のストレス診断を出しています。このテストは、選択肢に答えていくだけで濁場のストレスの原因や職場で感じているストレスの程度がわかります。

今の現状を客観的に把握するために、ぜひ一度やってみることをおすすめします。

職場に強いストレスを感じている状態で吐き気を感じているならば、部署移動や転職など、環境を変える手段を検討した方がよいでしょう。

吐き気の他にも気をつけるべき症状

ストレスから身体に出てくる症状は吐き気だけではありません。下記の症状が続いている場合も、ストレスが原因になっている可能性があるので注意が必要です。

  • 頭痛
  • めまい
  • 食欲不振
  • 寝付きの悪さ
  • だるさ、倦怠感
  • いつもより重い生理痛や生理不順

これらの症状はすべて、ストレスによる自律神経の乱れが原因かもしれません。そのほかの病気の可能性もあるので、自己判断は禁物です。2週間以上症状が続いている場合は一度病院で診察を受けることをおすすめします。

吐き気があれば仕事を休んでも大丈夫

体調不良で仕事を休むのは、悪いことではありません。限界まで我慢して心身を壊してしまう前に休養しましょう。

「会社に迷惑がかかるかも」と後ろめたい気持ちになる方もいるかもしれません。仕事はフォローし合えますが、あなたの体を守れるのはあなただけ。体調を優先しましょう。一度病院に行って、回復してから仕事に戻れば大丈夫ですよ。

ただし、欠勤する場合は早めに会社に連絡を入れましょう。当日でも欠勤を決めた時点で連絡を入れるのがマナーです。無断欠勤では周りに心配をかけてしまいます。

ストレスによる吐き気は心療内科へ。悩んだら内科へ行こう

吐き気で会社を休んだ場合、何科に行けばいいのでしょうか?

原因がストレスだとわかっている場合は、心療内科を受診しましょう。心療内科はストレスが原因で現れた体の不調を診療するところです。

精神科との違いを疑問に思う方もいるでしょう、心療内科と精神科の違いは不調の現れる場所です。精神科は不安や落ち込みなど、心の不調に対応する診療科です。

そのため、身体的な吐き気が出ている場合は、心療内科の方が適しているといえます。

原因がよくわからない場合は、内科にいくのがよいでしょう。体の不調がないか検査をしてもらえるので、原因を探すことができますよ。内科で原因が見つからなかった場合に、心療内科を紹介されることもあります。

吐き気で仕事を休む時の伝え方

吐き気で仕事を休むこと自体は問題ありませんが、伝え方は大切です。出来るだけ周りに迷惑をかけないように、連絡の仕方を配慮する必要があります。

当日体調不良で休む時は、始業時間の15分ほど前に直属の上司に連絡を入れましょう。早すぎると誰も出社していない可能性があります。基本的には連絡は電話で入れるのがマナーです。伝える時は、休んでも大丈夫か伺う姿勢をとるようにします。

電話で伝えることは4つあります。

  • 休む理由
  • 今の病状や状況、病院にいくかどうかなど
  • 仕事の状態や急ぎの業務の引き継ぎ
  • 出社の目安

電話口では、「おはようございます。申し訳ありませんが、本日朝から体調を崩しておりまして、お休みをいただいてもよろしいでしょうか?」

といった言葉で切り出します。

朝の段階では病院の診察を受けておらず、出社の目安がわからないこともあるでしょう。その場合は、わかり次第連絡を入れるようにします。翌日以降の仕事の回し方を上司が考えなければいけないので、連絡をしないのはタブーです。

メールで連絡をする会社も、基本的には同じです。一方的に休むと伝えるのではなく、休みをもらえないか相談して許可をとるというスタンスをとるように注意しましょう。

仕事前に吐き気がする時の対策方法7選

仕事前に吐き気がして困っている方にむけて、吐き気を抑える7つの対策方法をまとめました。

応急処置になる方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

なお、吐き気をこえて吐きそうになったときは、我慢してはいけません。吐くことで気持ちが安定することがあります。いざという時のために、エチケット袋を持ち歩いておくとよいでしょう。

1.睡眠をとる

仕事の忙しさから体に負担がかかって吐き気を催している場合、睡眠が効果的です。7時間程度の睡眠時間を確保できるようにしましょう。

睡眠時間が足りている場合は、眠りの質を高める工夫が必要です。寝具にこだわったり、アロマオイルを使ってみたりしてもよいでしょう。

また、寝る前にスマホやPCをいじったり、飲酒の習慣があったりすると睡眠の質が下がります。できることから対策して、体が安まるように工夫することが大切です。

2.冷たい水を飲む

冷たい水を飲むことで、胃のむかつきが収まり吐き気が落ち着きます。吐いてしまった場合は、スポーツ飲料を飲んで失った電解質を補給するのもおすすめです。スポーツ飲料は濃すぎるため、2倍以上に薄めて飲みましょう。

一度に飲んでしまうとまた吐き気をもよおすことがあるため、ゆっくり無理しない程度に飲みます。水を飲む気分ではない場合や、吐いてしまった場合はうがいをするのも効果的です。

3. 横になって休む

仕事に行くまでにまだ時間の余裕があるならば、1時間ほど横になって休むのがおすすめです。

一度吐いてしまうと胃に負担がかかるため、安静にして体を休めて楽にしましょう。もし眠れなくても横になって体を一度リラックスさせることが大切です。

横になる場所や時間がない場合は、壁にもたれるなど体に負担がかからない体勢を取りましょう。

4. 薬を飲む

薬を飲むことで、吐き気を緩和することができます。ストレスから胃にダメージを受けている場合は、胃腸炎に効くタイプの薬を選びましょう。ただし、ずっと毎日吐き気が続いている場合に薬を飲み続けるのは体に良くありません。

しばらく吐き気が続いている場合は、薬で対処せず病院に行くようにしましょう。

5. マッサージを受ける

ストレスにより興奮状態が続いてる体を休めるためにはマッサージも有効です。

また、ストレスで緊張状態が続いた状態は、肩こりや腰痛も引き起こします。マッサージを受けることで、体がこわばっている状態も緩和できます。吐き気が続いている場合には、ゆっくりとお風呂上がりにマッサージをしてみるのもよいでしょう。

即効性はありませんが、ストレスで疲れた体を労ることができますよ。

6. 周りの人に相談する

吐き気をもよおすほどのストレスは、周りの人に相談することで軽くなります。心置きなく話せる相手に電話したり、直接会って話をしたりしてみるのもおすすめです。

仕事に直接関係しない人に相談することで、普段感じている不満を気兼ねなく話せます。学生時代の友人や、昔からの幼馴染など自分をよく知っている人と話せば心が軽くなるでしょう。

7. 趣味でストレス発散する

ストレスを抱えていると、そのことばかり考えてしまってますます自分を追い込んでしまうこともあります。仕事のことを忘れて楽しめる趣味に没頭するのもよいでしょう。

特に体を動かす趣味ならば、凝り固まった身体がほぐれて前向きになれます。運動が苦手な方は、自然の多い土地に出かけてゆっくり散歩するのはいかがでしょうか。

精神的に追い込まれてしまうと、今まで好きだった趣味ですら楽しめなくなります。趣味を楽しむ元気があるうちに、ストレスを定期的に発散させることをおすすめします。

吐き気が続くなら仕事をやめることも考えよう

仕事前や仕事中に吐き気がある状態が続いているならば、仕事をやめることを考え始めてもよいでしょう。ストレスの原因を解決しなければ、体調は回復せずずっと悪化していく可能性があります。

自分自身を守るために、環境を変えてしまうのも一つの手段です。

仕事をやめるのは悪いことではない

会社をやめるというとネガティブなイメージを持つ方もいるかもしれません。ただし、会社をやめて転職する人は多くいます。厚生労働省の労働調査では、2018年に転職した人数は300万人を超えています。

転職を考えるきっかけが現状の不満であるのも、悪いことではありません。逃げの転職を否定する風潮があるのは、次にやりたいことや職場に求める条件を考えずに、とりあえず転職先を決めてしまう人がいるからです。現状の職場の合わない点をしっかりと考えて、自分に合う職場を探しましょう。

合わない会社にずっといて、スキルや経験を積まずに精神的に磨耗している方がよっぽど悪い状態であると言えます。

✔ すぐに退職を希望する方はこちら
吐き気を催す仕事場が正常な環境なはずがありません。

もし仕事を辞めたくても辞められない場合は、退職代行サービスを活用することをおすすめします。
男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

転職するなら体調を崩す前の方がいい

本格的に心身のバランスを崩してしまうと、冷静に考えることができなくなります。

転職を進めるには、自己分析や企業の情報収集が不可欠です。転職先の職場環境が合わず、さらにストレスがたまるということを避けるためにも、心身のバランスを崩す前に余裕をもって考えられるうちから動き始めることをおすすめします。

体調が悪化して欠勤を繰り返してしまった場合、会社から逃げ出したい気持ちが強くなるでしょう。その状態で、とりあえず現状から逃げるために転職すると、今より条件の悪い会社を選んでしまうこともあります。心に余裕がないときに意思決定することは後悔する原因になるので、おすすめしません。

今転職活動をはじめてみて、会社に残るという選択肢を選んでも大丈夫です。また、転職を決めた場合も、退職に合わせて入社時期を調整してもらえるので心配はいりません。

✔ 転職を検討する方はこちら
完全無料転職支援サービスを利用することで、キャリアの棚卸しを含めた転職活動ができます。

いち早くキャリアの再スタートを切りたい方はぜひ一度相談をしてみてください。

最低3つのエージェントに登録することで多角的に情報を取得しましょう。

No.1転職エージェント
総合評価 ビズリーチ
求人の数 リクルートエージェント
求人の質 ビズリーチ
傾聴力 dodaエージェント
提案力 マイナビエージェント
返信スピード ビズリーチ
内定スピード ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けのサービスなので、20代の方やこれまでのキャリアにそこまで自信が持てない方は、リクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントの同時登録をおすすめします。

まとめ

仕事のことを考えると吐き気を感じてしまう方に向けて、下記の内容を説明してきました。

  • ストレスによる吐き気を放っておくと危険である
  • 吐き気があれば仕事を休んでも大丈夫である
  • ストレスが原因の吐き気は心療内科へ行く
  • 吐き気で仕事を休む時は許可を取る連絡をする
  • 吐き気が続くなら仕事をやめることを考えた方がよい

あなた自身の体を守れるのは、あなただけです。心の声に耳を傾けて休息をとり、ぜひあなた自身を労ってあげましょう。