転職に失敗しない7つのコツとは?失敗したときの対処法も解説!

「転職でキャリアアップしたいけれど、万が一失敗したらどうしよう?」

 

こんな不安をもつと、転職活動に踏み切れませんよね。たしかに、転職で新しいキャリアを築いたり、年収アップしたりする人がいる一方で、前の職場のほうがよかったと後悔する人も少なくありません。

 

ただし、失敗する理由にはパターンがあります。あらかじめ転職に失敗する人の傾向を把握して対策すれば、転職は成功するでしょう。また、万が一失敗してしまったときの対応を知っていれば、挑戦しやすくなります。

 

この記事では、転職に失敗する人のパターンとその対策を解説しています。その上で、万が一失敗したと感じたときにすべきこともまとめました。満足のいく転職をできるように、ぜひ確認してみてください。

目次

転職に失敗する9つの理由!失敗談も紹介

転職した後に「失敗した」と感じてしまう理由について、よくあるものを9つ紹介します。

あなたが該当しそうなものがないか確認しながら、読みすすめてみてください。

 

理由1:未経験の職種に挑戦したら合わなかった

未経験の職種に挑戦する場合、イメージとのギャップで悩む人もいます。「仕事内容が思ったより地味だった」「思っていた仕事と違い、自分の生活に合わなかった」という声は、異業種への転職者から聞こえます。

 

そして、ずっと憧れていた仕事や企業への転職であるほど、一度冷静に状況を見つめ直すことをおすすめします。想像で過剰に期待をしていたり、現実が見えていないかもしれません。悪い部分も含めて、その職種をしている人の実際の声を集めましょう。

 

理由2:できないことをできると伝えて面接に合格した

希望の企業に入るために、面接で自分の能力をアピールするでしょう。ただし、経験がない分野をすべて「できる」と答えるのは考えものですよね。入社した後に未経験の分野を任されて困るのはあなた自身です。

 

できる分野とできない分野は、入社前にしっかりと伝えましょう。できない分野をどのように補っていくかをアピールしていくほうが、入社してから困りません。

理由3:希望と違う業務をすることになった

業種を変えるために転職をしたのに、いつの間にか希望と違う仕事を任されるようになったケースです。担当業務が広がって希望の仕事をする時間が減ってしまったという声もあります。

 

ですが、企業に属している限り、ジョブローテーションや業務の拡大は避けられません。譲れない条件だけは面接で伝えておきつつ、基本は受け入れていく必要があるでしょう。

理由4:社風が合わなかった

仕事や待遇に問題はなくても、会社の風土や人間関係に問題があって悩むパターンです。一部の職場の人間関係に問題がある場合は改善の可能性がありますが、社風そのものが変わるのは簡単ではありません

 

いくら待遇がよくても、考え方の合わない仲間と仕事をするのは難しいでしょう。そのなかでは、自分の持っている常識と相手の考え方がずれているギャップに悩む人もいます。

 

理由5:転職に焦って妥協した

転職先がなかなか決まらず、最終的に妥協して後悔している人もいます。たしかに転職活動がうまくいかないと焦るものですが、長く働く職場を急いで決めるのはおすすめしません。内定がでても提示額に納得がいかない場合は、入社前に交渉したほうがよいでしょう。

 

もし現職より全体的に条件が下がるならば、仕事を変えずにとどまるのもひとつの手といえます。そして転職活動を続けているうちに、転職すること自体がゴールになってしまわないように注意しましょう。

理由6:思ったより新しい会社で活躍できなかった

やりがいとキャリアアップを求めて転職したものの、実力をうまく発揮できずに悩んでいるパターンです。同業種で転職したとしても、仕事の範囲や作業方法は会社によって異なります。なかには、作業方法によって、なかなか仕事に馴染めないということもあるでしょう。

 

社風や性格によるところもあるかもしれませんが、時間が解決することも多いです。前の会社のやり方に固執せず、新しい考え方を取り入れていけば徐々に活躍の場が広がることもあります。

理由7:聞いていた条件と雇用条件が違った

実際に聞いていた条件と労働条件が全く違うというのもよくある失敗です。休日などの条件とともに、給与額が違ったという声もあります。試用期間中はさらに給与が下がる場合もあるので注意が必要です。

理由8:転職先が決まる前に貯金が尽きてしまった

転職先が決まる前に退職し、金銭面が苦しくなるというのもよくある失敗です。転職先はすぐに決まるとは限りません。その間生活費はもちろん、面接の交通費などを補う必要があり、思ったより出費がかさんだという声があります。

 

そして場合によっては長期戦になるので、可能ならば内定を得てから退職するほうがよいでしょう。貯金が尽きて慌てて仕事を決めると、妥協の原因になります。

理由9:条件だけで仕事を選んでしまった

もともとはやりたいことがあって転職を考えていたのに、高い給与などの条件に目がくらんだ結果、本来の目的が達成されなかったパターンです。

 

このように給与は上がり休日は増えたものの、やりがいが見つけられずに再転職を考える人もいます。逆に、給与や勤務時間が大事な人が、キャリアアップややりがいを優先する風土の中で苦労することもあるので注意しましょう。

転職に失敗しないための7つのコツ

転職で失敗しないために必要なことは、事前の準備です。特に勢いで転職を決めてしまうと、思っていたイメージと違って後から後悔する原因になります。

 

では、具体的にどのようなことを考え、準備しておけば転職に失敗しないのでしょうか。こここでは転職を失敗しないためのコツを7つ紹介します。これらを意識して活動することで、満足のいく結果が得られるでしょう。ぜひ、ひとつひとつを確認して参考にしてください。

転職に失敗しないコツその1:目的を明確にする

一番最初に考えなければいけないのは、転職の目的を明確にすることです。ここをおろそかにすると、転職のときに優先するべき軸がぶれてしまいます。活動を始める前に目的をしっかりと考え、定期的に振り返ることをおすすめします。

 

たとえ世間的によい会社に転職できたとしても、あなたにとって満足できるものでなければ意味がありません。時間をかけてでも、転職で成し遂げたいことを明らかにしましょう。

 

転職に失敗しないコツその2:情報収拾と企業研究でギャップを減らす

企業の事業内容や領域は最初に確認しておきましょう。企業そのものの情報とともに自分が希望している領域の動向も見るのがコツです。もし企業としての業績がよくても、働きたい領域の調子が悪ければ、将来撤退をすることもあり得ます。

 

後々後悔しないためには、新卒採用で就職したとき以上に、細かい領域まで調べておくことをおすすめします。

転職に失敗しないコツその3:転職エージェントを活用して情報を集める

転職に失敗しないための情報収拾をするコツは、エージェントを活用することです。仕事をしながら転職活動を並行している場合、それほど多くの時間をかけられません。うまく情報収拾を代行してもらうことによって、本当に行きたい企業の絞り込みや面接対策に時間を回せます。

 

また、転職エージェントと話すことによって、自分では見つけられなかった企業との出会いの可能性が上がります。事前に希望している条件を詳しく伝えておくようにしましょう。自分がみていなかった分野で希望する求人が出ている場合、エージェントは心強い味方になります。

転職に失敗しないコツその4:退職前に転職活動を始める

転職前に会社をやめてしまうと、金銭面や精神面で苦しむ可能性が高まります。長期的に転職活動をしてもよいように、退職する前に動きましょう。そして転職活動をしている間に、現職の条件がよかったと気づくこともありえます。

 

反対に、焦った状態で転職すると、妥協の原因になります。精神および金銭面に余裕を持って活動し、納得のいく結果を目指しましょう。

 

転職に失敗しないコツその5:叶えたい条件と妥協できる点を決めておく

活動前に、転職で譲れない内容と、妥協してもよい内容を切り分けておきましょう。転職中にさまざまな企業を見ていると徐々に迷ってくるものです。かつ、条件のよさに飛びついて、譲れなかったはずの条件を諦めてしまうと後悔の原因になります。

 

必ず叶えたい条件をひとつ設定し、それだけは満たされている会社を探せばリスクが下げられます。どんなによい条件を提示されても、叶えたい内容が含まれていない場合はほかを探したほうがよいでしょう。

 

転職に失敗しないコツその6:内定承諾前に条件を改めて確認する

事前に伝えられていた条件とのギャップは、内定前に確認することで防げます。内定通知書や労働条件通知書に書いてある条件は必ず確認し、待遇を改めて見ておきましょう。

 

通知書の段階で求人のときと条件が異なっていることもあります。必ず確認してから内容を承諾するのがおすすめです。

転職に失敗しないコツその7 :社風や社内の環境を事前にリサーチする

社風や雰囲気についても、できる限り情報収拾するとギャップを埋められます。働きたい企業の社員と話す機会が持てれば一番よいのですが、なかなか難しい方もいるでしょう。それ意外の方法として社風や人間関係などをチェックするには、口コミサイトが役立ちます。転職者の声や、在職者の実際の声を集めることで、少しでもギャップを減らすようにしましょう。

転職に失敗した?辞めたいと後悔しているときの対処法

転職に失敗したと落ち込んでいるときは、一度冷静に振り返る時間が必要です。転職してからしばらくは環境に慣れず、悩むことも多いでしょう。仕事が変わるので、知識がある分野でも最初から活躍するのは難しいものです。

 

それでも「失敗した、辞めたい」と思うときは以下のことを考えてみましょう。

人間関係の不満は時間が解決することもある

環境に合わずに馴染めないという不満は、時間とともに消えていくこともあります。話していくうちに人となりが見えて改善することもあるので、転職直後の場合は後悔するには時期尚早かもしれません。

 

また、大きな会社の場合は人事異動でメンバーも変わっていくものです。パワハラが横行しているなど、緊急で対応すべき事態でなければもう少し待ってみるのをおすすめします。

前職に戻りたい場合は辞めたときの気持ちを改めて思い出す

転職してみて、前職の環境の良さに気づくこともあります。ただし、それは思い出を美化しているだけかもしれません。改めて辞めたときの気持ちを思い出してみましょう。

基本的に過ぎてしまったものはもとに戻りません。また、出戻ったとしても辞める前と同じ関係性にはならないため、これからどうするか考えましょう。次の仕事を決めたら、またこの仕事のほうがよかったと思うことも十分にあり得ます。

辞めたときに何を優先したかったのか、また今は何が不満なのかを冷静に分析しましょう。再度転職をする場合も、不満点と優先順位をしっかりと考えていれば同じ失敗はしません。自己分析し、仕事に関する価値観と向き合うことをおすすめします。

仕事内容の不満は実績を作る方法を先に考える

仕事のやりがいについて悩んでいる場合は、先に実績を作る行動を取りましょう。転職してすぐに大きい仕事を任せられないこともあります。もちろんやりたい仕事を得るためには、ゼロから実績を積んでいくしかありません。

 

今やっている仕事で成果を残せば、徐々に任される分野が広がります。その段階で希望の仕事を伝えたり、提案をしたりすれば通りやすくなるかもしれません。まずは焦らず、目の前の仕事に向き合うことから始めましょう。

待遇面の不満は自ら動いて解決する

聞いていたのと待遇が違う場合は、自ら動いて解決するしかありません。もともと聞いていた話と条件が違う場合は、上司に相談することで調整できる可能性があります。企業の給与体系と有能な上司かによる部分はありますが、相談することをおすすめします。

 

それでも解決しない場合は、再転職を視野に入れるのもありです。その場合は先に転職先を決め、条件をしっかり確認してから現職を辞めるようにしましょう。

解決しないなら再転職もあり

どうしても解決できない場合は、再転職もひとつの選択肢です。ただし、不満を理由に会社を辞め、焦って転職先を決めてはいけません。同じことを繰り返し、さらに転職しにくい状況を作るだけです。

 

 

転職をする場合は、今回の転職を失敗した理由を必ず振り返りましょう。失敗を認めるのは苦しいですし、受け入れたくないものです。ただし、ここでしっかり自分を見つめ直せるかどうかで次の行動は変わります。

 

また、転職時期は慎重に検討しましょう。次の章で詳しく説明します。

転職に失敗した!いつ辞めたらよい?

転職をしたものの後悔している場合、状況によっては再転職をしてもよいでしょう。転職を失敗した原因をしっかりと見つめ直し、同じ失敗を起こさないように行動すれば無駄にはなりません。

 

もし再転職を考える場合は、タイミングが重要です。一般的に1年以内の再転職は評価が下がると言われています。次の転職を成功させるためには、しっかりと活動時期を見極めましょう。それでは具体的にいつやめればよいのでしょうか。具体的に解説します。

できれば3年続けるべき

基本的には新しい会社で3年は続けたほうがよいでしょう。新しい仕事の流れや業務の全体を理解するのに3年はかかるため、ここまで続けるとキャリアとなります。「企業でスキルを獲得し、それをさらに活かすために転職する」とアピールにも繋げられるでしょう。

もしもまだ前向きに頑張ることができそうならば、3年間でアピールできるスキルが身につけられるように意識し、期限付きでとどまることをおすすめします。もちろん、仕事を進めていくうちに仕事の面白さが見つかったり、人事異動などで職場環境が好転することもあるでしょう。自分の中で辞める時期を決めて、そこまでと決めて頑張れば気持ちも少しは軽くなります。

本当に合わないならば試用期間で辞めたほうがよい

「入ってみたらブラック企業だった」など、とても3年も続けられない状態であれば、思い切って試用期間中に辞めてしまうのもひとつの手です。試用期間で辞めると下記のようなメリットがあります。

  • 過剰な引き止めにあいにくい
  • 業務を引き継ぐ前のほうが迷惑がかからない
  • 職歴が残らない可能性がある

一人の戦力になってしまうと辞めると切り出しにくくなります。また、辞めるときに会社側から慰留される可能性も高まります。さまざまな業務を習う前に辞めるほうが習った直後より迷惑がかかりません。

 

また、社会保険や厚生年金に加入していなければ、後ほど調べても職歴が残らないのもメリットです。社員がどんどんやめているような環境で、続けられる見込みがないのなら、職歴に傷をつける前に辞めるのもひとつの選択でしょう。

短期間での転職を繰り返すと評価が下がるので注意

3年以下での転職歴が続くと、次の仕事を探すのは難しくなります。すでに一度転職している場合は、3年以上働けると自信を持って言える会社を選ぶように意識しなければなりません。転職を繰り返すと、人手が足りず、人を選ぶ余裕のない企業からの内定ばかりになる可能性があります。

 

また、面接でも短期間での転職の理由を問われる可能性が上がります。そのため、面接官を納得させられる理由づくりが必要です。再転職をする場合は、最初の転職以上に丁寧に取り組むようにしましょう。

まとめ

この記事では、転職に失敗しないコツと失敗したときにすべきことを解説してきました。

  • 転職を失敗する人はパターンがある
  • 転職を失敗しないためには目的の明確化と情報収拾が必要
  • 転職が決まったときに条件を再確認するべき
  • 転職に失敗した場合は原因を考えてから再就職を検討する
  • 再就職までにできれば3年働くべき

転職する前に失敗に陥りやすいポイントをおさえ、しっかりと考えておくことでリスクは下げられます。また、転職に失敗した場合も原因を考えて繰り返さないことが重要です。

確かな情報収拾ができていれば満足する結果を得やすくなるため、うまくエージェントなども利用して納得いく転職活動につなげましょう。