仕事に向いていないか判断しませんか?考え方や対処方法を解説

「がんばっているけど、仕事に向いていない気がする」

「仕事に向いていないから辞めたい」

あなたはこんな風に思っていませんか?

多くの人は一度は仕事に向いていないと悩むものでしょう。あなたが向いていないと感じることには、必ず原因があります。原因を明らかにし対処することができれば、あなたの悩みも解消できるはずです。

この記事では仕事に向いていないと感じてしまう原因から、仕事に向いていないかどうかの判断基準、対処方法について解説していきます。

あなたは向いていないと思いながらも、現状を打破したいと考えているのではないでしょうか。あなたの現状を変えるために役立つ記事となっていますので、ぜひ一読ください。

なぜ仕事に向いていないと考えてしまうのか

「自分は今の仕事に向いていないんじゃないか」と考えてしまうことには、いくつか原因が考えられます。今後の対応を考えるためにも、あなたがなぜ仕事に向いていないと考えてしまうのか、原因を見ていきましょう。

仕事に達成感がない

仕事をしていて達成感が得られないことが、原因としてあげられます。

仕事の達成感は自分自身の成長と合わせて感じるものです。そのため、自分自身が成長していないと感じると、達成感を得られません。

上昇志向が強い人ほど、達成感が得られないと仕事に向いていないと考えてしまいます。

仕事に対する愚痴や不満の感情しかない

仕事に対する愚痴や不満は、「もっと自分はできるはずなのに」「もっと改善できるはずなのに」といった心の裏返しです。改善案を提案しても採用されず、不平不満が募ることもあるでしょう。

 

長期間続くようであれば、仕事に向いていないと感じてしまうのも無理はありません。

何度も同じミスをしてしまう

ミスを繰り返すと自己肯定感が低下します。マイナスな思考に陥り、仕事に向いていないと考えてしまいがちです。

なぜなら人間はどうしても他人と自分を比べてしまいますので、ほかの人ができているのに自分ができていないと感じてしまうと、後ろめたい気持ちになります。

ただし繰り返し取り組むことで、ミスは減ることが多いものです。あなたがミスをしてしがちな仕事をやり始めた頃であれば、深く考えないようにしましょう。

自分の居場所がないと感じる

人間関係や知識・スキルの問題で、あなたが会社の中やプロジェクトのメンバーとして役に立っていないと感じると、仕事に向いていないと考えませんか?

こちらも他人と自分を比較してしまい、自己嫌悪に陥っているパターンが考えられます。自分の居場所がないと感じてしまうときは「自分がいなくても問題ない」と考えているものです。あなただけができることを探したり、周り以上の知識やスキルを身につけることを考えましょう。

朝起きて会社に行くことが嫌になっている

そもそも、会社に行くこと自体が嫌になっている状態は、マイナスな思考が進行している証拠です。「面倒くさい」という程度であれば問題ありませんが、「行きたくない」と強く感じるようであれば要注意です。

 

もしどうしても行きたくない、と考えているときは、あなたの精神が疲弊してしまっています。ひどい場合には、うつ状態になることも考えられますので、早めに対処するべきです。

仕事に向いていないかどうか判断する時期

仕事に向いていないかどうかを判断するための基準として、「時期」は一つひとつの基準になり得ます。なぜなら、仕事は時間をかけて覚えるものであり、今の悩みも時間が解決してくれる場合があるからです。

ここでは、判断するための「時期」の基準について解説します。

3ヶ月、6ヶ月、1年、3年はひとつの基準

仕事に向いていないかどうかを判断する場合、時期を基準とするのであれば、次の時期をひとつの基準としてみましょう。

  • 3ヶ月
  • 6ヶ月
  • 1年
  • 3年

3ヶ月~6ヶ月は、仕事をやり始めてから慣れるまでに必要な期間です。人によっては最初の3ヶ月で仕事の内容を理解し、今後続けていくかどうかを判断することができるでしょう。多くの人は、最低でも6ヶ月ほど続けてみないと判断することは難しいと言えます。

1年という時期は、仕事の基礎的な部分を身に着け終わる時期です。1年間仕事を続ければ、多くの人は一人でもある程度の仕事ができるようになるでしょう。1年経っても基礎的な部分が身についていない場合や、次の1年間を続けられるか、といった基準で判断します。

3年という時期は、仕事を一人でもこなすことができる時期です。3年間も仕事を続ければ、仕事の進め方も理解でき、不測の事態にも対応できるようになっているでしょう。一人で仕事をおこなえるようになります。今後も同じ仕事を続けたいか、あなたの将来の姿がイメージできるか、といった基準で判断しましょう。

時期よりもあなたの状態で判断する

あなたが仕事に向いているかどうかの基準として、「時期」を挙げましたが、あくまでもひとつの基準です。「時期」の基準よりも、あなたの現在の状態で判断することのほうが重要と言えます。

なぜなら、悩みすぎた結果、うつなどの状態に陥ってしまっては元も子もないからです。時期よりもあなた自身の心に問いかけることが大事です。あなた自身が、今の仕事に対してどう思っているのか、なぜ向いていないと感じているのか、といったことを自分自身に問いかけてみましょう。

このように時期というのはあくまでもひとつの基準です。時間が解決してくれる場合もありますが、そのこと以上に、あなた自身の現在の状態で判断しましょう。

仕事に向いていないかどうかの判断基準

具体的に原因はわからないけど、なんとなく仕事に向いていない、と感じている人もいるのではないでしょうか。あなたが仕事に向いていないかどうかを、判断するための基準をいくつか紹介します。

今の仕事を続けたいと思うか

「今の仕事は好きか」「今後も続けたいと思うか」といったことをあなた自身に問いかけてみます。その結果、よくない答えが返ってくれば、向いていないと判断する基準となります。

数年後のあなたの姿が想像できますか?数年後のあなたの姿をひとつのゴールとしてみてください。ゴールが見えなければ、仕事を続けることは難しいものです。

仕事がプライベートに干渉していないか

仕事でプライベートが潰されたりしていませんか?また、土日などの休日も仕事に追われたり、平日も残業が多くプライベートが充実していない、といったことはないでしょうか。

プライベートを大切にしたい人ほど、仕事が影響していないかどうかは、重要な基準です。人生の中に仕事がある「ライフインワーク」ではなく、仕事を中心とした人生「ワークインライフ」となっていないかどうか、一度考えてみましょう。

知識やスキルで解決できる問題か

あなたがミスをしたり周りについていけないことで、仕事に向いていないと感じているのであれば、それはあなた自身の勉強不足が原因の可能性はありませんか?

あなたなりにプライベートで勉強しても、仕事に活かされないということであれば、向いていないと判断する基準になります。

しかし、まだ努力が足りていないと感じるのであれば、知識やスキルを身につけることで解決できる可能性もあるでしょう。

会社の環境に問題はないか

仕事の内容ではなく、会社の環境によって仕事に向いていないと考えていませんか?それは会社の労働環境が劣悪であり、会社の環境が原因という場合です。

たとえばサービス残業が常態化しているため、休日でも仕事をすること強いられるといったことが挙げられます。

もしくは会社の環境に問題があり、精神が疲弊していることで、仕事に向いていないと考えている可能性です。こちらに関しては、仕事の向き不向き以前の問題ですので、環境を変える努力をすることをオススメします。

今後自分の成長が期待できるか

入社してからのあなたと、現在のあなたを比べてみましょう。成長していると感じますか?将来はもっと成長できそうでしょうか?

もし「成長が感じられない、今以上の成長はない」と思うのであれば、向いていないかもしれません。成長はモチベーションに大きく影響します。成長できていないと感じていると、モチベーションも低下してしまいます。

あなたの上司を見て、なりたいと思うかどうかもひとつのポイントです。あなたの上司は将来のあなたの姿ともいえます。今後あなたが成長したことで、上司のようになりたいかどうかも判断基準となるでしょう。

仕事に向いていないと思ったときの対処方法

「やっぱり仕事に向いていない」と思ったとき、いきなり仕事を辞めることはリスクがあります。なぜなら相談してみたり、休んでみたりすることで、解消される可能性も考えられるからです。

ここではあなたが仕事に向いていない、と思ったときの対処法について紹介します。

信頼できる人物に相談する

あなたが仕事に向いていないと思ったら、まず信頼できる人物へ相談してみましょう。信頼できる上司や友人、同僚にあなたの心の内を打ち明けます。

あなたが漠然と抱えている不安や不満を吐き出すだけでも、心が軽くなりますよ。はじめは愚痴の形でも問題ありません。まずは思っていることを言語化することが大切です。

そして頭で思っていることを言語化してみると、今まで気づけなかったことに気づくこともあります。さらに、他人の意見を聞くことで、これまで考えられなかった部分に気付かされることもあるでしょう。

まずは相談をするということを考えてみてください。

社内で異動する

あなたが仕事に向いていないと感じる要因として、今の仕事とあなたの適性があっていない可能性があります。転職なども考えられますが、社内で異動することもひとつの手です。

人間には向き不向きがあります。たとえば、営業が得意な人、事務作業が得意な人といったように人にはそれぞれの適性があります。あなたの今の仕事は、あなたと合っていないだけの可能性も考えられるのです。

もしも仕事の内容を変えることで仕事を続けられるのであれば、あなたの上司や人事課の人に相談し、異動できるか確認してみましょう。

一度休んでみる

あなた自身が精神的に疲れていることで、仕事に向いていないと思い込んでいるかもしれません。思い切って仕事を忘れるために休暇をとってみましょう。

一定期間仕事から離れて、旅行をしたり好きなことをしたりすることで、リフレッシュします。このようにリラックスした状態で、あなたの考えをまとめてみると、新たな気付きが得られるかもしれません。

またリフレッシュしたことで、仕事に取り組む活力も復活する可能性がありますので、一度休んでみることも考えてみましょう。

知識やスキルを身につける

新たな知識やスキルを身につけて、仕事の質を上げてみましょう。今まであなたができなかったことをできるようになることで、今の悩みを解消できる可能性があります。

特に、「ミスばかりをしてしまう、周りについていけない、今の仕事に達成感がない」と思っている場合に有効です。

知識やスキルを身につけることで、あなた自身のキャリアプランの幅も広がります。

仕事に向いていないのであれば転職も考える

どうしても仕事に向いていない、という考え方から脱することができない場合、転職することを考えましょう。転職はあなたの現在の状態をリセットすることができ、成功すればあなたの悩みをすべて解決することに繋がります。

同業種同職種でも転職で変わる可能性がある

現在の環境をどうしても変えたいと思っているのであれば、転職は有効的な手段といえます。同じ仕事でも、会社によってやりがいや達成感などは大きく変わるものです。

今の会社であなたがしている仕事と同じ内容でも、別の会社に転職することで悩みが解消するかもしれません。会社によって仕事の進め方は変わるものです。あなたが「仕事に向いていない」と感じている原因にもよりますが、同業種同職種でも会社が変わることによって解決できる可能性があります。

自分自身の棚卸しをする

転職を考えるのであれば、あなた自身の棚卸し(自己分析)を必ずおこないましょう。次に挙げる項目をひとつずつ事細かに紙に書き出していきます。

  • 現在悩んでいること
  • あなたの得意なこと
  • あなたの苦手なこと
  • あなたの好きなこと
  • あなたの嫌いなこと
  • どんな経験をしてきたか
  • どんな強みがあるのか
  • どんな弱みがあるのか

など

このように自分自身を棚卸ししてしっかりと自己分析することで、転職の成功率が大きく変わります。あなた自身が「転職しか解決する手段がない」と思っている状態でも、自己分析の結果、別の答えが見えてくる可能性もあるかもしれません。

転職エージェントに相談してみる

転職をすると言っても、具体的にどのように対応するべきか、わからない人も少なくないでしょう。そんな場合にオススメなのが「転職エージェント」を利用することです。

転職エージェントは転職のプロなので、あなたに適した仕事を紹介してくれたり、あなたが希望する仕事を探してくれたりします。転職は気軽におこなえるものではなく、準備も大変です。たとえば転職先の企業を探す、選考書類を送る、面接の日程調整をする、給与交渉をするなど、大雑把に分けてもこれだけのことを、仕事をしながら対応しなければなりません。

そして転職エージェントは、あなたの負担を軽くしてくれる手段です。あなたの希望を転職エージェントに伝えれば、転職先の企業を探し出してくれます。選考書類の送付、面接の日程調整、給与交渉といった部分も強力にサポートしてくれる存在です。

初めての転職であるほど、転職エージェントは非常に心強いパートナーとなるでしょう。無料で利用することができるため、まずは相談してみることから初めてはいかがでしょうか。

「仕事に向いていない」で転職するときの注意点

「仕事に向いていないから、転職しよう」と思い立ったあなたに向けての注意点です。転職で、必ずしもあなたの悩みが解決できるとは限りません。実際に転職活動を開始する前に、次の注意点に気をつけましょう。

原因を明らかにしておく

「あなたは、何が原因で仕事に向いていないと思っているのですか?」

この質問に明確に答えられますか?

何が原因で仕事に向いていない、と思っているのかは、必ず明らかにしましょう。なぜなら、原因が明らかになっていないと、適切な対策が取れないからです。原因が明らかになっていないまま、単純に会社を移動するだけの転職では、状況が改善するとは限りません。

 

最低でも次の質問に明確に答えられるようにしましょう。

  • 仕事のどんな部分に「向いていない」と感じるのですか?
  • なぜ向いていないと感じるのですか?
  • 休暇を取ることで解消する見込みはありますか?
  • 時間が解決してくれる問題ではありませんか?
  • 原因を解消する具体的な方法は?
  • 転職しないと解決しない問題ですか?

自分だけの考えで動かない

最終判断はあなた自身で行わなければなりませんが、信頼のできる上司や同僚、転職エージェントなどの意見を一度聞いてみましょう。

なぜなら、「仕事に向いていない」と考えているときは、視野が狭くなっている可能性があるからです。人に意見を聞く場合、あなた自身の考えをまとめて、言語化する必要があります。

「何が原因で仕事に向いていないと感じているのか」「なぜ転職しなければならないのか」といったことを、あなたなりにまとめることで、あなた自身も現状を把握することができます。その後、まとめた考えを信頼できる周りの人に伝えて、意見を聞いてみましょう。

あなたの考えに同調してもらえれば、自信を持って転職活動ができます。違った意見をもらえれば、あなた自身の考えを見直すキッカケにもなりますね。

転職は非常に労力がかかるものであるため、準備をしっかりとするためにも、周りの意見を聞くことは大切です。

悩みを解消できる企業の情報を集めておく

悩みの原因を明らかにし、転職しか解決する方法がないと結論づけたら、その悩みを解消することができる企業の情報を集めましょう。自分自身の棚卸しも忘れずにおこなってください。

自分自身の棚卸しをして、悩みの原因が分かっている状態であれば、あなたはどんな企業がよいか分かる状態になります。仕事内容だけでなく、給与面や働く環境、会社の雰囲気なども重要です。

あなたの望む企業の情報を集めて、複数の企業で比較をすることで、転職の成功率を上げることができます。あなた一人ですべておこなおうとすると大変です。転職エージェントは、企業の情報を集めるときにも非常に強力なサポートをしてくれるため、一度相談することをオススメします。

まとめ

  • 仕事に向いていないと考える原因は、達成感を感じないなどの理由が考えられる
  • 向いていないと判断する時期としては、3ヶ月、6ヶ月、1年、3年
  • 時期はひとつの判断基準だが、それよりもあなたの現在の状態が重要
  • そのほかの判断基準として、今の仕事を続けたいと思うか、などの複数の基準がある
  • 対処方法は、相談する、休む、異動するなど
  • どうしても悩みが解消できないのであれば、転職もひとつの手段
  • 転職する際には、注意点に気をつける

多くの人は「仕事に向いていない」と一度は考えるものです。「仕事なんだからしょうがない」と諦める前に、向いていないと考えてしまう原因を考えてみましょう。原因が分かれば対策が取れます。

今回紹介したいくつかの対処法で解決できない場合は、転職することもひとつの手です。「どうしても現状を変えたい」と強く思うのであれば、転職を考えてみてはいかがでしょうか。