上司が嫌いと感じたらどう対処すべき?ハラスメントの対処法も紹介

上司が嫌い…

そんな気持ちを抱えながら仕事をするのはとても苦痛ですよね。モチベーションが下がったり、ストレスでイライラしてしまったりなど、仕事に悪い影響が出てしまうこともあるでしょう。

しかし、どんな職場でも嫌いな人・合わない人というのはひとりくらいはいるものです。だからこそ「仕方ない」と割り切って踏ん張っている人は多いかと思います。

もちろん、割り切ってうまく付き合っていくのも対処法のひとつといえるでしょう。ただ、我慢し続けるのはよくありません。上司の言動があまりにもひどい場合は「ハラスメント」の可能性があります。

そこでこの記事では、上司が嫌いと感じたときの対処法や、ハラスメントの定義や対処法を紹介していきます。今すぐ実践できる対処法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

上司が嫌いと思う理由は?

上司が嫌いと思う理由は人それぞれですが、嫌われる上司にはいくつかの共通点があるのをご存知ですか?

 

たとえば友達との会話の中で、「私の上司と同じだ!」と思わず共感したことがある人は多いと思います。これが”嫌われる上司の特徴の共通点”なのです。

 

ここでは代表的な4つの共通点とその特徴を紹介します。

 

理由1.感情的に怒る

  • 常にイライラしていてちょっとのことで怒る
  • 理不尽なことで怒る
  • 物事を客観的に見ないで感情的に責め立てる

このように感情的に怒る上司では、やる気をなくしてしまうのも無理がありません。そもそも「怒る」と「叱る」の区別がついていないのでしょうね。

 

※「怒る」と「叱る」の違い

怒る 叱る
怒り手の感情を外に爆発させること

ネガティブな意味

相手によりよい方法を教示すること

ポジティブな意味

 

理由2.自分勝手な言動

  • 休憩ばかりできちんと仕事をしていない
  • 自分が楽することしか考えていない
  • 自分のミスでも部下に責任を押し付ける

 

このように自分勝手な言動の上司では、連携がうまく取れず仕事に影響が出てしまいます自分のことしか考えられない、自分だけ楽したいとしか考えられない上司では、仕事が苦痛になるのもうなずけます。

 

理由3.いっていることがコロコロ変わる

  • 指示内容がコロコロ変わる
  • いっていることがコロコロ変わるので相談しづらい

このようにいっていることがコロコロ変わる上司では、仕事を効率的に進めることができず困りますよね。分からないことなど相談しづらいのもつらいものです。

理由4.人によって態度が変わる

  • 好き嫌いで態度が変わる
  • 自分を慕ってくる部下にだけ優しい
  • 仕事ができる部下だけかわいがる、えこひいきする

このように人によって態度が変わる上司では、信用できないだけではなく、恐縮して質問や報告がうまくできなくなり、仕事がスムーズにおこなえない可能性が出てきます。

嫌いな上司へのおすすめ対処法4つ


仕事で感じるストレスの中でも、特に多いのが「人間関係でのストレス」です。人間関係が悪いことにより、仕事に行きたくない・仕事を辞めたいと思う人も多いのではないでしょうか。それだけ人間関係は仕事をするうえで重要なものということです。

 

 

 

その人間関係を改善できれば、仕事で感じるストレスは大幅に減らせる可能性があるということになります。

 

 

 

ここでは嫌いな上司へのおすすめの対処法を4つ紹介します。

 

対処法1.あいさつを工夫する

あいさつにほんの少し工夫することで、相手への印象を大きく変えることができます。

  • 相手の名前を付けてあいさつする
  • 相手の目を見て笑顔であいさつする

人は自分の名前を呼ばれることで「特別感」を感じるようになります。また、笑顔であいさつされることで、嫌な気持ちになる人はいないでしょう。

 

「特別感」は人のこころを満たしてくれます。穏やかな気持ちになることで、感情的に怒ったり嫌な態度を取ることも減るでしょう。

 

ほんの少しの工夫ですが、効果は抜群なので、今日から取り入れてみてください。

 

対処法2.話を聞く姿勢を工夫する

あいさつと同じように話を聞く姿勢も、ほんの少し工夫することで、相手への印象を大きく変えることができます。

 

  • 「聞く」ではなく「聴く」を意識する
  • 相手の話を最後まで聞く
  • 話を聞くときはあいづちを入れる

 

※「聞く」と「聴く」の違い

話を「聞く」 話を「聴く」
ただ単に聞く

意識しなくても自然と耳に入る音

注意深く聴く

特定の相手に向け意識して聴く

そもそも「聞く」と「聴く」は全然違うものです。もしも上司が間違ったことをいっていたとしても、自分の意見は後で伝えるようにしましょう。まずは話を最後まで聴くことがポイントです。

 

上司の話を「聴く」ことによって、上司は”自分に興味を持ってくれている”と感じます。それは、自分の存在が大切に扱われているという心理につながります。

 

また、あいづちを入れることにより、話をきちんと聴いている・理解しているということを示すことができます。

 

このような状況をつくり出すことで、相手の心が開き、質問や相談もしやすくなります。意思疎通ができていると感じるため、いっていることがコロコロ変わることも少なくなるでしょう。

 

対処法3.報連相でコミュニケーション強化

報連相は仕事の基礎となるもので、欠かすことのできない重要なものです。報連相の仕方を気を付けるだけで、相手とのコミュニケーションが深まります。

  • 報連相は迅速かつ丁寧におこなう
  • 内容を明確に伝える(5W1H)

上司が部下に仕事を任せるということは、指示・監督する責任が出てきます。当然、部下の仕事の進捗状況を把握していなければなりません。また、経験の浅い部下に任せた場合は、なにかと不安もあるでしょう。

 

報連相がきちんとおこなわれていれば、上司はアドバイスや指示を出しやすくなります。反対に報連相がなければ、上司は状況を把握できず不安になるため、注意が増えたりイライラしたりすることもあるでしょう。

 

指示どおりにおこなっていることが伝わることで上司も安心し、その安心が信頼にもつながっていきます。また、報連相は5W1Hを使って明確におこなうようにしましょう

 

※5W1Hとは?

When Where Who What How Why
いつ どこで 誰が 何を どうする なぜ

 

対処法4.「嫌い」ではなく「肯定」へシフトする

他人を変えるということは、よっぽどでない限り、ほぼ不可能と思ったほうがよいです。人間関係を改善するには「嫌い」ではなく「肯定」することのほうが近道です。

 

  • 気持ちは態度や表情に現れるため、自然と相手に伝わり気まずくなる
  • 相手の欠点や人間性をいったん認める
  • 「嫌い」と思っている以上、相手と心理的にフラットな関係にはなれない

 

心理的な部分が関係するため、少し難しいかもしれませんが、誰にでも長所と欠点はあります。嫌な部分がひとつあるからといってすべてを否定していては、人間関係を改善するのは難しいでしょう。

 

そこで、他人を変えるのではなく、自分の考え方や行動を変えることが重要です。あなたが変わったことを感じ取ってくれれば、相手も人間関係を改善しようと努力してくれるでしょう。

 

他人を変えることにエネルギーを使うのではなく、自分を変えることにエネルギーを使うほうが、よい結果が生まれます。

 

もしかしてハラスメントかも?ハラスメントの定義と対処法

ハラスメント(harassment)とは、嫌がらせ・いじめという意味があります。

 

たとえば、ときに厳しいことをいったり冗談をいったりするのは、部下に「成長してほしい」「仕事を円滑におこなうためのコミュニケーション」などという思いからので、あくまでも”上司という責任”から取っている言動かもしれません。

 

 

しかし、本人の意図とは関係なく、相手に対して必要以上の発言や不快を与える言動、尊厳を傷つけたり脅威を感じさせたりすることは、ハラスメントと定義されています。

 

 

とはいえ、「指導とハラスメント」「コミュニケーションとハラスメント」などの境界線が分からず、悩んでいる人もいるかと思います。

 

ここでは3つのハラスメントについての定義と対処法を紹介します。「もしかしたらハラスメントかも…」と悩んでいる人は、今の状況とあわせて考えてみてください。

 

パワーハラスメント

パワーハラスメントとは?

パワーハラスメントとは、職場上の優越な立場や地位を利用し、仕事の範囲を超えて相手に苦痛を与えることです。

 

パワーハラスメントの主な種類と例は以下のとおりです。

 

種類
身体的な攻撃 蹴る、物を使って殴るなどの暴力
精神的な攻撃 必要以上に叱りつける、言葉の暴力
人間関係からの切り離し ひとりだけ飲み会に誘わない、別室で仕事をさせる
過大または過小な要求 無理なノルマを課す、業務範囲外の単純作業しかさせない

相手の成長よりも自らの感情優先で叱りつける、失敗をフォローするのではなく何度も注意するなど、相手のことを考えずに感情的に怒るのがパワーハラスメントの特徴です。

 

パワーハラスメントの対処法

パワーハラスメントを受けていると感じたら、ひとりで悩まずに上司や同僚、人事課などに相談しましょう。社内で相談できる人がいない場合は、管轄の労働基準監督署で相談できます。

 

相談する際は、いつ・どこで・何をされたかのメモがあるとスムーズに進みます。もしかしたらパワーハラスメント?と思ったら、そのときの状況を記録して残すようにしましょう。

 

パワーハラスメントはひとりで解決するには難しい問題です。必ず誰かに相談することをおすすめします。また、日頃から職場でコミュニケーションを取ることで、いざというときに相談しやすいかと思います。意識的にコミュニケーションを取るように心掛けてみてください。

 

セクシャルハラスメント

セクシャルハラスメントとは?

セクシャルハラスメントとは、性的発言や行動で相手を不快にさせることや、傷つけることです。

 

体に直接触れることはもちろん、性的関係の要求や性的発言をする、性的な写真などを人目に触れる場所に置いておくのもセクシャルハラスメントにあたります。

 

セクシャルハラスメントは、特徴によって以下のとおり分類されます。

 

分類 特徴
対価型セクハラ 立場を利用し性的言動をおこない

拒否・抵抗された場合に職務上の不利益を及ぼすこと

環境型セクハラ 性的発言や行動で周囲を不快にさせ

職場環境を悪くすること

制裁性セクハラ 性差別的な価値観で

女性の昇進などの活躍を否定・抑圧すること

妄想型セクハラ 相手が自分に好意を抱いていると勘違いし

しつこくつきまとったり性的な発言をする

 

セクシャルハラスメントであるかどうかは、「被害を受けた人がどう感じたか」と「被害は客観性があるものか」で判断されます。この場合の客観性とは、同性の別の人が同じことをされた場合にも不快に感じるかということです。

 

よって、相手がセクシャルハラスメントと思っていなくても、被害を受けた人が不快に感じれば、セクシャルハラスメントにあたるということです。

 

セクシャルハラスメントの対処法

セクシャルハラスメントはとてもデリケートな問題のため、誰かに相談するのも勇気がいることだと思います。

 

しかし、我慢し続けていてはどんどんエスカレートしてしまう恐れもあるため、早めに対処することが大切です。

 

まずは本人に「嫌だ」「迷惑だ」ということをはっきり伝えましょうもしかしたら本人はセクシャルハラスメントという自覚がないこともあります。はっきり伝えることで、セクシャルハラスメント行為だということに気付き、やめてくれるかもしれません。

 

それでもやめてくれない場合は、上司や職場の相談窓口などに相談しましょう。上司に相談する場合は、必ず信頼できる人を選んでください。相手によっては職場でいいふらされてもっと嫌な思いをする可能性もあります。男性上司に相談しづらい場合は、女性上司を頼るのもひとつの方法です。もしも上司や職場が対処してくれない場合は、社外の相談窓口を利用することをおすすめします。

 

モラルハラスメント

モラルハラスメントとは?

モラルハラスメントとは、言葉や態度、メールなどで精神的苦痛を与える陰湿ないじめのことです。

 

パワーハラスメントと違い直接的な暴力ではないため、実態が見えづらく、被害者は自分が悪いと思い込みやすいのが特徴です。

 

精神的にじわじわと追いつめられやすく、モラルハラスメントの被害者は退職を余儀なくされることも少なくありません。

 

モラルハラスメントの具体例は以下のとおりです。

 

  • 無視される
  • 仕事を回さない、仕事をさせない
  • みんなが参加する飲み会などに呼ばれない
  • 仕事上必要な資料などを渡さない
  • 孤立させる
  • 精神的に追いつめるような言葉をあびせる
  • 身体的な特徴をからかうような発言をする
  • 相手の立場を悪くするようなメールなどをみんなに送る
  • 必要以上にプライベートに干渉し、その内容を否定する

 

モラルハラスメントの対処法

モラルハラスメントは実態が見えにくいため、被害の内容を細かくメモしておくことが大切です。

 

 

日時・相手・被害内容・背景・状況・自分の気持ち・心身の状態などを事細かく記録しておくことで、立派な証拠となります。中傷メールなどの内容も必ず保存しておきましょう。

 

また、体調不良や精神的な不調がある場合は、病院で診察を受け、診断書を書いてもらうことをおすすめします。

 

そして、ほかのハラスメントと同じように、ひとりで悩まず誰かに相談しましょう。信頼できる上司や職場の相談窓口、法テラスや労働基準監督署内の総合労働相談コーナーなどで相談できます。

 

加害者の性格の歪みが原因で起こるモラルハラスメントは、自分ひとりの力では解決が難しい問題です。被害を受けるのは自分が悪いからなどと決して思わず、誰かの力を借りて対処していきましょう。

どうしても上司が嫌い!転職したい場合はどうしたらよい?

どうしても上司が嫌いで転職したいと思っている場合は、新たな職場でスタートを切るのもよいかと思います。

 

ただし、退職するときと面接するときに気を付けることがあるので、しっかり覚えておきましょう。

退職するときに気を付けること

退職して新しい職場で働くということは、一から人間関係やキャリアを築いていかなければいけません。転職先の上司と気が合わない可能性もあるし、もしかしたら今の職場よりもっと合わない上司がいる可能性もあります。

 

転職が決して悪いことではありませんが、このようなデメリットがあるかもしれないということを踏まえて、転職活動をしましょう。

 

また、退職の意思を伝える際には、「上司が嫌い」という本当の理由は告げないほうがよいでしょう。引継ぎなどがスムーズにおこなえなくなる可能性があります。

 

いくら退職するからといっても、ギクシャクした雰囲気では居心地も悪く、ストレスを感じてしまいます。

面接するときに気を付けること

面接で退職理由を聞かれた場合は、上司が嫌いなどという不満を話すことは絶対にNGです。

 

面接では、活躍してくれる人材なのか、成長が見込める人材なのかという部分を見られます。自分の能力や意気込みをアピールするように心掛けましょう。前向きな発言が転職を成功させるポイントになります。

 

まとめ

  • 上司が嫌いと思う理由は人それぞれだが、嫌われる上司にはいくつかの共通点がある。
  • 嫌いな上司への対処法は、ほんの少しの工夫でも大きな効果がある。
  • 他人を変えることは難しい、相手を肯定することが人間関係を改善する近道。
  • ハラスメントの定義は本人の意図とは関係なく、さまざまな言動で不快などを与えること。
  • 転職活動はデメリットもあるかもしれないということを踏まえて活動する。

どんな職場にも嫌いな人・合わない人はいるものです。しかし、仕事をするためにはうまく付き合っていくしかありません。

 

この記事で紹介した対処法を実践して、人間関係の改善に努めましょう。ほんの少しの工夫で嫌いな上司との関係性も変わるはずです!