転職と自己分析の関係?前向きな転職のために意識する3つのポイント

「本当にこのままで大丈夫なのか‥」など、今の会社に不満があったり、自分の将来への不安を感じたりしながら、仕事を続けているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

いつかは転職するために「自分の天職はなんだろう」と考えていても、どのように判断していいのか分からないという人もいるでしょう。

転職理由は人それぞれありますが、転職を成功させるには「自己分析」が重要といえます。それでは、自分分析はどのようにおこなったらいいのでしょうか。

この記事では、自己分析の方法や転職の流れ、効率的な転職方法などを紹介します。読み進めることで、転職のために意識すべきポイントを理解いただけるでしょう。

前向きな転職には自己分析が必須


キャリアアップを目指すのではなく、会社が嫌だからという理由で転職に踏み出してしまうと、再び「会社が嫌だから転職」と同じことを繰り返す可能性があります。職場の雰囲気や人間関係に違和感を感じているなら、転職しても自分が望む環境になるとは限りません。

転職を検討するなら「次は自分にマッチした職業に就こう」などと、前向きな気持ちで臨みましょう。転職後に長く働き続けられるように、「自己分析をして自分に合う働き方を把握」しておくことが必要があります。

では、なぜ自己分析することが、転職に大きく関係しているといえるのでしょうか。

なぜ転職に自己分析が必要なのか

企業へアピールできないため

受け入れる側の企業は、あなたがどのような人材なのかが分かりません。前向きな転職を目指すなら、企業へ向けて自分をアピールする材料が必要です。

しかし、自分を企業へアピールするためには、自分自身を理解し説明できなければ難しいといえるでしょう。

たとえば、転職を考えたきっかけが「会社が自分に合わなかった」なら、何が合わなかったのかや、なぜ合わなかったのかなどを自分自身で把握し、説明できなければなりません。

もし転職を検討したきっかけが会社が合わないなどのネガティブな理由だった場合、受け入れる側も「すぐに辞めてしまうのでは」などと考え、受け入れを敬遠することも考えられます。

自分は企業にとってどのようにマッチするのかを考え、感情や思い込みなどがない状態で、客観的に自己アピールをする必要があります。

好きよりも自分に合う仕事を見つけるため

憧れの職業や好きな仕事に就くのは、もちろん素晴らしいことです。しかし、自分が好きな仕事や、興味がある職業だからといって、必ずしもそれが自分に合っているとは限りません。

また、待遇面ばかりに目がいってしまうケースもあります。生活していく上で、待遇面ももちろん重要ですが、「仕事が合わない」となると、再び会社が嫌だという感情が芽生えてしまう可能性があります。

好きな職業や高待遇の会社でも、自分のスキルや性格などが合っていなければ、モチベーションを保てず、徐々に仕事へのストレスを感じるようになるのです。

再び転職を考えないため

転職先でも「合わない、失敗した‥」と後悔してしまうと、「会社辞めたい」という感情が表れ、常に嫌な気持ちで職場へ通うことになります。

そして、会社が嫌だから「とりあえず転職」となり、再び転職を検討してしまい、同じことを繰り返してしまうのです。

転職を繰り返すことで年齢が高くなってしまい、年齢制限などの理由で転職できない企業も増えてしまいます。

「次の転職が最後」とするためにも、自己分析をして自分に合う仕事を理解し、適職を見つける必要があります。

転職は正しいのか考えるため

そもそも自分の置かれている状況は、本当に転職すべきなのかも自己分析で判断する必要があります。

たとえば、キャリアアップを目指すなら、今の会社では達成できないのでしょうか。また、会社で嫌だと感じることも、異動などで改善できる可能性もあります。

転職すると、今までの実績や地位などがなくなるといっても過言ではありません。「転職しなければよっかた‥」と後悔しないためにも、しっかりと判断する必要があります。

転職の成功には自己分析がさまざまな部分で関係しています。では、具体的に「自己分析」とは、どのようなポイントを意識して進めるべきなのでしょうか。

自己分析で熟考する3つのポイント


自己分析といってもさまざまな方法や種類がありますが、前章で触れたように、転職を成功させるには前向きな気持ちが必要です。

前向きな転職に必要な自己分析とはどのようなものなのかを、ここでは3つの熟考すべきポイントとして紹介しましょう。

ノートなどにメモしながら、自己分析を進めることをおすすめします。

目指すべき自分を「設定」

まず、自分は将来的にどうなりたいかを明確に「設定」します。

未来の自分を想像するのは簡単ではありません。転職での考え方は、どのような働き方をしている自分になりたいかなどを意識しましょう。

たとえば、会社を嫌だと感じる理由が「コミュニケーションが苦手」だからなら、「人が多くない職場で働きたい」と安直で考えがちです。

しかしながら、これだと人とできるだけ会わずに済む職種を目指すという転職活動になってしまいます。「コミュニケーションが苦手」は、表面的な理由であり、現状の自分を考えているだけなので自己分析とはいえません。コミュニケーションが苦手だからというのはあくまで転職を考えるきっかけでしかないのです。

ここでは、自分が「将来的にどうなりたくて転職するのか」にフォーカスしましょう。

具体的には、将来「どのような働き方」をしている自分が理想なのかを考えて、「目指すべき自分を設定」するということです。

今までの自分を「想起」

自分が持ち合わせているスキルや経験などを思い起こし、書き出してみましょう。

ここでは「転職したい企業が求めるニーズ」に対して、自分は「ニーズに応えるために何ができるのか」を考えます。

たとえば、業務経験や技術、免許や資格なども有効ですし、コミュニケーション能力や協調性などを重視する企業も少なくはありません。

具体的には、今までの経験や実績などから、自分に何ができるかを「想起」し、企業が求める人材であることを「自ら説明できるような材料」を書き出しておくことです。

自分は何をすべきか「再考」

目指すべき自分を設定し、何ができるかを想起したら、転職を「再考」してみましょう。

会社が嫌で転職を考えているなら難しいですが、キャリアアップなどが目標なら転職を再考してみることも大切です。

たとえば、現在働いている会社の上司や先輩社員に「この人のようになりたい」という、手本にすべき人はいるでしょうか。

いるのなら、今の会社で努力することで目指すべき自分になれる可能性もあります。いないのなら、転職を検討するなど思いつくことを考えてみましょう。

具体的には、今の会社で「目指すべき自分は達成できないのか」「自分のできることは今の会社で活かせないのか」を書き出してみることです。

転職を成功させるために、自己分析は企業へアピールするためにも大切なことだといえます。

しかし、自分がどういう人間なのかは、自分だけでは判断できない部分もあるのではないでしょうか。

自分を客観的に分析する重要度


自己分析は重要といえますが、さらに深く分析するなら、今の会社での自分を客観的に分析することも大切です。

会社や組織が嫌で転職した人には、転職を繰り返してしまう人がいます。会社が嫌になることは、すべてほかの社員が原因といえるのでしょうか。

他人が自分をどう見ているのかを知ることで、転職先での良好な人間関係を築けるヒントになることもあるのです。

他人の言葉を思い出してみる

上司や先輩から掛けられた言葉を思い出して、会社で自分はどのように見られているのかを分析してみましょう。

上司や先輩から指摘されたことに対し、嫌な気持ちになったり、今でも根に持っていたり、転職のきっかけになったりしているケースもあります。

しかし「いわれた言葉にヒントがある」と考えてみましょう。指摘されたことを思い出し、客観的に自分を分析するのです。

また、任されていた業務に納得がいかないというケースもあるのではないでしょうか。なぜ、自分がやりたい業務を任されないのかを客観的に考えてみましょう。

いわれたことや、されたことを「嫌がらせ」と感じるのは人それぞれですが、なぜそのように振る舞われたのかも、相手の立場になって思い浮かべてみてください

自分の問題点や課題点への発見につながります。

他人の振る舞いと比べてみる

会社には、参考となりそうな人やそうでない人がいます。参考となる人の振る舞い方と自分とでは、何か違いがあるのかを客観視してみましょう。

たとえば、同世代で誰からも頼られ、信頼されている社員がいるとしましょう。仕事や会話の進め方、他人への振る舞い方などを見て、自分との違いを分析するのです。

分析することで、他人と自分の違いを知り、できることは近づけていくようにすれば、転職先でよい振る舞いができる可能性を広げられます。

自己分析をしていて、自分を客観視していても、いざ転職となると不安を感じてしまうものです。転職をスムーズに成功させる方法はないのでしょうか。

不安を感じる転職をサポート!


「今の会社を辞めて大丈夫だろうか」などと転職は不安を感じるものです。特に、初めて会社を辞める人にとっては、大きな不安を感じてしまうのではないでしょうか。

しかし、転職を成功させるために特化した、サポートサービスが数多くあります。

ここでは、各サービスについて紹介します。

好きな職種が探せる!転職サイト

転職サイトの特徴は、多くの求人情報を無料で自由に閲覧できることです。

仕事以外の時間に、会社の誰にも知られることもなく、簡単に転職先の情報を手に入れることができます。

また、すべてのサイトではありませんが、自分の経歴などを登録することで「スカウトシステム」という企業側からアプローチしてくる機能が便利です。

転職先を絞りきれない人には、自分がどのような企業にニーズがあるかなど、参考となる機能といえるでしょう。

サイトによっては、履歴書の書き方や面接のノウハウなどを紹介しています。

直接話せる!転職イベント

求人広告会社などが、定期的に開催する合同の企業説明会です。

特徴は、受け入れる側である企業の社員と、直接会話できることではないでしょうか。

求人情報では見えない部分を社員へ直接質問することができ、転職先をイメージするのに絶好の場所といえるでしょう。

また、イベントでは転職に関する講演会やセミナーなども受けられます。転職に不安を感じているなら、参加してみてはいかがでしょうか。

転職のプロ!転職エージェント

転職エージェントは、転職サポートに特化した無料で受けられるサービスです。

特徴は、転職に対する知識豊富な専任のアドバイザーが付くことです。

アドバイザーと面談することで、自分にマッチした企業と引き合わせてくれ、募集から内定までのすべてをサポートしてくれます。

また、企業とのつながりがあり、自分で求人へ応募するよりも転職の成功率が高いといわれているサービスです。

転職を成功させるためには、さまざまなサポートがあり安心できますが、転職するためには、まず退職をしなければいけません。

退職の流れと注意点


「辞めさせてくれない」「どう伝えていいのか‥」など、退職を会社へ伝えるのも不安を感じることではないでしょうか。

ここでは、スムーズに退職するための流れや注意点を紹介します。

退職日を決める

自分が関わっている仕事内容や、進行中の業務によって退職日を決めるようにしましょう。

多くの企業では「1か月前までに退職届を提出する」などと社内規則で謳われています(労働基準法では2週間前)。

業務を引き継ぐ必要がある場合、1カ月前では期間が足りないケースがあるので、余裕を持てる退職日を決めたほうがいいでしょう。

また、転職先の目途がついてから退職日を決めるという考え方もあります。転職先の入社日も関わるので、余裕ある退職日を設定できないケースも少なくありません。

今の職場や転職先に迷惑を掛けないためにも、会社を辞めると決心したら、可能な限り早めに退職の意思を伝えましょう。

上司に面談を申し出る

一番緊張することではないでしょうか。退職は基本的に直属の上司へ伝えるものです。

しかし、退職を伝えるにしても面談を申し出る必要があります。ほかの社員の前で「お話したいことがあるのでお時間いただけますか」とはいいづらいものです。

周りの目が気になるなら、「ご相談したいことがあります。ご都合のよい日はありませんか」などとメールを送ることで、上司は察して日時を決めてくれるでしょう。

上司との面談で注意すべきこと

「相談したいことがある」とはいっても、相談ではなく退職するという気持ちを伝える面談です。曖昧な言動は避けて、しっかりと意思を伝えましょう。

注意すべきは、退職理由です。前向きな理由にしなければ、退職を引き止められてしまうケースもあります。

たとえば、異動すれば解決できる内容や、ほかの社員や上司への不満は避けたほうがよいでしょう。

職場への不満や愚痴は避けて、「やりたいことがある」などと自分のために、前向きな退職理由にしましょう。

しかし、上記のようにまともな会社ばかりではありません。簡単に辞めさせてくれない場合もあります。

会社が辞めさせてくれない場合、何かよい方法はないのでしょうか。

不安なら退職代行サービス!

退職できないという問題には、「話すら聞いてくれない」「一生辞めさせない!といわれた」など、さまざまな事例があります。

退職代行サービスは、その名のとおり、退職を代わりに進めてくれるサービスです。

場合によっては、一度も会社の人間と会わずに退職できるケースもあるので、「どうしても無理!」という人には有効なサービスといえます。

「退職させてくれない‥」や「退職を伝えられない‥」などの悩みがあるなら、相談してみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 転職を成功させるためには、自己分析は不可欠
  • 自己分析することで、企業へのアピールポイントが見つかる
  • 自分に合った仕事を見つけるためにも、自己分析は有効
  • 自己分析では「設定」「想起」「再考」を意識する
  • 客観的に自分を分析することも重要
  • 自己分析しても転職に自信がないのなら、転職サポートの利用を検討
  • 退職理由は前向きなものにすることで、スムーズに話が進む
  • 会社を辞めさせてくれないなどの問題は、退職代行サービスの利用を検討

自己分析することで、自らのアピールポイントを整理できるようになり、自分にマッチした企業を見つける可能性を高めることができます。

とはいえ、スムーズに転職できるのかや退職させてくれるのかなど、不安を感じてしまうこともあるでしょう。

不安を感じるなら、転職や退職をサポートしてくれるサービスの利用をぜひ検討してみてください。