転職を考え始めたあなたへ。転職の流れやコツを徹底解説!

「そろそろ別の仕事もしてみたい」

「転職して仕事を楽しそうにしている人がうらやましい」

「転職活動って、みんなどうやってやっているのだろう」

 

今の仕事に追われる中で、ふとこんな風に思ったことはありませんか?

 

日々同じ職場・仕事・同僚に飽きてしまっているかもしれません。

 

逆に、毎日ハードな仕事で疲れ切ってしまっており余裕を持って仕事をしたいと考えているかもしれません。

 

もしかしたら、もっとやりがいのある仕事があるのかもしれないと思い、今の仕事にうちこめないかもしれません。

 

世の中には、想像しているよりたくさんの仕事があります。退屈や苦しさを感じる仕事もあれば、楽しさや充実感を感じることができる仕事もたくさんあるのです。

 

やりがいのある仕事につきたい!仕事を変えたい!と決意したのであれば、さっそく転職に向けてアンテナを立てることが必要です。

 

しかし、ずっとひとつの会社で働いていたため転職の経験がない。だから、どこから手をつけていいのかわからない、という方も多いでしょう。

 

この記事ではそんな方のために、転職の流れとうまくいくコツをまとめています。ぜひ、参考にしてみてください。

転職活動期間の目安と会社に伝える時期

転職活動でまず気になるのは、新しい会社を見つけるまでの時間と会社に伝えるタイミングでしょう。

 

今の仕事の状況がわかっている人なら、自分が抜けた後の仕事への影響も気になると思います。そして、可能な限り迷惑をかけたくないとも思うはずです。

 

まずは、その疑問を解消させましょう。

転職活動の平均期間は約3〜6か月

転職活動を始める時点での状況にもよりますが、転職活動にかかる期間は平均で3~6ヶ月かかるといわれています。転職活動を開始して面接を受けるまでに1〜2か月、内定をもらってから入社するまでに1〜3か月を目安として考えおいてください。

 

自己分析が終わっている。また、情報収集が満足にできており、理想の求人がすでに出ている場合はもっと短い期間で転職できるケースもあります。

 

転職活動は、あらかじめ大体のスケジュールを考えておくことが大切です。

 

在職期間中に転職活動をするのであれば、長期になるほど負担が大きくなります。また、離職してから転職活動するのであれば経済的に余裕が必要となります。

 

また、転職活動は会社を決めるまでに時間がかかると思われている事が多いです。ですが、内定獲得後から入社までの期間のほうが時間を要することがあります。なぜなら、退職調整や、引越などが必要になるケースがあるからです。

 

転職活動中に負担が大きくなり転職失敗にならないようにスケジュールを立てて実施するのがおススメです。

 

転職活動開始は辞める前か、辞めた後か?

転職活動は、現職と並行して進めたほうがいいのでしょうか、それともいったん辞めてから転職活動だけに集中したほうがいいのでしょうか?

 

向き不向きもありますが、並行して進めるほうが割合としてはかなり多いです。

 

在職中の場合は、収入があることが1番のメリットです。面接で落ちるなどあっても、気持ち的に余裕があります。一方で転職活動に割く時間や面接のスケジュール調整などが自由にできにくいのがデメリットです。

 

離職後の場合は、しっかり時間をとって転職活動ができることが1番のメリットです。面接のスケジュール調整も円滑に進むでしょう。一方で、仕事がない精神的な焦りがデメリットになります。

 

これらをふまえた上で、自分はどちらを選ぶのか考えてみましょう。

 

転職活動開始から終了までの流れ

それでは、転職活動の流れを説明していきましょう。闇雲に活動をスタートすると、道筋が見えず途中で不安になることも出てきます。進み方を頭にいれた上で活動をスタートさせましょう。

まずは転職活動における事前準備から

転職活動のイメージとして、求人を探して応募、面接をする…というイメージがあるかもしれません。しかし、その前に自己分析などの事前準備をする必要があります。

 

面倒に感じるかもしれませんが、転職活動で最も大切なプロセスと言っても過言ではありません。可能な限り準備しておきましょう。

 

業務経歴の棚卸しをする

これまでの職務経験をすべて書きだしましょう。

 

新卒採用とは違い、転職では今までの業務経歴から、どのようなスキルがある人なのかを見られます。

 

採用側は、あなたという人がどんな市場価値をもつ人材なのかを職務経験から見極めたいのです。あなたのアピールポイントにもなる部分なので、しっかり棚卸ししてみましょう。

 

携わってきた事業の社会的な影響力や、あなたの具体的な業務内容などをじっくりと洗い出すところから始めてみてください。

 

自己分析をする

経歴やスキルだけで、一緒に働きたいと相手に思わせることはできません。あなたという人がどんな人なのかを知って、魅力を感じてもらうことが必要になります。そこで、自己分析が必要となります。

 

これまでの仕事にどんな姿勢で取り組んできたのか考えてみましょう。あなたのアピールポイントが見えてくるはずです。

 

目標に向かって周りの人たちを巻き込み、リーダーシップを取るのが得意であるのがアピールポイントかもしれません。また、ひとりでコツコツ制作作業に取り組むのが得意であるのがアピールポイントになる人もいます。

 

ここでは自分の強みと弱みを明確にしましょう。どんな仕事や環境が自分に向いているのかも見えてきます。

 

情報収集をする

これからあなたはどんな会社で働きたいかを考えてみましょう。業界、職種、場所など、具体的に考えてみましょう。それを踏まえて、情報収集をしてください。

 

インターネットだけでもかなりの情報を収集することができますし、知り合いがいれば直接話を聞いてみるのもいいでしょう。

 

情報収集を怠ると、入社後に想像していたイメージと現実とのギャップに悩まされる可能性が高くなります。

 

入社したい会社をピックアップしたら、さらに掘り下げて将来性や業務内容、給与などまで、可能な限り調べることが大切です。

 

スケジューリングする

「いつまでに転職を決めたいか」または「いつ入社したいか」という、目標時期を設定しましょう。そこから逆算して、転職活動のスケジューリングをします。

 

目標時期を設定しないと、だらだら活動を続けてしまいます。最悪の場合、転職をしないで今の仕事を何の気なしに続けることになってしまいます。

 

スケジュールを立てると不用意に焦り、熟考せずに転職先を決めてしまうことも避けられるメリットがあります。

 

もし有休消化や引越なども想定しているのあれば、それも組み込んでスケジュールを立てましょう。

 

とはいえ完璧なスケジュールを立てる必要はありません。入社時期は多少調整してもらうことも可能ですので、転職活動の進み具合によってスケジュールを更新していくようにしましょう。

 

いよいよ転職活動の実践へ

事前準備が完了したら、転職活動の実践に入ります。気になる会社に応募し、面接を受けるのです。

 

応募書類を作成し、求人に応募する

求人情報を調べ、必要な書類を確認しましょう。まず履歴書、職務経歴書は、大半の応募の際に必要となります。1セットしっかり作成すると、同じものを使い回すことができますのでしっかりと作り込みましょう。読みやすさ、自分の市場価値が反映されているかを確認しながらまとめることを忘れないでください。

 

そのほか応募する会社ごとに、自己PRやポートフォリオなど求められる場合があります。ここではしっかりアピールポイントを伝えます。書き進められない場合は、自己分析が不十分な可能性があります。焦らず自己分析に戻ってみましょう。

 

面接を受ける

応募書類を提出し、書類選考を通過したら面接の案内が届きます。まずは身だしなみ、基本的な立ち振る舞い、面接マナーを確認します。そして、応募書類として提出した資料の内容の確認はもちろんのこと、「志望動機」「退職理由」といった、定番の質問に対する回答準備も怠らないようにして、本番の面接を迎えましょう。

 

転職活動の最終段階、内定、退社、入社!

面接が順調に通過したら、内定の連絡がきます。内定をもらってホッとひと息してもいいですが、転職活動はここで終わりではありません。

 

入社に向けて、退職の手続きや挨拶まわり、転職先によっては引越など、やることはたくさんあります。

内定を獲得する

内定の連絡が来たら、即返事をしてはいけません。改めて、給与や休日制度、福利厚生などの労働条件、労働環境を確認することをおススメします。場合によっては交渉の余地もありますから、冷静に判断しましょう。

 

複数の会社を並行して受けている場合は、返事をするのを待ってもらうなどの調整も検討してみましょう。いつ正式回答が連絡できるかを伝えておくと、悪い印象を持たれにくくなります。内定の連絡が来たあとは、そこで働くことを強くイメージしてから情報を整理し、最終判断を下しましょう。

 

退職の手続きをとる

内定承諾の連絡をした後、現在勤めている会社に退職意思を伝えましょう。

 

法律では、退職意思は2週間前に伝えれば可能です。しかし、就業規則や仕事の状況に応じて1か月半〜3か月前に伝えることをおススメします。そうすることで会社の人にも自分にも迷惑がかからないように退職することができます。退職意思を伝えたら、退職手続きに入ります。

 

退職には、事務的な作業や挨拶まわり、引き継ぎなどやることがたくさんあります。1度すべてを洗い出して、余裕を持って対応するようにしましょう。たんたんと進めるのも必要な作業はありますが、目指すのは円満退職です。こころよく送り出してもらえるよう、ひとつずつ丁寧に対応していきましょう。

 

内定をもらった会社に入社する

退職の手続きと並行して、転職先の会社と入社日の調整をしましょう。希望時期があるのであれば、内定承諾の連絡をする段階で話を出しておきましょう。入社日が決まったら、ようやくここで一区切りです。

 

新たな仕事に備えて、鋭気を養っておきましょう。もし有給休暇が取れるのであれば、ゆっくりするのもいいかもしれませんね。

 

転職活動を成功に導くためのコツ

転職活動が初めてであれば、進めるのに不安を感じるはずです。その不安を軽減するために、ここでは転職活動をスムーズに進めて成功に導くためのコツをご紹介します。

 

転職の目的、理想の仕事を明確にする

事前準備の段階が、転職活動の最も肝となるフェーズです。なぜなら、ここでしっかりと準備しておかないと、転職ができたとしても満足のいく仕事には就けない可能性が高くなってしまうからです。

 

なんのために転職をするのか?どんな仕事がしたいのか?を、明確にしましょう。「転職」が目的なのではなく、「転職の先の未来」に目的があるはずです。

 

現状を抜け出したいがためだけに転職をしようとしていないか、振り返ってみましょう。決してそれが悪いわけではありません。しかし、どうして抜け出したいのか?次の仕事や職場にはなにを求めているのか?など、もう1段階深掘りして考えてみましょう。本当の目的が明確になれば、転職活動のモチベーションにもつながります。

 

もしかしたら、次の転職もキャリアアップに向けた勉強期間として考えている人もいると思います。そうであれば、学びたいと思っていることや身に付けたいスキルが得られる会社に、アンテナが立つようになります。

 

将来の理想像を考えるいい機会です。しっかり考えてみましょう。

 

面接対策を綿密にする

面接は、はじめて応募者と採用者が対面する場所です。企業が応募者に対して採用を判断する場でもあり、応募者も自分がこれから入社するか判断する場でもあります。そのため、緊張もします。焦ることも当然あります。ですから、あらかじめ準備することが大事です。そうすれば、落ち着いて面接を受けることができるでしょう。

 

必ず聞かれるのは、志望動機、退職理由、自己PRです。あなたの思いがきちんと伝わるよう準備しましょう。事前準備や書類作成でまとめた内容を確認しながら、どのように話せば相手に伝わるのを意識して、準備してみてください。準備ができたら、実際の面接を想定して口に出して練習しておきましょう。

 

服装やマナーは、面接の基本です。どんなにいい事を話しても、服装やマナーが悪ければすべてが無駄になりかねません。ここで悪い印象を与えてしまうのはもったいないので、注意を払いましょう。

 

転職エージェントを活用する

求人応募をするには、いろいろな方法があります。自力で求人情報を探すことも、誰かに紹介してもらうこともできます。しかし、おすすめするのは転職エージェントの利用です。

 

応募書類の洗い出しや提出、面接調整などの手続きをサポートしてくれるので、余計な時間を削減できます。また、応募したい企業を自力で探せなくても、要望を出したら求人情報を探してくれます。時に表に出していないような求人情報も、紹介してくれる場合があります。内定確定後も、労働条件や入社日の交渉なども、採用担当との間に立って調整してくれます。

 

本来注力すべき部分に注力できるようになります。これからの理想の仕事を明確にして志望動機をまとめるといった作業や自己分析をするための時間を多くとることができます。そのため、転職活動をスムーズに進めることができるようになるでしょう。

転職確定後、留意してほしいこと

転職によっては、場所や家族の状況も考慮に入れないといけない場合があります。仕事ではなく環境も整えて、新しい仕事にのぞめるようにしましょう。

 

Uターン、県外転職の場合

Uターンや移住などによる地方への転職や、逆に地方から都心への転職の場合、生活環境が大きく変わります。

 

引越が必須になりますが、必ず転職先が確定し、勤務先を確認してからにしましょう。選考が進んでいるからといって先に引越をしてしまうと、万が一内定をもらえなかった場合取り返しがつきません。

 

また、全国に勤務地がある場合は、内定が確定しても面接時と違う場所に勤務となる可能性もあります。

 

ですから、金銭面のシミュレーションもしておきましょう。引越費用、家賃、生活費、給与を正確に把握し、無理がないか確認しておくようにします。地方と都会では、物価も異なるので留意しましょう。

海外転職の場合

海外で働くって、素敵ですよね。ただ、国が違うことで大変になる部分もたくさんあります。

 

まずは語学力です。日常会話レベルは最低限必要で、業務内容によって現地の人と会話する機会が多いのであれば、ビジネス英語が求められます。できるだけ入社までに語学力は磨いておきましょう。

 

そして、特に長期間働くことを想定している場合は、食事、気候、治安、医療、宗教について事前に調べておくようにしましょう。行ったこともなくイメージだけで考えている場合は、失敗してしまう可能性が高いです。実際に住むことを想定して調べるようにしてください。

 

家族の事情による転職の場合

親の介護、子供の教育、仕事と家庭の両立など、転職理由はさまざまです。そのため、スキルアップではなく、家族のために転職する人もいるでしょう。この場合、転職が成功かどうかは自分だけではなく家族も巻き込んで判断されるものになります。

 

新しい会社に勤めるのは、少なからずストレスがかかるものです。しかし、自分に必死になるあまり家族にも目的があったことを忘れないようにしましょう。仕事だけではなく、子供の通う学校などの生活環境など、家族全員に変化をもたらす場合があります。しっかり家族と会話をし、準備を進めるようにしましょう。

まとめ

この記事のポイントは、以下のとおりです。

 

・転職活動期間は平均3〜6か月。

・転職活動をはじめるタイミングは、メリットデメリットを考慮して判断する。

・転職活動の流れは、事前準備、応募、面接、内定、退職、入社となる。

・転職の成功には、転職の目的と理想となる仕事の明確化、面接対策、転職エージェントの利用がある。

・Uターン、県外、海外転職や、家族の事情がある転職では、内定確定後も新しい仕事以外に生活環境なども考慮するようにする。

 

今回の記事では、転職について考え始めた人へ、転職の流れやコツについてまとめました。あなたがよりやりがいのある仕事に就け、充実した毎日が過ごせるよう、心から祈っています。