仕事に行きたくないときは誰にでもある!大切なのは対処法を知ること

「仕事に行きたくない…」ふとそう思うときってありますよね。出勤前や休日最終日など、仕事の日が近くなると気分的にだるくなってしまう人も多いかと思います。

他にも、体調が優れない・職場に苦手な人がいる・仕事自体が苦痛など、仕事に行きたくないと思う理由はさまざまでしょう。

この記事は、仕事に行きたくないと思う人の気持ちに寄り添い、自分の気持ちに合った対象をご紹介します。

また、仕事に行きたくない気持ちが続いている場合の注意点や、ストレスが原因とされている病気もあわせて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

仕事に行きたくないときは誰にでもあること!

仕事に行きたくないときは誰にでもあります。ストレスを感じず毎日ウキウキして仕事に行く人はきっと少ないでしょう。

「働くことで給料をいただいている」という感覚を持っているからこそ、一生懸命仕事に取り組んだり、真剣に悩みます。

だからこそ、体やこころが疲れて「仕事に行きたくない…」と思うことは、決して不思議なことではないのです。珍しい感情でもなければ、甘えた気持ちでもありません。誰にでも起こりうる感情なのです。

仕事に行きたくない理由は人それぞれある

仕事に行きたくない理由は人それぞれあります。どんなときに仕事に行きたくないと思うのか、その理由を見ていきましょう。

休み明けでやる気が起きない

休み明けでやる気が起きないという気持ちは、社会人ならほとんどの方が思ったことがあるでしょう。

楽しい休日を過ごし気持ちをリフレッシュできても朝目覚めたときはだるさを感じたり、気分が乗らないなんてことはありますよね。

また、日曜日の夕方ごろから憂鬱な気分になることもよくあるかと思います。

これは「サザエさん症候群」や「ブルーマンデー症候群」などと呼ばれている症状で、次の日から始まる仕事のことを考えると、気分が落ち込んだり体調が悪くなったりする症状の総称とされています。

体調が優れない

仕事が忙しい、睡眠不足、疲れが取れないなど、体調が優れないときは仕事に行きたくないですよね。

また、ストレスから頭痛や腹痛、吐き気などの体調不良を引き起こす場合もありますこころと体両方が不調になるとなおさら仕事に足が向かなくなります。

ストレス社会の現代で働いていれば、体調が優れないときもあります。他にも急な気候の変化で体調を壊す方もいます。

職場環境が悪い

人間関係や労働環境など、職場環境が悪いと悩んでいる人は多いと思います。些細なことならば割り切れますが、我慢できないほど状況が悪い場合は仕事にいきたくないと思うのも仕方ありません。

職場には性格が合わない方もいます繁忙期には多少の残業をお願いされることもあります。これらはどこの職場にもあることです。

しかし、長時間労働を強いられたり、上司や同僚からの嫌がらせやいじめなどは重大な問題です。簡単に割り切ることは難しいでしょう。

このような問題は我慢を続けると仕事へ行きたくない気持ちはさらに重症化します。

うまく仕事をこなせない

成果がなかなか出ない、ミスを繰り返してしまう、仕事でそんな状況が続くと自信を失ってしまいます。うまく仕事がこなせないと悲観的になり、仕事に行きづらくなります。

嫌なことが続けばモチベーションは下がり、仕事に対してもやりがいを持てなくなります

さらには「今の仕事は自分に合わないかも…」と悩み、再度挑戦することに恐怖を感じる方もいます。

その気持ちが悪循環となり、職場で居場所を見つけられず、退職を考える方も少なくありません。

仕事に行きたくないときの対処法

仕事に行きたくない理由と同じく対処法も多くあります。ここでは5つの対処法を紹介します。自分の気持ちや状況に合った対処法を見つけて、ぜひ実践してみてください。

今日1日だけ乗り切る

休み明けでやる気が起きない、仕事に行くのが嫌だなと思うのであれば、今日1日だけ乗り切る気持ちで職場に向かってみましょう。

通勤途中や業務開始時は憂鬱さがあるかもしれませんが、仕事を始めればだんだんといつものペースに戻ってくることが多いです。

今日1日を乗り切るために、おいしいランチを食べる、仕事帰りに欲しかったものを買いに行くなど、自分へのご褒美を用意すると効果的です。

仕事終わりに楽しみがあれば、行きたくない気持ちを軽減できます。休日の過ごし方に気を付ける

待ちに待った休日、友達や家族と遊びに行ったり、趣味に没頭したり、好きなことができる楽しみからついついテンションが高くなりますよね。

日頃のストレスを発散するのはとても大切なことですが、平日に疲れが残るほどの行動はよくありません。

予定を詰め込み過ぎたり睡眠時間が極端に減ってしまうのは、生活リズムが崩れてしまい疲労蓄積や体調不良の原因となります。

休日最終日の夜は睡眠をしっかり取って、次の日に備えましょう。ゆっくりとお風呂に浸かって疲れを取るのも効果的です。

休日は楽しみながらも日頃の疲れを取ることを心掛けて過ごしてみてください。

つらいときは休む

体調不良でつらいときは、ゆっくり休むのがいちばんです。無理をするのは体調不良が悪化してしまい、余計につらくなる恐れがあります。

疲れがたまっているならば、栄養のある食事を取ってしっかり睡眠を取りましょう。

頭痛や腹痛、吐き気など体調不良が出ている場合は、きちんと病院で診察してもらうことをおすすめします。悪化すると治るまでに時間がかかってしまうため、早めに受診をしましょう。

健康でいるためにも、無理せず体を休ませてあげることが大切です。

職場環境の問題は無理に我慢しない

人間関係や労働環境の問題は無理に我慢してもよいことはありません。根本的な問題を解決しない限り変わることはないでしょう。

人間関係の問題の対処法1.自分の言動を見直す

上司や同僚の嫌な部分ばかり見ていても問題は解決しません。まずは自分の言動を見直してみましょう。

問題 見直す言動 結果
上司が口うるさく

注意してくる

報連相がきちんと

できているか?

進捗状況が明確になり

注意が減る

職場の人の態度が

冷たい・そっけない

あいさつをしているか?

話を聞く姿勢はどうか?

きちんとした対応をすれば

相手の態度も変わる

失敗をするたびに

ガミガミ叱られる

失敗を認めているか?

きちんと謝っているか?

失敗を認め次に活かす姿勢で

相手の対応も変わる

このように、自分の言動を見直すことで人間関係の改善につながることがあります。この機会に自分自身の言動を見直してみるとよいでしょう。

 

人間関係の問題の対処法2.信頼できる上司に相談する

職場の人から嫌がらせやいじめを受けている場合は、ひとりで対処せずに信頼できる上司に相談しましょう。

パワハラにあたる可能性もあるため、きちんと対処しなければエスカレートする恐れもあります。

上司に相談が難しい方は、社外の相談窓口に相談するとよいでしょう。専門知識もあるため、適切に対処してくれます。

 

労働環境の問題の対処法1.仕事内容や量を見直してもらう

仕事内容が自分の経験に合っていない、あまりにも残業が多いなどの問題は、仕事内容や量を見直してもらいましょう。

月の残業時間や担当している仕事内容を見える形で用意しておくとスムーズに伝えることができます。相談相手も状況が分かりやすいほうが改善に乗り出してくれる可能性が高まります。

大切なのは「仕事だからやらなくては」という考えは、場合によっては自分の首を絞める原因になることを忘れてはいけません。

捌ける仕事量には個人差があります。時間・能力・知識などは人それぞれで、みんながみんな同じ仕事内容をこなせるとは限りません。

できない理由を明確にしたうえで、「できません」とはっきり伝えるのも対処法のひとつです。

 

労働環境の問題の対処法2.労働基準法に触れていないか確認する。

労働基準法とは、労働条件に関する最低基準を定めた法律です。労働時間・残業時間・休憩・休日などに決まりがあり、会社はこれらを守る義務があります。

例えば労働時間は、1日8時間、週40時間以内と定められています。1日8時間以上労働させる場合は、労働基準監督署に「36協定」の届け出をしていなければ労働基準法違反になります。(業種によって異なる場合もあります)

「36協定」の届け出をしていても、残業させれる時間は月45時間と決まっています。もしも月45時間以上残業しているのであれば、早急に対処するべきです。

  1. 上司や人事部に相談、現状を伝える
  2. それでも改善されなければ労働基準監督署に相談する

過度な労働は自身の健康に被害をおよぼす危険があります。我慢せず早急に対処しましょう。

 

人間関係・労働環境問題の共通対処法1.異動をする

今の部署の労働環境に悩んでいるのであれば、他の部署に異動をするのも対処法のひとつです。比較的仕事量が少ない部署や、自分の経験に合った仕事ができる部署への異動をお願いしてみましょう。

ただし、人間関係で悩んでいる場合は注意が必要です。

例えば、今の部署で特定の人から嫌がらせを受けている場合は、異動することで解決につながるでしょう。しかし、会社全体の雰囲気や人間関係に問題がある場合は、異動しても状況は変わりません。

現状の問題をきちんと把握したうえで、異動するという対処法を選択肢に入れましょう。

 

人間関係・労働環境問題の共通対処法2.転職する

今の会社で仕事を続けることが限界と感じたら転職するのも対処法のひとつです。まずは、自分が職場に求めていることは何かを考え、優先順位をつけましょう。

例えば

  • 残業がない、もしくは少ない職場
  • 自分の経験に合っている仕事内容
  • 自分の興味がある分野の業種
  • 職場環境(社員数・社員の平均年齢・男女比・通勤距離・休日など)
  • 給与形態やボーナスの有無

希望する条件をすべてクリアする職場を探すのは難しいですが優先順位をつけることで候補を絞りやすくなります。

ただし人間関係については、転職によって必ず改善されるとは言い切れないため、ざっくしとした希望を基準に考えてみましょう。

例えば

  • 少人数の職場のほうが働きやすい
  • 女性社員が多いほうが働きやすい
  • 同年代の社員が多いほうが働きやすい

上記のような希望なら、求人内容や面接で把握することは可能です。転職する際の目安のひとつとして参考にしてみてください。

うまく仕事をこなせない原因を整理する

仕事をうまくこなせない原因は、大きく分けて2つあります。

仕事をうまくこなせない原因1.要領をつかめていないだけ

初めての仕事や慣れない仕事は、誰だってうまくこなせないのが当然です。

まずは、どこでつまずくのか、どこが理解できていないのかをきちんと把握し、原因を整理しましょう。

仕事がつまずく原因が明確になれば、自分に合ったやり方を見つけられ、仕事の効率を向上させることができます。

失敗がなければ成功はできません。「うまく仕事がこなせない…」と悲観するのではなく、「失敗したら次に活かせばOK!」と前向きな気持ちで挑戦しましょう。

 

仕事をうまくこなせない原因2.根本的に自分に合っていない

人と話すことが苦手なのに接客業や営業職に就いている。パソコンが苦手なのに事務職に就いているなど、根本的に自分に合っていない仕事の場合は、どうしても仕事をうまくこなすことは難しくなります。

苦手を克服しようと頑張ることは決して悪いことではありませんが、毎日の仕事に苦痛を感じるなら、自分に合った職種に転職するのも対処法のひとつです。

興味があることや性格なども踏まえて、自分に合った仕事を探してみましょう。

仕事に行きたくない気持ちが続くのは危険サイン!

ここまで仕事に行きたくないと思ったときの対処法をご紹介しました。もし、対処法を試しても同じ気持ちが続く場合は注意が必要です。

仕事に行きたくない気持ちはこころの悲鳴です。放っておくとストレスから病気になる恐れもあるため、早めに対処することをおすすめします。

自分の気持ちに耳を傾けてあげよう

まずは、仕事に行きたくない気持ちとしっかり向き合いましょう。落ち着いて考えられる状況で、自分の気持ちに耳を傾けてあげてください。

今の自分の気持ちがマイナスな感情ばかりでも大丈夫です。気持ちを吐き出し、整理することが大切です。

気持ちを整理して、今後どうしていきたいかを考えましょう。休職してこころが回復するのを待つのもよし、思い切って仕事を辞め転職するのもよいでしょう。

大切なのは、これ以上こころに負担をかけないことです。無理をすればするほどストレスから逃れられなくなり、病気になる恐れがあります

ストレスで病気になることも

ストレスはさまざまな病気の原因になると言われています。胃潰瘍や高血圧、脳卒中など体の病気もありますが、ここでは代表的な3つのこころの病気について説明します。

 

こころの病気1.パニック障害

パニック障害は、100人に2、3人の割合で発症すると言われおり、突然の激しい動悸・息苦しさ・冷や汗・めまいなどの症状が起こります。

その症状から「このまま死んでしまうのではないか」という強い不安や恐怖を感じしまう病気で、人によっては、電車に乗れない・外に出れないという症状が出る場合もあります。

 

こころの病気2.適応障害

適応障害は、ストレスが多い出来事が原因となって日常生活に支障をきたす病気です。情緒的障害(うつ気分・不安感)、身体症状(動悸・ふるえ)、行動障害(乱暴な言葉が出る)などの症状あり、ストレスが原因で3か月以内に発症することが多いと言われています。

ストレスが原因のため誰にでも起こりうる可能性があり、適応障害が続くとうつ病など他のこころの病気になる場合もあります。

 

こころの病気3.うつ病

うつ病は、気分の落ち込み・無気力・無関心・マイナス思考などの症状が、2週間以上続く病気です。気分の症状だけではなく、不眠・過眠・食欲減退・過食・疲労感などの身体症状などもあり、「こころの風邪」とも呼ばれています。

適応障害と同じく、誰にでも起こりうる可能性がある病気です。

誰にでも起こりうる病気だからこそ、日頃からストレスに気を付けることが大切です。つらい気持ちを我慢し続けるのは、甘えでも逃げでもありません!

病気になる前に自分の気持ちときちんと向き合い、こころを休めてあげましょう

まとめ

  • 仕事に行きたくないことは誰にでもある!決して珍しい感情ではない。
  • 仕事に行きたくない理由は人それぞれある。環境や性格などで変わる。
  • 仕事に行きたくないと思ったら対処法を知ることが大切。
  • 自分の気持ちや状況に合った対処法を見つけることが大切。
  • 仕事に行きたくない気持ちが続くのは「こころの悲鳴」の現れ。
  • 病気になる前にこころを休ませてあげることが重要。

仕事をしていれば、嫌なこともつらいこともあるかと思います。仕事に行きたくない気持ちは「こころの疲れ」ととらえ、自分の気持ちや状況に合った対処法を実践しましょう。我慢を続けていると、ストレスが原因で病気になる恐れがあるので注意が必要です。