キャリアチェンジ成功の秘訣?失敗から学ぶ意識すべき大切なスキル!

転職を考えるきっかけは人それぞれです。

「さまざまなスキルを身に付けたい!」と、今とは違う職種にチャレンジするために転職を考える人もいます。
また、今の業界が嫌になり、ほかの業界へ転職したいと悩んでいる人もいるでしょう。

いずれにせよ、変わりたい気持ちを持ちながらも、今まで経験してきたキャリアを捨て、新たな業界や職種へ挑戦するのはだれでも不安になるものです。

この記事では、未経験の業界や職種への転職「キャリアチェンジ」を成功させるポイントをまとめました

キャリアチェンジで失敗したくないという人はぜひ参考にしてみてください。

転職の考え方は人それぞれ


転職を考えるとき、「今までの経験が無駄になるのでは?」と不安を覚える人もいるでしょう。

まったく違う職種に転職すると、今までのキャリアは、活かされないのでしょうか?
もちろん、業界や職種によっては活かせないスキルや経験もあります。

しかし、転職しても十分活かすことができるスキルや経験もあるはずですす。

しかし、何も考えずに転職してしまうと失敗する可能性もあります。転職をするなら、自分の強みを知り、第三者のサポートを受けるなどポイントをおさえる必要があります。

では、具体的にどのようにしてキャリアを活かしつつ職種を変える「キャリアチェンジ」をしていけばよいのでしょうか。

キャリアチェンジとは


そもそも、キャリアチェンジとは、どういう意味を持つのでしょうか。

「転職と同じなのか」や、「キャリアアップとは違うのか」など疑問を抱いている人もいらっしゃるでしょう。

ここでは、キャリアチェンジについて説明します。

転職という枠組みのひとつ

キャリアチェンジは転職と同じ意味でもありますが、ここでは、転職という枠組みの「ひとつのカテゴリー」と考えましょう。

転職先に、今までと同じ仕事内容を選ぶのではなく、基本的にほかの業界や職種へ転職することが「キャリアチェンジ」です。

キャリアチェンジに明確な定義はなく、同じ業界内でほかの職種へ転職することや、同じ職種でほかの業界へ転職することもキャリアチェンジとされるケースがあります。

まず、違う業界で未経験の職種をするのは、もちろんキャリアチェンジです。

そして、食品会社の営業部門から、ほかの食品会社の製造部門へ転職するのもキャリアチェンジといえます。。

さらに、食品会社の営業部門から、保険会社の営業部門へ転職するのも、取り扱う商品が変わるのでキャリアチェンジといえるのです。

基本的には「今の仕事内容とは違う会社へ転職すること」と考えておきましょう

キャリアアップとは違う?

キャリアアップは今までの業界や職種で役職や地位、待遇などを高めることを指します。

つまり、転職しても、転職せずに今の会社のままでも、これまでのキャリアを活かすことで、現状からさらに高い状態へ伸びていくのがキャリアアップです。

一方、キャリアチェンジは、これまで経験・習得してきた職務内容から、 まったく別の経験のない仕事へ変わることを指します。

仕事内容や環境も変化するので、 これまで自分自身が経験・習得してきた技術が次に活かされない可能性もあります。

しかし、キャリアチェンジは、現状伸び悩んでいる人にとって、新しい可能性を探ることができるチャンスにもなり得ます。

つまり、キャリアアップは現状の土台をさらに積み上げる仕事の選択、キャリアチェンジは新しく土台を広げていく選択ともいえます。

キャリアチェンジにメリットは?


キャリアチェンジは、一般的に経験やスキルを活かすことが難しい転職といわれています。

ここでは、キャリアチェンジをするメリットとデメリットを紹介します。

メリットは気持ちが前向きに!

キャリアチェンジのメリットは、気持ちや人間関係、仕切り直しができること、そして自分の可能性を広げられることです。

たとえば、自分がやってみたかった興味ある職種へ転職することで、仕事に対して気持ちが前向きになります。

また、嫌だった会社や職種から転職することで、新しいことへ挑戦するというモチベーションを高めることも期待できるます。

それ以外にも、違う職種を経験することにより、さまざまな知識やスキルを身につけられるようになるはずです。

そんな中、キャリアチェンジによって新しい人間関係を構築することもできます。。

キャリアチェンジは前向きな気持ちになるだけではなく、スキルの幅が増えたりコミュニケーション能力が向上したりと、さまざまなメリットが期待できるのです。

デメリットは収入が減る可能性

キャリアチェンジは、未経験の業界や職種への転職です。

そのため、デメリットとして最初は収入が減る可能性があります。

また、転職前よりも会社の規模が小さくなるケースもあります。企業の大きさにステータスを感じる人には受け入れがたい転職になる可能性もあるのです。

そして、仕事が嫌でキャリアチェンジしたのにも関わらず、転職先の仕事も自分にマッチしないなどの失敗もありえます。

では、キャリアチェンジの失敗には、どのような要因があるのでしょうか。

キャリアチェンジによる失敗とは


転職方法を間違うと、キャリアチェンジしてから後悔してしまうケースも少なくありません。

ここではそんな失敗してしまった例を紹介します。

失敗例から学び、キャリアチェンジを成功させるヒントにしてみてください。

業界の情報不足により後悔する

転職先である業界の情報不足により、想像していたような業務ではなく前職とほとんど変わらない仕事だったというケースもあります。

業務内容を変えたくてキャリアチェンジした人にとっては、キャリアチェンジが成功したとはいえないのではないでしょうか。

また、キャリアチェンジでは収入が減ることがあるので、業務の内容が同じなら「収入を減らしてまで転職する必要はなかった」と後悔がうまれます。

モチベーションを保つことが難しくなり、前職と同じように会社や業務内容に不満を感じながら仕事を続けることになり、再び「転職したい」と考えてしまうきっかけになりかねません。

この失敗例は、リサーチ不足によるものです。

ほかの業界や職種へキャリアチェンジするなら、実際に働いている人の口コミや求人会社などの専門家から情報をえるようにしましょう。

前職にこだわり仕事を覚えない

自分で決断しほかの職種へキャリアチェンジしたのにも関わらず「前の職場ではこうだった」などと、転職先のノウハウを否定する人もいます。

職種が変わるので、仕事のやり方や進め方が変わるのは当然のことです。

受け入れられないのに「なぜキャリアチェンジしたの?」となってしまいます。

転職先のノウハウを否定するということは、仕事を覚えられないことにつながり、モチベーションの低下や新しい職場での人間関係がうまくいかない原因になります。

こういった不満は、前職を長く経験した人や、前の会社より小規模な企業へ転職した人に多い傾向があります。前の会社の常識が、社会の一般常識と思い込んでしまっているのです。

企業には人間各々がそうであるように、それぞれの常識があります。未経験の業界や職種に転職するなら、その常識を受け入れる必要があるのです。

職場に馴染めなかった

「職場の人たちと話が合わない」という、コミュニケーションの問題で転職したのにも関わらず、転職先でもコミュニケーションが取れないという失敗例もあります。

前職のときは「職場の人たちに問題があって話が合わない」と考えていたことが、実際は自分に問題があったというケースです。

コミュニケーションの問題は、他人が原因だと考える前に、まず自分に原因はないのか考えてみましょう。

こんな風に、キャリアチェンジに失敗例は多々あります。では、キャリアチェンジを成功させるにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

成功のポイントは失敗を参考に!


「失敗は成功のもと」といわれているように、キャリアチェンジは失敗例を参考にすることで成功へ導くことができるはずです。

ここでは、キャリアチェンジを成功させるためのポイントを紹介します。

ポータブルスキルの検証

スキルは仕事のノウハウだけではありません。

失敗例でもあったようにコミュニケーション能力や、人の意見を受け入れる柔軟な考え方なども大切なスキルといえます。

「ポータブルスキル」はご存知でしょうか。性格や人柄もスキルとしている、厚生労働省が提唱しているスキルのカテゴリーです。

ポータブルスキルを理解し、自分の強みと弱みを知ることでキャリアチェンジの成功に役立てましょう。

職種を変えても持ち出せるスキル

ポータブルスキルとは、業界や職種を変えても持ち出し可能なスキルのことです。

持ち出し可能なスキルというのは、専門的な知識や技術のほかに「仕事の進め方」や「人間関係」においてのスキルを指します。

仕事の進め方においてのスキル

キャリアチェンジして業務内容が変わっても、仕事の進め方が上手な人はポータブルスキルを備えているといえます。以下のようなことが「仕事の進め方」においてのスキルです。

  • 「現状の把握」やるべき業務のために必要な情報の収集や分析などのスキル
  • 「課題の設定」業務などに関わる課題を設定するスキル
  • 「計画の立案」業務や課題を進めるための計画を立案するスキル
  • 「課題の遂行」業務を進めるうえでの、問題点や課題の排除や乗り越えるためのスキル
  • 「状況への対応」意図せずに起こった状況へ対応できるスキル

これらの仕事の進め方は、業界や職種が変わっても転職先で通用するスキルだといえるでしょう。

人間関係においてのスキル

他人との接し方は、どこへ転職しても重要なスキルといえます。

社内の同僚や上司、社外などへ対しても、優れたコミュニケーションや振る舞いなどは持ち出せるスキルです。

自分にはどのようなポータブルスキルが備わっているのかを考慮し転職先を選ぶことも、キャリアチェンジを成功させるためには必要といえるのではないでしょうか。

なぜ職種を変えたいのかを明確に

仕事内容や人間関係が嫌になって転職を考える人もいますが、転職後に後悔してしまう人も多くいます。

なぜ、「後悔した…」と感じるのか、原因となりそうなことを転職前に考えておくべきです。思いつくことのすべてを書き出して、自分には対応可能かを照らしてみましょう。

たとえば、仕事内容に飽きてしまったという理由でキャリアチェンジしたとしても、年収が低くなり生活に大きな影響がでる場合もあります。

家族がいるなら深刻な問題に直結するかもしれません。

また、人間関係が嫌で転職する場合、転職先で上手に人づき合いができるのかという問題もあります。

こんな風に、お金がないことや人間関係が嫌になったことでの転職を「後悔した…」と感じる人は少なくありません。

転職の理由を明確にし、現在だけではなく未来もしっかりと意識してキャリアチェンジを考えましょう。

そもそも転職するときには、「自分の年齢で転職は大丈夫?」と考える人もいることでしょう。

ここからは、キャリアチェンジに関係のある年齢の話を詳しく見ていきましょう。

年代で異なるキャリアチェンジ


キャリアチェンジを決断するとき、年齢をネックに感じる人もいるでしょう。

確かに年齢によって就けない職業もあります。しかし、キャリアチェンジが不可能ということはありません。

ここでは、年代ごとのキャリアチェンジについて紹介します。

20代でのキャリアチェンジ

考え方に柔軟性があり業務を理解するスピードがよく、将来的に企業にマッチした戦力となる人材を育てられるので、キャリアチェンジにおいてもっとも需要がある年代です。

また、一度社会人経験があるので、一般的な社会人マナーを兼ね備えている人材が多く、新入社員研修などのコストも抑えられるので、企業によっては積極的に採用しています。

将来的に転職を考えているなら、積極的にキャリアチェンジに挑戦すべき年代でしょう。

30代でのキャリアチェンジ

結婚し家族がいる人も少なくはない年代なので、キャリアチェンジした場合のリスクをしっかりと洗い出し、家族の了承と解決できる目途があるなら挑戦してもよいかもしれません。

前職である程度の収入がある年代のため、キャリアチェンジによって年収が減ってしまうことは覚悟しておく必要があります。

また、企業が30代に求めているいるのは、即戦力としての人材であることがほとんどです。

「会社が嫌だから転職したい」とネガティブな考えで、安易にキャリアチェンジしてしまうと、転職先でプレッシャーに押し潰されてしまい、再び「転職したい…」となりかねません。

30代でキャリアチェンジを成功させるには「環境を変えてチャレンジしたい!」「新しいスキルを身につけたい!」などのモチベーションを保てる前向きな気持ちが必要です。

40代でのキャリアチェンジ

40代は、家族がいれば子どもの教育費にお金が掛る時期ではないでしょうか。

キャリアチェンジするには、転職先が決まってから退職するなど、収入を切らさないようにする必要があります。

お金の問題など、さまざまなリスクがある年代ではありますが、企業からの需要がないといわけではありません。

前章で触れた「ポータブルスキル」については、20代や30代に比べても多くのスキルを備えている人材が多い年代です。

自己分析などで自分のスキルや強みを把握し、自分にマッチした転職先を見つけることができれば、キャリアチェンジも不可能ではないかもしれません。

年代によって違いはありますが、自分にマッチした職種を見つけだすのは、難しかったり不安を感じたりするものです。

自分に合った企業へのキャリアチェンジを目指すなら、専門家に相談してみる方法もあります。

不安?転職エージェントへ相談!


キャリアチェンジには「転職エージェント」という、無料で利用できる転職に特化した求人サポートサービスがおすすめです。

なぜ、転職エージェントがおすすめなのかを紹介しましょう。

自分に合った企業と出会える!

転職エージェントに登録することで専属のアドバイザーがつき、カウンセリングなどの面談によって自分にマッチした転職先を紹介してくれます。

自分がどういう人材なのかを把握してから企業を紹介してくれるので、転職してから「後悔した」というケースを少なくできるでしょう。

もちろん、賃金や勤務形態などの希望も伝えられるため、条件に合った企業を探してくれます。

また、企業側がどのような人材を探しているのかも把握しているので、企業にニーズある社員として入社することも可能です。

企業と人材の双方が望む結果でキャリアチェンジできたなら、モチベーションを保って仕事に取り組むことができるのではないでしょうか。

内定までしっかりサポート!

転職エージェントは、企業から内定をもらえるまで、しっかりとサポートしてくれます。

転職活動が初めての場合でも、履歴書の書き方や面接での振る舞い方など、転職のプロがしっかりとサポートしてくれるので安心です。

また、エージェントによっては、希望する企業とのつながりがある可能性もあり、募集ニーズがあれば企業へ推薦状を書いてくれるケースもあるかもしれません。

賃金条件など、自分で進める一般的な転職活動では難しいことも、自分に代わって企業と交渉してくれるので、キャリアチェンジであっても収入が高くなるケースもあります。

キャリアチェンジを有利にしたいなら、転職エージェントへの依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、キャリアチェンジするときの注意点と、失敗を減らす転職エージェントのおすすめポイントについてご紹介してきました。

  • ほかの業界や職種へ転職することをキャリアチェンジという
  • キャリアチェンジでは、転職後にキャリアを活かせないケースもある
  • キャリアチェンジのメリットは、心機一転で仕事に取り組める
  • キャリアチェンジのデメリットは、収入が低くなるケースが少なくないこと
  • キャリアチェンジに成功するためには、失敗例からヒントをえる
  • 「ポータブルスキル」という、転職で活かせるスキルカテゴリーがある
  • 若い年代のほうがキャリアチェンジに向いている
  • 転職エージェントなら転職に特化したサービスが受けられる

キャリアチェンジでは、今までのスキルが無駄になると考えてしまいがちですが、ポータブルスキルのように、社会人生活でと成長しているスキルもあります。

不安を取り除き、上手にキャリアチェンジするためにも、転職エージェントなどの専門家への相談を検討してみてはいかがでしょうか。