「仕事がつまらない」安易に転職は危険!その原因と試したい解決策

たとえ「好きな仕事を選んだ」と思っていても、「仕事がつまらない」という気持ちは誰にでも訪れるものです。

しかし、「仕事がつまらない」という気持ちに流されて安易に転職を考えるのは危険です。

今回は仕事がつまらないときに仕事を辞めたくなる原因と、転職する前にまず試してほしい解決策をご紹介します

「毎日仕事がつまらなくてつらい」と感じているなら、ぜひ参考にしてください。

目次

よくある「仕事がつまらない」パターン3 つ

「仕事がつまらない」と感じるパターンとして、主に以下の3つの状況が考えられます。

  1. 大企業勤めの場合
  2. 3年目以降になった場合
  3. 契約・派遣社員の場合

それぞれの場合について詳しく説明していきます。

1.大企業勤めの場合

「念願の大企業に入社できた!」と喜んでいる人ほど仕事につまらなさを感じてしまうことがあります。その理由は以下の2つです。

  • 「大企業に入社する」ことが目標になっていた
  • 「ベンチャーのほうがやりがいがあったのでは」とほかの企業が気になってしまう

「どんな仕事をするか」ではなく「どこで仕事をするか」を目標に就活をしていると、入社後の仕事がつまらなく感じてしまうことが多々あります。

「大企業に入社」という目標を達成したので、日々の仕事において目標をもつことができなくなるのです。

また、隣の芝生は青いものです。せっかく大企業に入れたのに、「ベンチャーならもっとやりがいがあったのでは…」などと考えてしまうことがあります。

2.3年目以降になった場合

「仕事は3年続けるべき」といわれるよう、3年同じ仕事を続けていると一とおりのことがわかってきます。

そのために仕事にもの足りなさを感じたり、飽きてしまったりして、以前感じていたようなやりがいを見失ってしまうことがあります。

3.契約・派遣社員の場合

契約・派遣社員は「労働力」として雇われていることが多く、頭を使うことよりも手を動かす単調な仕事を任されがちです。

作業の波によって「忙しいときと暇なときの差が激しい」状況になりやすく、暇なときは仕事がつまらなくなるかもしれません。

「仕事がつまらない」考えられる主な理由6つ

仕事がつまらないときに考えられる具体的な理由は何なのでしょうか。よくある「仕事がつまらない理由」は以下の6つです。

  1. 仕事があっていない
  2. 人間関係がよくない
  3. 労働環境が悪い
  4. 正当に評価されていない
  5. 結果を出せていない
  6. 成長が期待できない

なぜ自分は「仕事がつまらない」を感じているのか、それぞれの理由と原因を探ってみましょう。

1.仕事内容があっていない

特に新卒でありがちなのが、「仕事内容があっていない」せいで仕事がつまらなくなってしまっている状況です。

名前だけで企業を選ぶと、自分の特性や強みを活かせない仕事に就いてしまうことがあります。

また、大企業では自分にあっていない部署に配属されることも考えられます。

今、自分のやりたい仕事ができているかどうかを見直してみましょう

2.人間関係がよくない

会社にパワハラ上司がいたり、いじめをしてくる先輩がいませんか?

人間関係が悪いと会社自体に行きたくなくなってしまいます。

嫌な人はどこにでもいるものですが、あまりにも人間関係がよくない場合は改善が必要です。

3.労働環境が悪い

毎日残業が続いている、休日出勤が多い、給料が少ない、手当がつかない…。

そんな風に、労働環境に不満はありませんか。

せっかく頑張って仕事をしていても労働環境が劣悪だと、身体と心の疲れから「仕事がつまらない」と感じてしまいます。

4.正当に評価されていない

自分の頑張りは上司から正当に評価されていますか?

自分の手柄を上司に横取りされたり、評価がボーナスに反映されていなかったりすると、やる気がなくなります。

やる気がないと、仕事がつまらなくなるのも仕方がありません。

5.結果を出せていない

頑張っているのに仕事で結果を出せていないと、仕事がつまらなく感じます。

人間関係や労働環境には文句がないのに、仕事で結果を出せないと辛くなります。

どうすれば結果がついてくるのか、信頼できる上司に客観的なアドバイスをもらいましょう。

6.成長が期待できない

上司や先輩の姿を見て「こうなりたくない」「自分の目標はここでは達成できない」と感じていませんか?

仕事はお金のためだけでなく、自己実現のためのものでもあります。

成長ができないとわかってしまうと、仕事へのやる気も面白みもなくなってしまいます

仕事がつまらないときにやっては危険!避けるべき5つの事項

仕事がつまらない日が続くと、その気持ちをふり切るために安易な行動に走ってしまうかもしれません。

しかし、いくら辛くても以下の5つは避けなければなりません。

  1. 無断欠席
  2. その場で即日退職
  3. 安易に転職活動を始める
  4. 上司や同僚に愚痴をいう
  5. 自分の気持ちを抑え込む

これらの行動をとってしまうと、信用を失ったり、自分の気持ちがわからなくなったり、後で悔やむことになってしまいます。

1.無断欠勤

仕事がつまらなくて欠勤したい際には必ず連絡をしましょう。

電話をするのが面倒に感じるかもしれませんが、無断欠勤するとさらに面倒なことになります。

次の日に無断欠勤の理由を根掘り葉掘り聞かれたり、始末書を書かされたり、心配した上司が家まで様子を伺いに来ることまで考えられます。

2.その場で即日退職

「こんなつまらない仕事ならやめたほうがまし」と、気持ちに任せて即日退職することは避けてください。

最低でも2週間前には通知しないと会社にも迷惑がかかります。

また、次の仕事のあてもなく退職してしまうと、経済的に苦しくなる可能性もあります。

退職に関してはよく考えましょう。

3.安易に転職活動を始める

仕事がつまらないからと、安易に転職活動を始めるのはおすすめできません。

「本当に転職活動が必要なのか」をよく考えましょう。

安易に転職しても、また次の職場で仕事がつまらなくなり、転職を繰り返すようになってしまうことがあるからです。

まずは今の状況の中で仕事のつまらなさが解決できないかどうか、試してみましょう。

4.上司や同僚に愚痴をいう

上司や同僚の耳には愚痴を入れないようにしてください。

彼らのやる気を奪うことになりかねず、またひどい場合だと上の人間に告げ口されたりと足を引っ張られかねません。

職場の愚痴をいいたいなら、無関係な家族や友達に聞いてもらうことをおすすめします。

5.自分の気持ちを抑え込む

真面目な人は特に自分の気持ちを抑えこんで仕事に行こうとしますが、体や心が正常じゃないい時は休みも必要です。

「仕事はつまらなくて当然」ではありません。

自分の気持ちを無視し続けると、ある日突然うつ病が発症してしまう可能性もあります

自分の気持ちを抑え込むとうつ病になる可能性も

自分の心に蓋をしたまま仕事を続けると、うつ病を発症してしまうことがあります。

また、うつ病は一度発症すると完治させるのが難しい病気です。。

うつ病の兆候を知って、体と心が発する危険信号を察知し、深刻な状態に陥らないようにできる対策を頭にいれておきましょう。

うつ病は「つまらない」「つらい」気持ちを抑えすぎると発症する

うつ病は精神的・身体的なストレスが重なって発症し、脳の機能に障害を引き起こします。

否定的なものの見方になったり、普段気にならない小さなことにストレスを覚えるようになります。

うつ病の兆候とは

うつ病の兆候は以下のようなものが挙げられます。

 

気持ちに現れる兆候

  • 憂うつな気持ちが続く
  • 楽しくない・何にも興味がわかない
  • イライラする
  • 自分が無価値だと思う
  • 死にたくなる

 

身体に現れる兆候

  • 食欲がない
  • 身体がだるい
  • 常に眠い、もしくは眠れなくなる
  • 頭痛・肩こり・めまいがひどい

 

見た目に現れる兆候

  • 表情が暗い
  • 涙もろくなった
  • 反応が遅い
  • 落ち着かない
  • 飲酒量が増える

(引用:厚生労働省「みんなのメンタルヘルス」)

うつ病は見た目にも現れるので、周りが気づいてくれることもあります。

自分の状態を理解し、まわりの声に耳を傾け、早く休んだり、治療をおこなったりほどうつ病の改善が早まります。

うつ病の兆候に気づいたときには休息をとり、心療内科を受診しましょう

仕事がつまらないときに試したい!おすすめ解決策7つ

仕事がつまらないと感じる日々が続くときは、以下の7つの解決策を試してみてください。

  1. 休憩・休暇を取る
  2. 社内で仕事を作り出す
  3. 副業をはじめる
  4. 将来像とキャリアプランを明確にする
  5. 現職の期限を決めてみる
  6. 社外の友達の話を聞く
  7. 社内の人たちとのコミュニケーションに特化してみる

この解決策によって、仕事へのモチベーションが戻ったり、仕事に楽しさを見出せる可能性があります。

転職を考える前に、まず一度、自分ができることから試してみましょう。

1.休憩・休暇を取る

身体的・精神的に疲れているせいで仕事を楽しめないというときは、休憩を意識的にとりましょう。

また、長期的な休暇をとるのも効果的です。

気持ちをリフレッシュすることで、またやる気が戻ってきます。

2.社内で仕事を作り出す

「仕事内容が合わない」「もの足りない」なら、自分自身で仕事を作り出してみましょう。

社内のリソースを使った提案をしてみたり、社内制度の改善を促したり、新規顧客を開拓してみたり、さまざまな挑戦ができるはずです。

3.副業をはじめる

仕事内容に不満がある場合、やってみたいことを副業として始めるのも方法です。

副業をすることで日々にメリハリがつき、定時で帰るために仕事を頑張るようになれるかもしれません。

副業が軌道に乗ったらその分野で転職するのもありですし、独立も視野に入れることができます。

4.将来像とキャリアプランを明確にする

「成長ができない」と思うなら、自分がどんなビジネスパーソンになりたいかということを再度定義してみてください。

将来像とキャリアプランを明確にすることで、今の自分や職場に足りていないことがわかります。

足りていないものを把握し、それがどうしても現職で手に入らないのなら、そこではじめて転職も選択肢に入れてみてください。

5.現職の期限を決めてみる

「〜〜までは頑張る」と現職の期限を決めることで頑張ることができる可能性があります。

頑張ることで仕事が軌道にのったり、楽しくなったりすることで、「もうちょっと期限を延ばそう」と思うこともあるかもしれません。

一度自分の中で区切りをつけることで、無理のしすぎを防ぐことができます。

6.社外の友達の話を聞く

仕事がつまらないなら、社外の友達に相談するのもよいでしょう。

友達は仕事が楽しいのか、なぜ自分は仕事がつまらないのかについて聞いてみてください。

違う仕事でも同じようなことを感じていたり、悩んでいる場合は、転職下からと解決する問題じゃないことに気づくかもしれません。

また、転職経験のある友達なら、今自分が職場を変えるべきかということについても客観的なアドバイスをくれるでしょう

7.社内の人たちとのコミュニケーションに特化してみる

仕事がつまらないなら、コミュニケーションだけでも頑張ってみるという方法もあります。

仕事はあまりやる気にならなくても、そのかわりに積極的にあいさつをしたり、世間話をしてみてください。

社内の人たちとコミュニケーションを意識することで、仲が深まります。

そうなると仕事を助けてくれるようになったり、気にかけてくれるようになったり、頼られることでつまらなかった仕事が楽しくなることがあります。

それでも仕事がつまらないなら…転職エージェントへの相談がおすすめ

上記の解決方法をすべて試してみたものの「やっぱり仕事がつまらない」という思いが消えないことがあります。

そんなときには、転職が必要かもしれません。

仕事がつまらなくて転職したいときにおすすめなのが、転職エージェントに相談してみることです。

ここでは、転職エージェントを利用するメリットについて説明します。

転職すべきかどうか一緒に考えてくれる

「転職したい」という場合でも現職に残ったほうがよいこともあります。

転職エージェントは市場価値の視点でも「今転職すべきかどうか」の判断を手伝ってくれます。

「もうあと1年経験を積めば転職市場での価値が高くなる」など、自分では判断できない観点からアドバイスをしてくれることもあります。

ただ、根拠なく転職を無理強いしてくる転職エージェントには気をつけましょう。

ノルマのために転職させたいだけの可能性もあります。

自分にあった仕事を紹介してくれる

現在のに仕事内容が自分にあっていないと感じる場合には転職エージェントの利用をおすすめします。

現状をヒアリングし、自分に最適な求人を紹介してくれるからです。

転職エージェントは膨大な数の転職を手伝っているため、どんな仕事が自分に向いているのかを的確に判断してくれます。

効率よく転職活動を進めることができる

転職エージェントは以下のサービスを提供してくれます。

  • 転職相談
  • 求人紹介
  • 面接のセッティング
  • 内定への口添え
  • 内定後の条件交渉
  • 入社後のアフターフォロー

つまり、1~10まで自分でしなければいけないことを、転職エージェントを利用すれば、スムーズに誘導し、就職までお世話をしてくれるというメリットがあるのです。。

ぜひ転職エージェントを利用して効率的に転職活動をおこなってめください

まとめ

仕事がつまらないときが続くと、安易に転職したくなりがちです。しかし、その前に以下のステップを踏むことをおすすめします。

  • なぜ仕事がつまらないのか原因を把握する
  • まずは現職のまま仕事のつまらなさを解決できないか試す
  • それでも仕事がつまらないままなら転職エージェントに相談する

よく考えずに転職するのは自分のためになりませんが、我慢しすぎるのもうつ病の原因になってしまいます。

自分の気持ちを抑えすぎないように気をつけながらも、よく考えるようにしましょう。