仕事に行けない人に知ってほしい!心が軽くなる考え方と対処法

「仕事に行かなければいけないのに体が動かない」

「平日の朝はいつも気分が悪く起き上がれない」

「会社を休むのは罪悪感がある」

「毎朝さわやかに起きて会社に行けるようになりたい」

こんな気持ちを毎日抱えていたら、辛いですよね。心では会社に行かなければとわかっているのに体が思うように動かなかったり、朝起きるのが辛かったりすると自分がただ弱いだけなのかと考えてしまったり。

あなたはなんのために仕事をしていますか?生活のためや、自己実現のためなど、目的はそれぞれ違いますよね。しかし、どんな目的もあなたが健康で元気だからこそ叶うもの。仕事が健康も元気も損なってしまうものであってはならないはずです。

本記事では、会社に行けないと悩んでいる人の心が軽くなるような考え方や対処法をご紹介します。仕事に悩んでいたらぜひ参考にしてみてくださいね。

1.仕事に行けないと毎朝辛いあなたへ

あなたは毎朝、どんな気持ちで目覚めていますか?目覚まし時計が鳴っても布団から出られなかったり、布団にもぐってしまったりという経験がある人もいるでしょう。。気分が悪くなっても、無理やり起きようと体に鞭打ったりしていないでしょうか。

闇雲に無理をしても状況はよくなりませんし、悪化することにもなりかねません。無理をせずゆっくりと休日に自分の状況を確認してみましょう。

心と体の状態を確認しよう

仕事に行く日の朝は、どのような気持ちになりますか?仕事が好きでも嫌いでも、まだ寝たいと思う人はとても多いと思います。、気分がどんより落ち込んだり、悲しくなって涙が出てくる人もいるかもしれません。

体の状態はどうでしょうか。重い感じがする・頭痛や腹痛がある・ベッドを出ることができないなど、休日にはならないような症状が出ていませんか?

心も体も調子が悪ければ、仕事に行くのはとても辛いですよね。結果として行けなくなると、さらに罪悪感を持つ人もとても多いと思います。

しかし、仕事に行けなくても罪悪感を持つ必要はありません。心と体の調子を整えることが仕事に行くことよりもまず大切なことだからです。

仕事に行けない理由を考えてみよう

心と体に不調が出てきた原因はなんでしょうか。仕事に行けない理由はそこにあります。得体の知れない心と体の不調や、仕事に行けない焦りも理由がわかれば少し気持ちが落ち着いてきます。最初は辛いかもしれませんが、じっくり考えてみましょう。

不調の原因は主に2つに分かれます。体が疲れている・休日明けで気分が重い・天気が悪く外に出たくないという一時的なものと、仕事に自信がない・職場の人間関係がうまくいっていないという慢性的なものです。

一時的なものが原因であれば短期間で回復することもできますが、慢性的なものは時間を要するでしょう。まずは自分に当てはまる理由はなにかを考えてみましょう。

休む勇気を持とう

心や体に不調が出ているのであれば、仕事を休みましょう。誰かに遠慮したり罪悪感を持つ必要はありません。勇気を持って休み、自分のコンディションを良くすることも大切な仕事のひとつです。

無理をして悪化してしまえば、回復するまでに時間がかかってしまうことにもなりかねません。大事にいたる前にしっかり休むという勇気を持ちましょう。

心や体に現れる拒絶反応は、病気の危険性をはらんでいます。自律神経失調症やうつ病が発症したり、深刻化する可能性もあるのです。不調に気づいたらすぐ休むようにしましょう。

2.上手く仕事を休むためのポイント

真面目な人ほど、会社を休むのに抵抗があります。迷惑をかけてしまうのではないか、不快に思われてしまうのではないかなど、気にしていませんか?

上手く休む方法をご紹介しますので、休むことに抵抗がある人はぜひ使ってみてください。

当日は体調不良が無難

朝起きたら、どうしても体が動かないという日もあるでしょう。休む場合は体調不良を理由にするのが無難です。

不調の詳細を伝える必要はありません。「体調不良のためお休みさせてください。」とだけ伝えれば大丈夫です。声のトーンで連絡を受けた側も察してくれるでしょう。

しかし、「大丈夫ですか?」「どこか悪いんですか?」などと聞いてくる人もいるかもしれません。

上記のように聞かれた場合は「少し休めば大丈夫だと思います。」「風邪かもしれません。」と、抽象的に回答しておきましょう。

前日は怪しまれない理由に

早起きせずしっかり寝たい場合は、前日に前もって連絡をしておきましょう。前日に連絡する場合は、怪しまれない理由にしなければなりません。元気そうに「明日は体調不良なので休みをください。」とは言えませんよね。

たとえば、以下のような内容であれば前日から休みを伝えておくことが可能です。

  • 家族が体調を崩したため、看病をする。
  • 子供が風邪を引いたため、ひとりにできない。(今日は別の家族がみてくれている。)
  • 知り合いの葬式に出席する。
  • マンションの工事で立会が必要になった。

ポイントは、前日に急に予定が入ったことにするということです。あまり深く掘り下げられないような理由を考えておきましょう。

前日に連絡をしておけば、ゆっくりと朝も休むことができます。

休んだ日と翌日に気をつける

休めたからといって安心してはいけません。休んだ理由によっては過ごし方に注意が必要です。

まず、休む日数についてのポイントです。体調不良や看病であれば数日延びる可能性もありますが、お葬式や家の工事で日数が延びるということは考えられません。上記の理由で休んだ場合、翌日はきちんと仕事に行きましょう。

最も注意が必要なポイントは、休んだ日の過ごし方です。体調不良なのにSNSに投稿したり、髪を切るなど、明らかに元気だとわかってしまうような行動は慎みましょう。

翌日には職場で「体調は大丈夫?」と声をかけてくれる同僚もいるでしょう。慌ててずに「心配ありがとう。おかげさまで良くなりました。」と落ち着いて答えてください。

3.仕事にいきたくない日が続くなら

会社に行きたくないと思う日が続くようであれば、休むことも視野にいれてみてください。休んでも改善しないようであれば、長期休暇や、辞めることも視野に入れてみましょう。

今の会社に行けるようになる方法を考えるより、会社を辞めたほうがよかったということもよくあります。心と体が壊れてしまう前に考えてみてくださいね。

誰かにしっかり話を聞いてもらう

家族や友人・職場の人など信頼して話をできる人に話を聞いてもらいましょう。

自分の頭の中を整理することにもつながりますし、アウトプットすることで心も落ち着いていきます。また、共感してもらうことで安心感を得られたり、客観的な意見を聞くことも可能です。

同じような境遇になったことがある人から、乗り越え方を聞いてみるのもよいでしょう。人間関係の改善方法・仕事でミスをした時の対処法・転職の情報などももらえるかもしれません。

ひとりで抱え込まず、周りの人を頼ってみましょう。ひとりでも、数人でも、とにかく信頼できる人に話してみてください。きっと気持ちが安らぐはずです。

長期休暇をとる

1日や2日休んでみても改善がみられない場合は、長めの休暇をとってみましょう。

土日や休日なども利用して、最低でも5日以上連続して休むのです。できれば1週間以上をおすすめしますが、会社の制度や業務の状況によっては難しいかもしれません。土日祝日をうまく利用し、なるべく長く連続した休暇を取りましょう。

ゆっくりするのはもちろんですが、もし以下のような症状が続いているのであれば、まずは心療内科に行きましょう。

  • 吐き気
  • 頭痛
  • 腹痛
  • 耳鳴り
  • 食欲不振
  • 涙が出る
  • 誰にも会いたくない
  • 体が常に重い
  • 常にイライラする
  • 変な汗が出る
  • 動悸や息切れ

大げさだと思わないで、1度病院で診てもらってください。適した処方をしてもらうことで体も楽になっていきます。

長期休暇なので、何日かは遠出してみるのもリフレッシュになります。普段なかなか行けないようなところに少し足をのばして、のんびりしてみましょう。

休職する

心療内科の先生に相談して、休職するか決めましょう。先生に休職をすすめられたら、なにも迷うことなく休職の手続きを会社と始めてください。

がんばってきた人ほど「うつ病」「自律神経失調症」「休職」などの診断が受入れられないこともあるかもしれません。しかし、ドクターストップがかかるほどの不調だということを理解し、休職に入りましょう。

休職と診断されたらすぐに治療に専念することが必要で、回復にも時間がかかるという状況なのです。仕事や人間関係に気を使うこともいったんお休みして、自分の療養に専念しましょう。

思い切って会社を辞める

会社を辞めるということも対策のひとつです。退職や転職に、今の仕事を続けられないメンタルの弱さや能力のなさなどのネガティブなイメージが湧いてしまうかもしれません。しかし、退職も転職も、決してネガティブなものではありません。

今の仕事でうまくいかないのであれば、次の仕事もうまくいかないのではないかと考えがちです。しかし、仕事によって相性があるものなので、今の仕事でうまくいかなくても次の仕事でうまくいく可能性は十分にあります。

合わないと感じるのであれば、思い切って辞めてしまった方が次の仕事にも早く巡り会うことができます。思い悩み続けるくらいなら、スッキリ辞めた方が精神的負担も軽くなるでしょう。

✔ すぐに退職を希望する方はこちら
吐き気を催す仕事場が正常な環境なはずがありません。

もし仕事を辞めたくても辞められない場合は、退職代行サービスを活用することをおすすめします。
男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

✔ キャリアを見直したい方はこちら
完全無料転職支援サービスを利用することで、キャリアの棚卸しを含めた転職活動ができます。

いち早くキャリアの再スタートを切りたい方はぜひ一度相談をしてみてください。

最低3つのエージェントに登録することで多角的に情報を取得しましょう。

No.1転職エージェント
総合評価 ビズリーチ
求人の数 リクルートエージェント
求人の質 ビズリーチ
傾聴力 dodaエージェント
提案力 マイナビエージェント
返信スピード ビズリーチ
内定スピード ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けのサービスなので、20代の方やこれまでのキャリアにそこまで自信が持てない方は、リクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントの同時登録をおすすめします。

4.一番辛い「朝」を少しずつ変えよう

心や体、仕事のことを考えてきましたが、今度は視点を変えて毎日迎える「朝」に対する習慣を少し変えてみることを考えてみませんか?

前向きになることができるような工夫を取り入れることで、今すぐに朝の気分を変えられるところもあります。ぜひ気になったものは、やってみてくださいね。

目覚ましはお気に入りの曲に

あなたの目覚ましは、携帯のデフォルトで設定されている電子的な音になっていませんか?これを、今あなたの1番のお気に入りの曲に変えてみましょう。

ミュージカル曲、好きなアイドルの曲など、明るくテンポのいい曲がおすすめです。それらを組み合わせて曜日で曲を変えたり、1日でも10分おきに曲を変えるのも楽しいでしょう。思わず体が動いてしまいそうになったり、歌い出しそうになりそうになったりするくらいの曲だとよいでしょう。

気分も明るくなって、その勢いでついベッドから起き上がってしまうかもしれません。

前日に楽しみな予定を計画しておく

前日に、翌日のが楽しみなるような予定を計画しておくのはいかがでしょうか。

友達とのショッピングや飲み会、恋人とのデート・カラオケ・ボーリング・ボルダリングなどで体を動かすのもいいですね。美味しい食事をする、綺麗な夜景を見に行くというのも素敵ですよね。

今日は楽しみな予定のある日だと思えるだけで、1日の楽しみができます。前日までに計画しておくと朝起きたときに思い出して、楽しみがあるから起きないと!と思うことができます。

あなたの好きなことや趣味はなんですか?仕事終わりの時間に、スケジュールを組み込んでしまいましょう。

1日仕事を休む

どうしても調子が上がらないようなら、1日休んでしまいましょう。「休む」という選択肢があっていいということを忘れないでください。

自分に厳しくなりすぎず、本当にしんどいときは休めばいいと自分を追い詰めないようにしましょう。

休んだ日は、違う仕事をしている人の話を聞いてみたり、調べてみてはいかがでしょう。違う世界もあるんだなと思うことができます。行けない仕事のことばかり考える必要はありません。あなたが行きたくなる仕事がきっとあるはずです。

まとめ

本記事のポイントは、以下の通りです。

  • 仕事に行けない時は、今の自分の心と体の状態を確認しましょう。
  • 仕事に理由を考えてみて、休む勇気も持ちましょう。
  • 当日欠勤は体調不良を理由にするのが無難です。
  • 休む前日から連絡する場合は、怪しまれないような理由にしましょう。
  • 休んだ日と翌日は過ごし方や発言に注意しましょう。
  • 仕事に行きたくない日が続いたら、長期休暇や休職などの選択肢を考えましょう。
  • 辛い朝は少し工夫をしてみましょう。

今回の記事では、仕事に行けなくて悩んでいる人に知ってほしい心が軽くなるような考え方や対処法をまとめました。

あなたの仕事の悩みが少しでも解消され、明日の朝が今日よりも爽やかに起きられますように。そして行きたくなる仕事に就けますように。心から祈っています。