転職したけどつらい…つらい理由・つらい時期を乗り越える4つの方法

「新しい職場にいつまで経っても慣れないな…仲のよい人もできないし…」

「せっかく転職できたけど、しんどすぎて辞めたい」

このように、転職したけどつらいと感じている人も多いのではないでしょうか?

また、転職活動を乗り越えて就職できた職場のため「頑張って仕事を続けたい!」と思っている人も多いでしょう。

本記事では、転職後に苦痛に感じながらも、仕事を頑張っている人に向けて、つらい理由・つらい時期を乗り越える方法をご紹介します。

さらに、転職後の環境変化などがつらく、ストレスで引き起こる心身の不調から、再転職を検討する際のポイントも解説します。

慣れない環境でも仕事を続けている人は、本記事を参考に、つらい気持ちが解消されると幸いです。

転職がつらくても乗り越える方法がある

転職は新しい環境に身をおくため、ときには「つらい…」と感じるのも自然なことです。

しかし、転職後の苦しい時期を乗り越える方法もあります。実践すると嫌な気分が緩和されて、新しい職場で働き続けることができます。

転職後の不快ない時期を乗り越える方法を確認する前に、まずはつらいと感じる理由・つらい時期はいつまで続くのかを把握しておきましょう。

転職後に感じる6つのつらい理由

転職後につらいと感じる理由は6つあります。ひとつずつ見ていきましょう。

労働時間が長くなった・残業が増えた

ひとつ目の転職後につらいと感じる理由として、前の職場に比べて労働時間や残業が増える場合が挙げられます。

労働時間の変化に体のリズムを合わせる必要があるため、慣れるまで疲労が溜まります。また、残業が増えることや日勤・夜勤など、シフト制の職場への転職も、心身ともにストレスが蓄積しやすいです。

労働時間や残業の増加を事前に把握している場合は、ある程度覚悟を持って出勤できます。しかし「聞いていた話と違う」「求人内容と実際の雇用契約書が異なる」のような問題が発生した場合は、転職後につらいと感じてしまうのです。

通勤時間が変わって生活リズムが崩れている

ふたつ目の理由は、通勤時間が変化して生活リズムが崩れることです。

新しい職場が前の職場よりも遠いエリアになってしまうと、自宅から出る時間を早めないといけないため、起床時間や朝の支度を工夫しなければなりません。

終業時間によっては、自宅から遠いエリアの職場になるほど帰宅する時間も遅くなるので、夜の生活リズムも崩れがちになります。新しい生活リズムに慣れるまではつらいと感じる人が多いです。

職場の人間関係に慣れていない

3つ目の理由は、新しい職場の人間関係に慣れていない状況です。転職すると知らない人ばかりと顔を合わせるため、人間関係を一から構築しなければなりません。お互い知らない人同士のため、慣れるまでは気をつかう場面が多くなります。

  • どのような性格なのか
  • 距離感をどのように測ればよいのか

上記のポイントを把握するまでは、職場でリラックスできない状態が続き、つらいと感じてしまいます。

社風や職場のルールに慣れていない

4つ目の理由は、社風や職場のルールに慣れていないことです。各職場には独特の社風やルールが存在します。

  • 始業時間の30分前には出勤する
  • 無駄な会議が多い
  • 休憩時間が取りづらい
  • 新しい技術を取り入れない
  • 飲み会や会社のイベントへの強制参加

「前職では考えられない…」と思えるようなルールが存在します。新しい職場では当たり前になっていることが多く、自分も合わせないといけない雰囲気が出ます。社風や職場のルールに慣れるまでは「つらいな…しんどいな…」と感じてしまうのです。

業務内容の理解が追いついていない

5つ目の理由は、新しい職場の業務内容の理解が追いついていないことです。

前職と同業種への転職であったとしても、職場によって業務内容や進行の仕方は異なることがあります。一方、異業種への転職の場合は、覚えることも多く、業務内容を完全に理解するまで時間がかかります。

新しい職場の業務内容を理解し、問題なく進めることができるようになるまでは、つらく感じることが多くなります。

仕事でミスが続いている

6つ目の理由は、新しい職場の仕事でミスが続いている状態です。

周りの人が滞りなく仕事をする、慣れない仕事に四苦八苦し、ミスが続いてしまうと、自分の能力が劣っているように感じてしまいます

新しい職場の業務内容に慣れミスが減るまでは、精神的に参ってしまうことがあります。

ここまでご紹介した6つの理由が、転職後につらいと感じてしまう原因です。次の項目から、転職後のつらい時期はいつまで続くのかを解説します。

転職後のつらい時期はいつまで?

転職後につらいと感じるのは、主に3つの時期に大別されます。ひとつずつ解説していきます。

職場環境に慣れるまで

ひとつ目の転職後のつらい時期は、職場環境に慣れるまでです。特に次の3つに慣れるまでは、転職後につらいと感じてしまいます。

  • 労働時間や残業の増加に体が慣れるまで
  • 通勤、出勤、帰宅時間に適応するまで
  • 社風や職場のルールに慣れるまで

上記の職場環境に慣れるまでは数か月の時間を要します。転職直後はつらと感じる日々が続きますが、時間とともに体も適用していき、しんどい気持ちも減少します。

人間関係に慣れるまで

ふたつ目の時期は、人間関係に慣れるまでです。新しい上司・先輩・同僚と人間関係を構築するまではつらいと感じることが多くなります。また、業務内容によって人間関係に慣れる時期が異なります。

社内での仕事が多い人

オフィスでパソコン作業が多く、新しい職場の人と顔を合わせる機会が多い人は、上司・先輩・同僚と話すタイミングも多くなります。コミュニケーションの取り方や時間の経過によって、仲よくなる機会が増えるものの慣れるまでは大変です。

社外での仕事が多い人

営業などで社外に出る機会が多い人は、新しい職場の人と顔を合わせる機会が少ない分、気を張る場面は少なくなります。

しかし、人間関係を構築するタイミングが減るため、上司・先輩・同僚の性格の把握や距離感を掴むまでに時間がかかります。

このように社内・社外どちらの仕事が多いかで、人間関係に慣れるまでの時期が異なります。とはいえ、数か月〜半年ほど経つと、人間関係が構築でき仲のよい人を作ることもできます。そうすれば、おのずとつらい気持ちも少なくなるでしょう。

業務内容に慣れるまで

3つ目の時期は、業務内容に慣れるまでです。前職と同業種に就職した人は細かい業務内容の違いをクリアすると、慣れるまで時間はかかりません。しかし、取得したばかりの資格を武器にして転職した人や異業種に転職した人は、業務内容を覚えることに時間がかかります。

業種や業務内容によって慣れる時期は異なりますが、数週間〜数か月でスムーズに仕事ができるようになります。慣れた後はミスも減り自分に自信をもつことができるでしょう

ここまで、6つの転職がつらいと感じる理由と、3つの転職後のつらい時期を解説しました。次の項目から、転職後のつらい時期を乗り越える方法をご紹介します。

つらい時期を乗り越える4つの方法

転職後のつらい時期を乗り越える方法は4つあります。「せっかく転職できたのだから仕事を続けたい!」と頑張っている人は、ぜひ実行してみてください。

規則正しい生活を心がける

ひとつ目の転職後の踏ん張りどきを乗り越えるためには、規則正しい生活を心がけることです。

規則正しい生活を心がけると、心身が健康になり転職後の疲労を軽減できます。規則正しい生活をするためには、睡眠・運動・食事の3つに気を配る必要があります。それぞれについて、特に気をつけたいポイントを解説します。

睡眠

人間はストレスを感じると自律神経のひとつである交感神経が優位になり、脳や体を興奮させます。

興奮状態が続くと眠れない・寝ても疲れが取れない、などの睡眠障害を引き起こします。転職後は、職場環境・人間関係・業務内容に慣れるまで心身ともにストレスがかかるため、睡眠障害になりやすいです。

睡眠がきちんと取れていないと、仕事に集中できずに効率が落ちるというような悪影響を与えます。下記の3つのポイントに気をつけて、しっかり眠りましょう。

  • 同じ時間帯で入眠、起床を繰り返して体のリズムを作る
  • 起床したらカーテンを開け、太陽の光を数分浴びる
  • 寝る直前までスマホやパソコンを見ない

運動

運動も睡眠によい影響を与えることがわかっています。

なぜなら、運動習慣がある人は、不眠の症状を訴えることが少ないという研究結果が存在するからです。

激しい運動ではなく、心身ともに負担の少ないウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動を取り入れるようにしましょう。運動する習慣をつけると、寝つきがよくなり、熟睡できます。

食事

バランスのよい食事は、健康を維持するために大切な要素です。以下の4つのポイントに気をつけましょう。

  • 1日3食、腹8分目を意識する
  • 消費、摂取エネルギーのバランスを考える
  • 一汁三菜を意識する(主食、主菜、副菜、汁物)
  • ひとつの栄養素を極端に抜くような食事をやめる
  • 入眠する3時間前までに夕食をとり終える

このように睡眠・運動・食事に気をつけて生活すると、健康体を保ちながら、転職後のつらい時期を乗り越えることができます。

円滑なコミュニケーションを図る

ふたつ目の転職後のつらい時期を乗り越える方法は、円滑なコミュニケーションを図ることです。人間関係がうまくいけば、職場環境や業務内容に慣れていないとしても、転職後のつらい気持ちを緩和できます。

次の4つのポイントを意識しましょう。

  • 自己紹介や挨拶をきちんとおこなう
  • 雑談には積極的に参加する
  • ランチ、飲み会、会社のイベントに積極的に参加する
  • 仕事の相談・悩みを話してみる

上司・先輩・同僚と積極的に話すことで、自分と相性のよい人を早めに見つけることができます。仲がよい人ができると、職場のルールや業務内容を優しく教えてくれる可能性が高まり、新しい職場に馴染むことができます。

自分にプレッシャーを与えない

3つ目の転職後のつらい時期を乗り越える方法は、自分にプレッシャーを与えないことです。

過度なプレッシャーを自分に与えると、仕事で単純ミスが発生し、仕事ができない自分に落ち込んでしまいます。転職者が業務内容に慣れていないのは当たり前です。

今までつちかってきたスキルがあれば、同業種・異業種問わず即戦力になる日が来ます。自分にプレッシャーを与えずに、目の前の作業をコツコツこなして過ごしましょう。

没頭できる趣味をもつ

4つ目の転職後のつらい時期を乗り越える方法は、没頭できる趣味をもつことです。

仕事のことが頭を占めると、人間関係の悩みや自分のミスを悔やむ気持ちが強くなり、精神的なストレスが溜まってしまいます。転職後は慣れない環境に身をおくため、仕事のことばかり考えてしまいがちです。

しかし、没頭できる趣味を持って、仕事のことを一切思い出さない時間を作ると、精神的なストレスの蓄積を抑えることができます。転職後のつらい時期は、一生続くわけではありません。日々の業務をこなしながら没頭できる趣味でプライベートを充実させて、時間が経過するのを待ちましょう。

ここまでご紹介した4つが転職後の苦しい時期を乗り越える方法です。乗り越える方法を試してもつらい気持ちが改善しない人は、新しい職場が自分に合っていない可能性が高いです。次の項目から、転職後のしんどい気持ちが続く人に向けて、再転職を検討した方がよいポイントを解説します。

不調を感じる前に再転職を検討

転職後に過剰なストレスを感じ心身に不調が出ている場合は、再転職の検討をおすすめします。

つらい気持ちが続き症状がひどくなる一方の人は、新しい職場が自分に合っていない可能性が高いからです。また、ストレスを感じやすい職場環境として次の5つが当てはまります。

  • 労働時間や残業時間が長すぎて睡眠や休養が取れない
  • ノルマがきつすぎる
  • 残業代が支払われない
  • 上司、先輩、同僚からパワハラ、セクハラ、いじめを受けている
  • 転職後、数か月経つのに孤立している

ブラック企業と呼ばれる職場に転職しないためにも、転職エージェントで専門家に相談して再転職を検討しましょう。次の項目では、ストレスによる体調の変化をご紹介します。再転職を検討するポイントとして、参考にしてください。

ストレスによる8つの体調の変化

転職によって過剰なストレスを感じ、解消されないまま過ごすと体調に変化が現れます。次の8つの項目に自分が該当していないか確認しましょう。

  • 体がだるく、寝ても疲れが取れない
  • めまい、頭痛、胃痛が治らない
  • 睡眠障害が続いている
  • 異常に食欲が増した、減退した
  • 集中力が続かず仕事でミスが続いている
  • 情緒不安定でイライラが続いている
  • 何もしていないときに涙が出てくる
  • 休日に他人に会うのが億劫である

上記のいずれかに当てはまる人は、頑張って現在の仕事を続けても、心身ともに疲弊してしまいます。新しい職場が自分に合っていない可能性が高いので、再転職して、自分の心と体を守りましょう

✔ すぐに退職を希望する方はこちら
もし仕事を辞めたくても辞められない場合は、退職代行サービスを活用することをおすすめします。
男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

✔ キャリアを見直したい方はこちら
完全無料転職支援サービスを利用することで、キャリアの棚卸しを含めた転職活動ができます。

いち早くキャリアの再スタートを切りたい方はぜひ一度相談をしてみてください。

最低3つのエージェントに登録することで多角的に情報を取得しましょう。

No.1転職エージェント
総合評価 ビズリーチ
求人の数 リクルートエージェント
求人の質 ビズリーチ
傾聴力 dodaエージェント
提案力 マイナビエージェント
返信スピード ビズリーチ
内定スピード ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けのサービスなので、20代の方やこれまでのキャリアにそこまで自信が持てない方は、リクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントの同時登録をおすすめします。

まとめ

今回は、転職後につらいと感じる理由とその時期を乗り越える方法をご紹介しました。

もう一度ポイントを確認しましょう。

  • 転職後のつらい理由は、労働時間の増加・生活リズムの崩れ・人間関係・職場のルール・業務内容の理解・仕事のミスが当てはまる
  • 転職後のつらい時期は職場環境・人間関係・業務内容に慣れるまで
  • 転職後は、規則正しい生活・円滑なコミュニケーション・自分にプレッシャーを与えない・趣味に没頭して乗り越える
  • 職場が合わないと心身に不調が発生するので注意が必要
  • 過剰なストレスは心身にさまざまな不調を引き起こす
  • 体と心を壊す前に、再転職を検討しよう

転職して仕事を頑張りたい人はつらい時期を乗り越える方法を試してみてください。

本記事でご紹介した方法を試しても、つらい気持ちが改善されず、体調不良が続く場合は、転職エージェントなどを利用して、自分に合う職場への再転職を検討しましょう。