転職の面接でよくある質問集と回答例まとめ!新卒面接との違いも解説

誰でも緊張する面接。「どんなことを聞かれるのだろう?」「きちんと答えれるかな?」などと不安に感じる人も多いでしょう。

少しでも不安をやわらげるために、面接質問の内容を事前に把握しておきましょう!

面接質問の内容は「就活面接」か「転職面接」なのかで変わってきます。新卒と転職では社会人経験やスキルに差があるため、面接官の質問意図もそれぞれ違います。

この記事では、「就活面接」と「転職面接」の質問内容や、シーンに合わせた面接のポイントを詳しく紹介します。

どんな質問をされるのか事前に分かっていれば、不安や緊張はぐんと減ります。しっかりと対策をして、面接を成功させましょう!

新卒と転職での面接質問は異なる

新卒と転職では面接質問の内容が違いますが、「面接官の質問意図を汲み取る」ことが共通のポイントになります。

以下では面接質問で見られるポイントを、新卒と転職に分けてそれぞれ詳しく解説します。面接官の質問意図が何なのかを、しっかり理解していきましょう。

転職ではキャリアや転職理由など本質を見られる

転職の面接では「本質」を見られます。面接官の質問意図は、入社後に活躍できる人材なのか、早期退職などのリスクはないかを判断することです。

  • 今までのキャリアをどう活かせるか?
  • 性格や人柄が企業の雰囲気と合っているか?
  • 同じような理由で退職されないか?

特に転職理由を答える際は、ネガティブな発言は避けましょう。前職の不満ばかりを伝えてしまうと、同じような状況になったらすぐに辞めてしまうのではないかと不安を与える原因になります。

企業が求めるものは、今までのキャリアを活かして即戦力になる人材です。あなたを採用することが企業にとってプラスになるということを、しっかりとアピールしましょう。

面白い質問や鋭い面接質問もある

面接質問は、ときに面白い質問や鋭い質問をされることがあります。面接官の質問意図は、資質や価値観などの見えにくい特徴を判断することです。また、採用するか見きわめるために質問してくる場合もあります。

面白い質問や鋭い質問の例を紹介します。

  • 自分を動物に例えるとしたら何の動物ですか?
  • 自分を色に例えるとあなたは何色ですか?
  • 好きなお店の商品について1分間プレゼンしてください
  • 今までで頑張らなかったことをふまえて自分の短所を答えてください
  • 遅刻してきた部下に対してアドリブで叱ってください

「どうしてこんな質問をするの?」と驚く人もいるかと思いますが、履歴書や職務経歴書だけでは見えない情報を判断しようとしています。

事前に予測できない質問だからこそ本来の資質や価値観を知ることができ、面接官の判断基準のひとつとなります。

タブーな質問もある

面接の最後には「逆質問」を問われるケースもあります。逆質問とは、面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれることです。

逆質問は、何でも質問すればよいというわけではありません。以下のような質問はタブーとされています。

逆質問内容 タブーな理由
企業理念や経営方針を教えてください。

取り扱い商品は何ですか?

調べれば分かることなのに自分で答えを探さない=自主性がないと思われる
給与や休日など待遇はどのようになっていますか? 待遇面が良いところならどこでもいいのかと思われる
ノルマを達成できなかったらどうなりますか? もしもできなかったらという不安要素しかないため面接官に不安を与えてしまう

質問内容によってはマイナスのイメージを与えてしまう可能性があるため、逆質問をしても意欲があると捉えられるとは限りません。

やる気をアピールできる逆質問をするように心掛けましょう。

新卒での面接質問では人間性を見られる

新卒の面接では「人間性」を見られます。面接官の質問意図は、入社意欲や企業にマッチしている人材かを判断することです。

能力や性格、志向や将来ビジョンなどが判断要素になります。以下の表は、面接官の質問意図を質問内容ごとにまとめたものです。

質問内容 質問意図
学生時代に頑張ったことは何ですか? 部活・サークル・バイト・勉強などで学んだことをどう仕事に活かせるかを判断する
長所を教えてください。 あなたの強みがどう仕事に活かせるかを判断する
志望動機を教えてください。 第一志望なのかを確認する、自社を選んだ理由から入社意欲を判断する
入社後のビジョンは何ですか? どんな仕事をしたいかを具体的に聞きたい、自社の理解度を判断する

企業が求めるものは、入社後に活躍してくれる人材です。社会人経験やスキルがない新卒だからこそ「人間性」が重視されることを覚えておきましょう。

新卒は自己PRがポイント

自己PRは、自分がどんな人間なのかを知ってもらうチャンスです。どれだけ人間性をアピールできるかが、新卒の面接には非常に重要なポイントになります。

性格や考え方は特に重要視されるため、自己PRは前向きな発言を心掛けましょう。自己PRをする際のポイントは、以下のとおりです。

  • 決断や判断が遅いではなく「慎重に物事を考えられる」
  • せっかち・あせりやすいでななく「フットワークが軽い」
  • 明るいだけではなく「壁にぶつかっても明るく前向きな考えをもって行動できる」

ネガティブな印象を与えがちなものでも、表現方法を少し変えるだけでポジティブな印象を与えることができます。

「あなたの性格や考え方と企業の雰囲気や方針が合っている」ということをアピールしていきましょう。

転職による面接質問集とポイント

転職の面接で見られているポイントは、どこの企業でもほぼ同じです。そのため、質問内容も似たようなものが多いです。

面接質問のパターンが分かれば不安も薄れ、当日に緊張してうまく答えられない…なんて事態も防ぐことができます。

以下では一般的な面接でよく聞かれる面接質問集と、自己紹介やPRで興味をもたせるポイントを紹介します。

面接質問集

自己紹介・自己PR

  • 自己紹介をお願いします
  • 今までの職務経歴を教えてください
  • あなたの強みや長所は何ですか?
  • 前職で出した成果は何ですか?

転職理由・志望動機

  • 転職理由は何ですか?
  • なぜ当社を志望したのですか?
  • 当社を選んだ判断基準は何ですか?
  • 当社の志望順位は何番目ですか?

将来のビジョン

  • 採用されたらどのように貢献してくれますか?
  • 将来はどのような自分になりたいですか?
  • 入社後の目標は何ですか?

自己紹介やPRで興味をもたせるポイント

自己紹介や自己PRは、あなたの人間性をアピールするチャンスです。第一印象を与える大切なステップになります。

あなたに興味をもってもらうためには、要点だけを簡潔に伝えることが重要です。1分間で伝えるようにしましょう。

  • 自己紹介:自己紹介と職務経歴を簡潔に伝える
  • 自己PR:あなたの人物像を想像させる、仕事に関することだけをアピールする

自分を売り込むイメージで要点をまとめて短時間で伝えることが、自己紹介や自己PRのポイントです。

面接官による質問の流れ

面接官による質問の主な流れは、以下のとおりです。

  1. 自己紹介・自己PR
  2. 志望動機
  3. 入社後について
  4. 面接官への質問

質問の流れを把握しておけば、事前にこころの準備ができます。面接は、いかに落ち着いて会話できるかどうかが成功の秘訣になります。

あせってしまうと、うまくアピールできない恐れがあります。

以下では、それぞれの質問項目をポイントをふまえて見ていきましょう。

自己紹介やPR

自己紹介や自己PRは、1分間で要点だけを伝えましょう。長すぎるのはNGです。短時間でいかに面接官にアピールできるかが大切です。

志望した動機

志望動機は、入社意識の高さを伝えるチャンスです。この企業でどうしても働きたい!という思いを伝えましょう。

将来のビジョンは、短期と長期の2種類に分けて話すことで伝わりやすくなります。

入社後について

入社後についての質問は、あなたがどのように活躍できるのかをイメージさせることが重要です。

これまでの経験やスキルをふまえて、具体的にアピールしましょう。目標達成するための手段や行動などを具体的に伝えることで、目標達成志向の強さを伝えることが可能です。

面接官へ質問など

面接官への逆質問に「特にありません」はNGです。必ず何か質問しましょう。ただし、何でもよいわけではありません。

担当業務の仕事内容や、どのようなスキルをもった社員が働いているかなど、仕事への意欲が伝わる質問をすることを心掛けてください。

転職エージェントで面接対策!

面接に不安を感じている人は、転職エージェントで対策するのもおすすめです。転職エージェントを利用することで、以下のような面接対策ができます。

  • 面接官に伝えるべきポイントをおさえられる
  • 効果的な伝え方を教えてもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削を受けれる
  • 模擬面接できる
  • 面接マナーが身に付けられる

転職活動は、あなたの人生を大きく変えるきっかけのひとつです。不安に感じる場合は、ひとりで悩まず転職エージェントで面接対策をおこないましょう。

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!

まとめ

  • 新卒と転職では面接質問の内容が違う
  • 新卒の面接質問は「人間性」を見られる
  • 転職の面接では「本質」を見られる
  • 転職の面接で見られているポイントはどこの企業でもほぼ同じ
  • 面接官による質問の流れを把握しよう
  • 不安を感じる人は転職エージェントを利用して面接対策しよう

新卒・転職に関係なく、面接は誰でも緊張したり不安を感じるものです。どんな質問をされるか不安、緊張してきちんと答えられなかったらどうしよう…そのような不安は、面接質問を事前に把握することで解消しましょう。

不安を感じる人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。面接を成功させて、あなたの人生がより豊かなものになることを祈っています。