面接自己紹介の例文サンプル!成功へ導くための3つのポイントとは?

転職活動をする際、誰しも一度は悩んだ経験があるのが面接するときの自己紹介をどのようにするかということでしょう。自己紹介は履歴書や職務経歴書で書き表すことのできないもので、その人の個性が発揮できるのと同時に、面接のキーポイントでもあります。

今回は面接時、どんな自己紹介をするのが良いかを例文や成功事例・失敗事例、重要なポイントや自己紹介の流れなど面接で内定を勝ち取るための自己紹介を項目ごとに紹介しますので、転職を検討している人や現在活動中の方は参考にしてください。

面接自己紹介での例文

転職活動における面接時の自己紹介は、これまでの仕事内容を紹介しその中で転職した際にはどのような貢献ができるかを企業に伝えることが重要です。

面接官は、入社後の活躍を見極めようとするために自己紹介を通じて人柄やその人のポテンシャルを判断材料としています。ここからは、自己紹介の成功事例と失敗事例について例文を交えて説明していくので自身の内容と照らし合せて参考にしてください。

自己紹介の成功例文

長所のアピール例をいくつか紹介します。

  • 私はこれまで、アイデアと企画力を武器にして仕事を続けてきました
  • 知識を拡充させるために、簿記の資格を取得しました
  • クリエイターとしてのスキルを磨く目的で、カラーコーディネーターの資格を取得しました
  • 目標を達成するために、海外留学を行いTOEICで900点を取得しました
  • 前職ではお客様に満足をしていただくために、製品の使い方についてアフターフォローを徹底してやってきました

これらの例文は「具体性」があり、どのような方法で自分の経験やスキルを磨いてきたのか。業務でどのような取り組みを行ったのか、端的に分かりやすくまとめてあります。

面接での自己PRポイントは3つ!流れを理解して効率的に伝える方法と例を紹介!

自己紹介の失敗例文

次に自己紹介の失敗例文をいくつか紹介します。

  • 私は何事にも粘り強く努力し、最後まで諦めないことが取柄です
  • 私の長所は行動力があり、何事も率先して物事を進めてきました
  • 几帳面なところがあり、何事も整理されていないと気が済みません
  • チャレンジ精神が旺盛で、何事にも逃げずに挑戦してきました
  • 細かい気配りができることが長所で、良く人に褒められます

先述した自己紹介の成功例文と比較してください。ここに挙げた例文はいずれも長所をアピールしていますが、共通点として「具体例がない」ため抽象的な自己紹介となってしまっているところが残念です。これらの紹介を行なったあと「たとえば~」と事例を付け加えると説得力も増し、成功例文に近づけることができることでしょう。

このように、自身では良い自己紹介例文だと感じても、周囲からは評価されにくいこともあります。一度自己紹介例文を作成したら、親しい友人や先輩、家族などに聞いてもらい感想を聞かせてもらうと良いでしょう。

面接自己紹介で失敗する理由

面接の自己紹介で、成功したいと思うあまり力が入り過ぎて失敗してしまったという経験は、転職活動で面接をしたことのある人なら誰しも思うことでしょう。今回は面接の自己紹介で失敗してしまう理由について説明していきます。

いくつかの事例に分けて紹介するので面接の自己紹介がうまくいかない人や、現在転職活動中でどのように自己紹介をすべきか悩んでいる人は参考にしてください。

自己紹介内容が長すぎてまとまっていない

面接での自己紹介は短く簡潔に必要な事柄を、面接官に伝えるのがポイントのため、長く行う必要はありません。むしろ長くなるとまとまりがなくなり、相手に伝わりにくくなってしまい、面接官の印象に残りません。

あくまでここでの自己紹介は、仕事に関する事にとどめて、詳細な経歴やそこから得たことなど細かな点は、面接官との話の中で行うようにして、何を伝えたいかを明確にして文書化して説明できるようにしましょう。

自己紹介内容が足りなくズレている

面接での自己紹介は、応募企業が求めるスキルに合致したこれまでの経歴を中心にということをお伝えしましたが、企業側が最も重視するこのポイントを省略してしまったり、面接官が求める内容とズレている時は失敗する可能性が高いといえます。

たとえば、営業関係の社員を募集している企業の面接における自己紹介を求められた際、これまでの営業経験ではなく、別の経歴を話したとしたら、面接官はコミュニケーションが取れない人と判断し、内定を勝ち取るのは難しいといえます。

面接自己紹介で成功する理由

面接自己紹介で成功する秘訣は、失敗事例から学び反対のことを実行すれば良いといえます。具体的には、話が長いと要点が掴めないため短く簡潔に必要な事柄を面接官に伝わるように話すことが大切です。

また企業の求めるスキルと合致しない経歴ではなく、これまでのキャリアで面接する会社に合った経歴を端的に伝わるように話すことも重要なポイントとなります。ここからは自己紹介成功のポイントについて説明します。

自己紹介の目的は自分を知ってもらうこと

面接での自己紹介は企業と自身の最初のインプレッションで、面接官はまずあなたがどのような人なのかを知りたいと考えています。次に会社の求めるスキルを持っているか、これまでの経歴を会社で活かせるかという点を重視しています。

最初の身だしなみや話し方などの印象と自己紹介で、面接官はこの人の話を聞きたいと思うかどうか変わってきますので、短く簡潔に必要なことを明るくハキハキと伝えることが大切です。

自己紹介のポイントを抑えていた

面接時の自己紹介のポイントを抑えることも、成功の鍵といえます。流れとしては最初に氏名を名乗り、これまでのキャリアやスキルを説明。その後経歴を活かした志望動機につなげ最後に時間を取ってくれた面接官に対してお礼を伝えることが大切です。

この自己紹介では概要を話すのみにとどめ、必要なことや疑問に感じることは面接官が質問してくるので、自らの経歴で質問がくるポイントを予想し、具体的に説明できるようにすることで、内定を勝ち取る可能性も上がります。

自己紹介成功の3つのポイント

面接での自己紹介は、その後の面接官との会話につなげるための重要な要素で、ここを成功するかどうかで内定を獲得できるかどうかの大きな勝負の分かれ目となります。あらかじめ自身のキャリアを整理し、相手に伝わるような内容を準備する必要があります。

ここからは、面接の自己紹介における成功するためのポイントを3点に絞り、項目ごとに事例を交えて説明していくので、特に面接に苦手意識のある方は参考にしてください。

ポイント1:簡潔に30秒~1分にまとめておく

中途採用に求められる自己紹介は重要ですが、長くダラダラと話せば良いというものではありません。要点を絞り込み、簡潔に30秒~1分程度にまとめておくことが大切です。具体的に伝えるポイントとしては、氏名、これまでの職歴、時間を割いてくれた面接官へのお礼などを約300文字ほどにまとめてください。

ここで作成した自己紹介は、汎用性を持たせることもポイントで他社においても使用できるような構成にしておくことも重要なポイントです。

ポイント2:よい第一印象を与える

自己紹介での第一印象で、面接官は服装や髪型などまずは全体の見た目をチェックします。次に話し方や動作・話す内容を確認することが多いといえます。そのため、面接を受ける前に散髪などで髪型を整え、スーツの上着やズボン・ワイシャツなどもアイロンをかけておくことが大切です。

次に靴も見られるので手入れを行うなど、細かい身だしなみに注意しましょう。次に話し方ですが、大きな声ではっきりと相手の目を見て話し、堂々としていることが重要となります。声が小さく、相手の目を見て話さないと自信がないと受け止められ、それだけでマイナスの印象を与えてしまうので注意が必要です。

ポイント3:PRを含め、面接官が質問しやすくする

自己紹介の中で折り込みたいのが自己PRで、これは過去の経歴の中で自身がどのような仕事やポジションを経験し、それをどう志望先の会社で活かすかいう紹介です。面接官もこの点を重視しており、ここをどんな構成にするかで面接の合否も変わってきます。

具体的には、仕事の中で責任あるポジションを任され、営業なら連続達成、裏方の事務などは社内表彰などを盛り込むのが良いでしょう。面接官はそれらの内容を具体的に聞きたいと質問してくる可能性が高いといえます。

1分にまとめる自己紹介の流れ

面接での自己紹介は、これまでの経歴を全て話す必要はありません。長くなり過ぎると間延びしてしまい、何を伝えたいかの焦点が定まらないため、面接官の印象に残らない可能性が高くなります。つまり、面接での自己紹介は短く簡潔にまとめる必要があります。

ここでは、面接における自己紹介に最適な時間として約1分、文字数にして300文字前後にまとまるプロセスを項目ごとに紹介しますので、自己紹介がうまくいかないと悩んでいる方は参考にしてください。

名前を伝える(第一印象)

面接での自己紹介は、志望先の企業とあなたの最初の対面となり、第一印象が良いか悪いかでその後の展開が大きく変わります。多くの場合、自己紹介は面接の最初の段階で聞かれる事が多いといえます。

最初に面接官は面接希望者のスーツや髪型、髭を剃るなどの身だしなみはもちろん、靴の手入れなどの外観をチェックします。ここをケアしたうえで、姿勢良く、相手の目を見て堂々と氏名を名乗り、第一印象での好印象を面接官に植えつけましょう。

現職や前職など自分の現状を伝える

志望先企業の面接官が自己紹介の中で、最も重視するポイントが在職中の人は現職の現状であり、離職中の人は前職の現状を伝えることです。ここをどのように伝えるかによって面接の合否が左右されます。

これまでの成果や社内表彰、キャリアを築くために取得した資格などアピールできるポイントは積極的に行い、面接官の関心を引くことで印象に残るような意識づけをすることが大切なので、短く簡潔に自信を持って伝えましょう。

軽くPRを含め興味を持ってもらう

面接での短い自己紹介の中で、経歴の中でその後の志望動機にもつながるような自身のキャリアで、志望先企業においても活用できると考えられるポイントはしっかりとPRすることが大切です。これにより面接官が関心を持ち、質問してくるようになります。

具体的には、ITエンジニアであれば自身のキャリアと合致する志望先企業のスキルを洗い出し、そこを自己紹介に織り交ぜるなどの工夫が必要です。大切なことはいかに面接官に関心をもってもらい、会話を円滑にし競争に勝ち抜くことで内定を勝ち取ることです。

転職が多いときの対策

仕事の経歴やキャリアは人それぞれですが、日本は欧米とは違い転職回数が多いと転職が不利になると言われています。具体的には応募資格の中に転職回数が2回~3回までと設定している企業もあります。

一般的には転職回数が3回以上で、転職回数が多い人と認識されますが、このような条件に当てはまる際、どのように対応すれば良いかを項目ごとに説明していきますので、該当する方や、この問題で悩んでいる方は参考にしてください。

前向きに転職してきたことを説明

転職回数が多いから志望企業の内定が取れないと諦めることはありません。ただし自身の転職やこれまでのキャリアにおいて、面接官が納得する理由を説明をする必要があります。たとえばキャリアアップをするために転職を重ねてきたなどです。

この場合、キャリアに一貫性がない場合は効果がないため注意が必要ですが、たとえば店舗スタッフの場合、店長からスーパーバイザー、スーパーバイザーから統括マネージャーなどのステップアップをしている場合、積極的にアピールしましょう。

ネガティブな理由は避ける

転職する理由は人によってさまざまですが、ネガティブな理由は避けた方が無難です。たとえば人間関係や、給料が低いなどの前職や現職の不満点を説明したところで志望先企業の面接官は、同じ理由で辞めると判断するからです。

しかもネガティブな理由は心象的に良い印象を与えられず、その場で不採用となる可能性が高いため避けましょう。対策としてはキャリアアップなどのポジティブな理由を掲げ、面接官の納得する理由を考えることが大切です。

転職エージェントを利用する

転職市場は活況を呈していますが、転職先がすぐ決まる人もいれば、なかなか決まらない人まで人によりさまざまです。なかなか転職先が決まらない人の特徴として、転職回数が多い人、これまでのキャリアに一貫性のない人、高度な専門知識を有する職業に従事する人がいます。

この場合、転職エージェントを活用することをおすすめします。現在では転職エージェントも大手から中小、得意・不得意分野まで細分化されているため、自身に合ったパートナーを選択することが、転職を成功させる近道といえます。

まとめ

  • 自己紹介で成功するには自身を知ってもらうことが重要
  • 面接での自己紹介は、第一印象がとても大切
  • 面接での自己紹介は30秒~1分とコンパクトにまとめる
  • 現職や前職の経歴を伝え、PRして面接官に興味を持ってもらう
  • 転職が多いときの対策として、前向きに転職してきたことを説明する
  • ネガティブな転職理由は避けて、ポジティブな転職理由に変換する
  • 転職が決まらず時間を要するときは、転職エージェントを利用する

ここまで、面接での自己紹介について説明してきましたが、大事なことはまず第一印象の身だしなみです。ここを注意しないとぞの時点で面接官に悪い印象を与えるため注意が必要です。

次に面接での自己紹介時間は30秒~1分にまとめ、必要なことのみを伝えることに注力しましょう。長くだらだらと話さず、その後の会話を弾ませるためにも自身に興味を持ってもらえるようにさりげなくPRすることが重要です。

転職回数が多いときは、これまでの経験を踏まえ、キャリアアップをしてきた実績を前面に出すなどの前向きな理由が必要で、人間関係や労務環境の悪さ、年収が低いといったネガティブな理由は避けましょう。面接官に悪い印象を与え、不採用となる可能性が高くなります。

最後に、どうしても転職先が決まらないときは、自身に合った転職エージェントを見つけ、登録することをおすすめします。全てお任せでは内定獲得は難しいですが、主体的に行動することで転職エージェントの信頼を得ることで、内定の早期獲得につながります。

このように、面接における自己紹介は最初の印象として面接官に強く印象つけられるため、第一印象がとても大切です。必要以上に力むことはありませんが、自己紹介をスマートに行えるよう、事前にしっかりと準備を行い、希望する企業への内定獲得を目指しましょう。