面接の逆質問はひとつの質問!?面接官の「質問はありますか?」への対策例も紹介!

採用面接では、逆質問が出されることがあります。逆質問とは「面接を受ける側が面接をする側に対して質問をする」行為のこと。

例えば、面接官が「私たちに対して聞きたいこと、質問はありますか?」と投げかけた場合、逆質問をされていると理解しましょう。また逆質問では「なにもありません」と答えるのではなく、自己PRを交えながら効果的に質問を返してください。

本記事では採用に関わる「逆質問の対策法」と、効果的な逆質問の答え方について解説します。

面接の逆質問「なにか質問ありますか?」には質問すべき

面接官から「なにか質問はありますか?」と逆質問をされたときに「何もありません」と答えるのはNGです。

アナタが面接官の立場なら質問をして、答えてもらえない相手に対して良い印象は持ちませんよね?

逆質問には、一般的に以下の目的があります。

  • 応募者の意欲を確かめる
  • コミュニケーション能力を見る
  • 社風との相性を見極める
  • 会社の魅力付け

逆質問は自由度の高い質問ですが、面接官に何を伝えたいのか準備をしておけば、迷うこと無くスムーズに答えられます。

逆質問も面接官からの質問!

面接官から逆質問を求められた場合は、「面接官から質問をされている」と考えてください。質問をされているのに何も答えないのは「考えがない」と見なされるか、応募をする企業について「興味が無い」と見なされるので注意が必要です。

逆質問=面接官からの質問

質問することがない?「とくにありません」は避けるべき!

質問することがない場合も、「とくにありません」と答えるのだけは避けましょう。逆質問に答えないようでは準備不足が疑われますし、応募に対しての「モチベーションが無い」と見なされてもおかしくありません。

逆質問では、応募する企業や仕事内容についてどのくらい興味があり、準備をしているのか「転職希望者の意欲」が試されます。

逆質問しないと落ちる可能性もある!?

逆質問をされたときには「自己アピール」の場が与えられたと考え、きちんと返答しましょう。企業や面接官によって判断は異なりますが、逆質問においてどのように返答をし、コミュニケーションを取るのかが合否の決定打になり得ます。

つまり(逆質問の場で)入社への意欲やコミュニケーション能力、自社への下調べや準備をしていることが認められれば、採用率を高める材料となります。逆質問をチャンスと捉え「自己PRの場」に変える意識が大切です。

新卒とは違う!?中途採用面接での逆質問とは

新卒、中途採用であっても「逆質問の対策」は基本的に変わりません。やる気を見せたり長所をアピールしたり、好印象を与える場として活用してください。

また社長や役員への質問は、企業全体や業界全体について尋ねると洞察力や意欲が伝わりやます。

なお、中途採用で面接を受ける場合は「前職での強み」や「過去の経験」をアピールすることが重要です。質問をする相手によって逆質問の内容を変えてください。

例えば、人事を相手に逆質問を行う場合には、以下のような質問をしましょう。

  • 「前職では〇〇について経験を積みました、御社ではこれまでのスキルを活かす機会はありますか?」
  • 「採用していただいた場合、これまでの経験を活かしてどのようなポジションにつくことができますか?」

また社長や役員については、

  • 「御社の〇〇という目標を達成するため、どのような取り組みをされていますか?」
  • 「〇〇様のが経営をする上で、最も大切にされていることは何ですか?」

人事相手では「人事の目線」で、社長や役員については「社長や役員の目線」で質問をすることがポイントです。

新卒ではコミュニケーション能力や積極性を見られている

新卒の場合、コミュニケーション能力や積極性をアピールすることが、好印象を与え「評価アップ」につながります。

  • 「〇〇の資格を持っていますが、御社で活かす機会はありますか?」
  • 「採用していただいた場合、入社までにどのような知識を身につけると良いでしょうか?」
  • 「御社で活躍をするのに、必要な資質は何ですか?」

基本的な質問は(前項の)中途採用面接と同じです。社長や役員についても、

  • 「10年後、御社ではどのような姿をイメージされていますか?」
  • 「〇〇様が経営をする上で、最も大切にされていることは何でしょうか?」
  • 「〇〇という理念について、今後どのような形で事業に反映されるのでしょうか」

といった逆質問が好まれるでしょう。自分の伝えたい内容に合わせて、質問内容をアレンジしてみてください。

中途採用面接では企業との相性を確認している

中途採用面接では、質問の内容によって「企業との相性」が試されています。

企業サイドは、逆質問の内容によって「自社と相性が良いか」を確認しているのです。

逆質問はいくつ準備すべき?

逆質問の内容は、1つだけで十分です。何個も逆質問を投げかけると、忙しい人事や役員、社長に時間を取らせてしまいます。

逆質問をした後「ほかに何かありますか?」と聞かれても「ありがとうございます、御社のホームページは全て、隅から隅まで拝見いたしましたので大丈夫です」と答えれば問題ありません。

こういった回答の仕方はユーモアも感じますし、相手に対しても自信のある印象が与えられるので、スマートに質問を終えるのにふさわしい答え方です。

基本的に1回の面接にひとつは準備

原則として1回の面接に、ひとつは逆質問を準備しておきましょう。もちろん、企業のホームページや資料をすべてチェックし「調べれば分かること」については逆質問で取り上げないようにします。

このほか、面接ですでに他の人が質問をしたことや待遇面での質問、ネガティブな発言、「はい/いいえ」で簡単に答えられるような質問は避けてください。

万が一、他の求職者と質問内容が被りそうになったり、面接先ですでに同じ内容に触れられた場合でも「自己アピールや長所」を伝える内容で逆質問をすれば、質問の重複は避けられます。

質問内容の重複が心配な方は、ひとつではなく逆質問を2〜3個準備しておいても良いでしょう。

終了させるタイミング?逆質問の終わり方

逆質問を終えるタイミングですが、ありがとうございましたなど「お礼を伝える」ことで、スマートに質問が終了できます。

面接での逆質問例紹介

ここからは、逆質問でしてはいけない質問の例と、逆質問で効果的な質問の例を紹介します。

逆質問でしてはいけない質問例

逆質問でNGとされるのは、調べればすぐに分かるような内容など準備不足が感じられる質問をすることです。

このほか、すでに取り上げられた内容、ネガティブな質問、待遇面(給与・ボーナス、福利厚生など)、自信のない質問や曖昧な返事をするなど、仕事への興味やモチベーションが感じられない質問も避けてください。

逆質問の内容は、志望企業のホームページや求人情報、競合する企業のホームページもくまなく読み込んで準備をしましょう。

調べればわかる準備不足な質問

面接を受ける企業のホームページや求人情報を見れば分かるような質問は、逆質問で取り上げるべきではありません。

企業理念、業界での強み、どのようなサービスや商品を取り扱っているのか、主要な取引先、売り上げ高などは、すべて志望企業のホームページで確認できるので、逆質問をすると準備不足だと判断されます。

面接中すでに説明された内容の質問

面接において「すでに触れられた内容」については、重複して質問しないようにしましょう。準備をしてきた内容と被った場合、自分のアピールを取り入れるか、臨機応変に質問内容を変えましょう。

例えば「〇〇を得意としていますが、御社で必要とされる資質は何ですか?」といった逆質問を準備したとします。しかし、他の志望者が全く同じ質問をしたとしましょう。

この場合「〇〇というスキルを持っていますが、御社で活かす機会はありますか?」といったように質問内容をアレンジをすれば、内容が被らずに済みます。

ネガティブな質問

逆質問でネガティブな質問をするのは、相手に悪い印象を与えてしまいます。例えば、面接を受ける企業がSNSなどで炎上したとします。

逆質問の場で「どのように炎上問題を解決されるのでしょうか?」といった質問を投げかけるのはマナーとして良くありません。このほか、企業分析を交えた場合もネガティブな話題は避けて、ポジティブな質問になるよう「質問の仕方」を工夫しましょう。

待遇面についての質問

面接の場で、給与や休日、福利厚生など「待遇面」を質問するのは良くありません。求人情報に載っている情報を参考にし、待遇については質問で取り上げないようにしましょう。

逆質問で効果的な質問

逆質問で効果的なのは、意欲やモチベーション、向上したいという意思、活躍したいという「やる気」が見える質問をすることです。

例えば「採用をしていただいた場合、私の課題となる点を教えてください」といった質問や「御社では、どのような方が活躍していますか?」といった質問をすれば、向上心やバイタリティを効果的にアピールできます。

また、自分が働く現場の状況や実情を知りたいといった意思や入社をした場合、どのような課題をクリアすれば活躍できるのか、確認できるような逆質問も「入社意欲」をアピールするのに最適です。

自分をアピールするための質問例

自分をアピールするための質問例を集めてみました。

  • これまで〇〇という経験を積み、御社のお役に立てると思いますが、足りないスキルや能力があれば教えてください
  • これまでは積極的なコミュニケーション、自発的に学びアイデアを出すことを実践してきました、このほかに御社で求められることはありますか?
  • 前職では〇〇の業種におりましたが、異業種から転職された方はどのようなことを勉強し準備をされましたか?

役員による面接での質問

役員による面接で、効果的な逆質問の例は次の通りです。

  • 御社のホームページで〇〇のサービスについて拝見しましたが、ライバルとなる△△社との差別化しているポイントは何ですか?
  • 御社の商品やサービスで最も好きなものを教えてください
  • 御社が成長した一番の要因を教えてください
  • 〇〇様が御社で仕事をする上で、最もうれしかったことは何ですか?

人事による面接での質問

人事への逆質問で効果的な内容をまとめてみました。

  • 入社までに準備をしておくべきことや習得すべきスキルについて教えてください
  • 少しでも早く戦力になるために、入社までにすべきことを教えてください
  • 御社の〇〇という課題については、今後どのように改善をされるのか教えてください

部署などの上司による面接での質問

部署の上司が面接した場合の質問例を集めてみました。

  • 採用していただいた場合、配属される部署の仕事内容について教えてください
  • 入社後どのくらいの期間を経て、実務につくことができますか?
  • 新しく入社する社員には、どのような業務に臨んで欲しいですか?
  • 同年代には、どのような方がおられますか?
  • 私の経験を活かし、現場で活かすにはどのようなスキルが必要ですか?

逆質問は重要!本当に質問したいことは転職エージェントへ

逆質問は「確認作業」ではなく、面接のひとつだと理解しましょう。面接で重要なのは自己PRではありません。逆質問をされても慌てずに済むよう、質問内容には時間をかけて準備してください。

また、何も思いつかない場合も曖昧な返事をしたり「とくにありません」といった回答は行わず、自己アピールの場として活用するのが正解です。

このほか、待遇などの質問は逆質問で取り上げないのがマナーです。面接から入社まで、待遇の詳細を聞く場面は無いかもしれませんが、面接では「志望度や入社意欲、職務能力」をアピールする場であり、待遇などの質問をする場ではありません。

待遇について知りたい場合は、転職エージェントなどを利用し自分の聞きたいことや希望などを伝え、自分に代わって企業側に質問してもらうのがスマートな方法と言えるでしょう。

まとめ

最後に「面接での逆質問」について、本記事の内容をまとめてみました。

  • 逆質問には必ず答えるべき、質問無しでは落ちる可能性も
  • 逆質問では入社意欲、社風との相性などが確認される
  • 自己PRを交えながら、採用する側の目線で質問をする
  • 逆質問は1〜3個準備しておけば、質問が被らないので安心
  • 逆質問ではネガティブな話題や、内容が重複しないよう注意する
  • 面接を受ける企業のホームページ、採用情報はくまなく目を通す

逆質問や面接が不安な場合は、転職エージェントに相談しましょう。

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!