面接での自己PRポイントは3つ!流れを理解して効率的に伝える方法と例を紹介!

面接の自己PRで成功をするには、企業にマッチする長所を取り上げ、自己のスキルや能力がどのように企業で活かせるのかアピールすることです。また、自己PRでは長所の具体的体験談や実例を取り上げ(自己PRに)説得力を持たせる必要があります。

本記事では自己PRで重要なポイントを3つ紹介し、効率的に自己の魅力を伝えるアピールの方法について解説します

面接の自己PR3つのポイント!流れを意識した伝え方

面接で自己PRをする際、需要なポイントは3つあります。

  1. 企業にマッチする長所をアピールする
  2. 長所の具体的な経験談や理由を伝える
  3. 長所を企業でどのように活かせるかを伝える

これらのポイントを押さえ、話の流れを意識し相手に伝えることが「良い自己PR」であり面接を勝ち抜くカギとなります。

1. 企業にマッチする長所をアピールする

応募する企業に長所やスキルがマッチすることを積極的にアピールしましょう。とはいえ「面接」は、自分の言いたいことを一方的に伝える場ではありません。

面接とは採用する側と求職者による「お見合い」のようなものであり、相性が良くなければどんなに優秀な人材であっても採用には至りません。

相手(=企業)が何を求め、自分(=求職者)はどのような点で役に立てるのか、企業の立場に立って自らが「有用な人間である」ことを効果的にアピールしましょう。

2.長所の具体的な経験談や理由を伝える

長所を並べて伝えるだけでは、説得力に欠けてしまいます。自らの長所をアピールする場合には、根拠となる体験談や理由を伝えましょう。

例えば、前職で「顧客から信頼を得ていた」ことを伝えるのであれば、売上や契約件数、リピート率などの具体的数字を取り上げ、どのような成果を上げたのか説明をすれば、自己PRにも説得力が生まれます。

3.長所を企業でどのように活かせるかを伝える

採用をする側は、企業の理念やビジョンに賛同することはもちろん、企業に貢献してくれる人物を探しています。自分が持っている経験やスキルなど、「企業から見て魅力的」と思われる部分を中心にアピールをしましょう。

具体的に経験やスキルが実務で活かせるのか伝えられれば、採用される確率は上がります。

効果的な自己PRの選び方

自己PRが求められる意図や理由を知ることで、「どのような自己アピールが必要なのか」予測が立てられます。自己PRでは、自分の長所や強みだけでなく、自分を採用するメリットを打ち出すことです。

応募をする企業の事業内容を詳しく知り、自己の長所が活かされることを伝えましょう。万が一、自分の長所が見つからない場合には「過去の行動」を元に自己PR文を作成してください(※ 具体的内容は、本記事の後半で解説します)。

自己PRを求められる理由を理解してから考える

採用する企業には、「求める人物像」があります。また採用で求められる人物像は、企業ごとに異なります。

ある企業の理想が「チームワークや和を重んじる」場合もあれば、別の企業は「自主性」を求めているかもしれません。求められる人物像は、企業の理念やビジョンを元にリサーチしてください。

例えば、協調性を重視する企業であれば「私は過去、チームワークの求められる現場で〇〇というプロジェクトに携わり、チーム全体で△△の数値を達成しました」といった自己PRが効果的です。

私たち面接を受ける側は、自己PRにおいて「企業にとって必要な人物」であることをアピールし、企業の求める人物像にマッチしていることを伝え、採用を勝ち取る必要があります。

まずは自己PRが求められる理由から逆算し、自分を採用するメリットについて書き出してみましょう。

仕事内容にマッチした自分の長所を洗い出して考える

自己PRでは、実際の現場や業務で「どのようにスキルが活かされるのか」具体的例を用いて伝える必要があります。

例えば「私には〇〇というスキルがあり、入社後△△の局面で強みを活かすことができます」といった自己PRを行い、どのような貢献ができるのか説明する必要があります。

仕事内容にマッチした長所を洗い出し、自己PR文に盛り込みましょう。

長所が見つからないなら過去の行動から考える

長所が見つからない場合は、過去どのような行動をしたのか「強みとなる部分」を拾い出してください。例えば、これまでの人生のなかでどのような困難にぶつかったのか。問題を解決するのにどのような方法で乗り越えたのか、自己分析してみましょう。

このほか後悔している体験や、過去に失敗したこと、成功をした体験など、人生における「長所や短所」を見つけ自己PR文に書き加えましょう。

自己PRの例文!成功と失敗例を解説!

自己PRの例文を「成功例」と「失敗例」をもとに解説します。

例文と解説:成功する内容と流れ

成功する自己PRは、下のステップに沿って作成してください。

  • STEP1:過去のキャリアを書き出す
  • STEP2:企業の求めるニーズを分析する
  • STEP3:自分のスキルや経験を書き出す
  • 仕上げ:STEP1〜3までの内容をまとめる

STEP1では過去のキャリア(経歴)について時系列で書き出します。STEP2では応募をする企業が求めるニーズを分析します。ここでのニーズとは、「どのような人材が求められているのか」ということを指しています。

STEP3では、自分のスキルや経験を書き出します。STEP3の内容が「自己PRの柱」になるので自己分析をしながら「自分の強み」を言語化してください。

STEP1〜3までの作業を元に、自己PRの内容をまとめます。自己PRでは仕事における身上や具体的な行動によって、どのようおな「成果が現れたのか」具体的事例も盛り込み、説得力を持たせてください。

長所のアピール例と解説

長所のアピール例をいくつか紹介します。

  • 私はこれまで、アイデアと企画力を武器にして仕事を続けてきました
  • 知識を拡充させるために、簿記の資格を取得しました
  • クリエイターとしてのスキルを磨く目的で、カラーコーディネーターの資格を取得しました
  • 目標を達成するために、海外留学を行いTOEICで900点を取得しました
  • 前職ではお客様に満足をしていただくために、製品の使い方についてアフターフォローを徹底してやってきました

これらの例文は「具体性」があり、どのような方法で自分の経験やスキルを磨いてきたのか。業務でどのような取り組みを行ったのか、端的に分かりやすくまとめてあります。

具体的な長所の経験談や理由をアピール例と解説

具体的な長所の経験談と理由を「アピール例」を元に見てましょう。

  • 粘り強い営業スタイルが評価され、新規のお客様の80%が既存客からの紹介でなりたて知多ことは佐多氏の大きな自信に繋がっています
  • チームで目標を達成するために、スタッフ全体のロスタイムを削減し、営業効率を30%高めることに成功しました
  • 〇〇という国際的イベントにて英語のスキルを活かし、〇〇国からのお客様の滞在をコーディネートし、イベントでも積極性を持って会議の成功に貢献しました

これらの例文では、自己のスキルと長所を盛り込みながら具体性を持って「長所のアピール」ができています。

企業でどのように活かせるかをアピール例と解説

企業でどのように活かせるのか「アピール例」を集めてみました。

  • 前職では、貴社の製品を販売する業務に携わり丁寧なサポートを心がけてきました。販売の経験は貴社のサポートサービスでも十分に活かせると思っております
  • 銀行での経験をもとに、貴社での経理業務にも即戦力として貢献できると思います
  • 企画部にいた経験を活かし、ニーズを分析しお客様のニーズを満たすご提案ができます
  • Webディレクターとしての経験をいかし、デザインの場でも即戦力として貢献したいです

これらの例文では、自らが持つスキルや経験が具体的にどのような場や業務で役に立つのか分かりやすくまとめられています。

1分は何文字程度?自己PRで与えられる時間はどれくらい?

自己PRで与えられる時間は「約1分」と考えましょう。もちろん、企業によって自己PRの時間は1分以下の場合もあれば、2分や3分与えられる場合もあります。

ただ、平均的な自己PRの時間「1分」で準備をすれば、時間不足でアピールできないといったトラブルも無く、自信を持って面接に挑めます

1分よりも長く時間が与えられた場合は、内容をアレンジして自分の長所やスキルが伝わるよう工夫しましょう。

1分というのは想像以上に短いものです。まずは面接官に伝えたいポイントを簡潔にまとめ、文字として書き出して読み上げる練習をしましょう(スマートフォンのタイマーやストップウォッチ機能を使えば便利です)。

1分は300文字くらいが丁度いい

自己PRの1分を文章に置き換えると、約300文字程度になります。パソコンやスマホで、300字以内に自己PRの内容を作成しましょう。書き出す内容は、本記事の中盤で取り上げた「自己PRの例文!成功と失敗例を解説!」の項を参照してください。

300字前後の文章を聞き取りやすく、読み上げるとだいたい1分前後で収まります。1分で収まらない場合や、1分よりも短く終わってしまう場合は、文字のボリュームを調整し1分前後になるようまとめ上げましょう。

3分や5分のケースも!?

自己PRの時間は、企業によって異なります。3分の場合もあれば、5分の場合もあり、面接の状況をみて臨機応変に対応する必要があります。

面接の準備段階で、どのくらいの長さで「どのような内容が伝えられるのか」自己PRのは1分のバージョン、2分のバージョン、3分のバージョンを作成し(1分から)優先順位を決めた上で、自己PRの練習をしましょう。

  • 1分の自己PR・・・約300文字
  • 2分の自己PR・・・約600文字
  • 3分の自己PR・・・約900文字

自己PRが不安なら転職エージェントに相談しよう!

自己PRが不安な場合は、転職エージェントに相談をしてみましょう。転職エージェントに相談すれば、企業ごとの面接対策が行われるほか、模擬面接の機会が設けられており、採用への道が開けます。

企業面接を初めて受ける方、面接で自信の無い方はぜひ「転職エージェント」を活用してください

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!

まとめ

面接の自己PRについて、本記事の内容をまとめてみました。

  • 自己PRでは、企業にマッチする長所をアピールする
  • 自己の長所について、具体的な経験談や理由を伝える
  • 過去の経験やスキルをつかってどのように貢献できるか伝える
  • 自己PRの求められる理由を分析する
  • 自己PRは4つのSTEPにそって作成すれば成功する
  • 自己PRの時間は1分が多い、1分なら300文字程度の文章を準備しよう

自己PRを含めた「面接対策」は、転職エージェントに相談すれば安心です。転職エージェントでは未公開案件も含めて、あなたにマッチする企業を紹介。企業ごとの面接対策や模擬面接を実施し、採用までの道のりをサポートしてくれます。