転職面接のスーツはユニクロはあり?30代、40代女性のスーツやインナーの選び方

30代、40代の女性の転職活動は今や珍しくありません。でもいざ書類が通って次に面接となった時、面接にはどのような服装でいけばよいのか誰も教えてくれませんよね?

新卒の就職活動の時は全員がお揃いのリクルートスーツを着ていれば、何の問題もありませんでした。でも30代、40代の転職活動でもう一度あの時のリクルートスーツを引っ張り出して着るわけにはいかないでしょう。

そしてそれはサイズや流行の変化だけの問題ではないようです。30代、40代で女性が転職活動をする時に求められる身だしなみとは、果たしてどのようなものなのでしょうか?本記事ではその秘密に迫っていきます。

30代、40代女性が転職面接で着るべき服装とは?

学生時代の就職活動ではいわゆるリクルートスーツというのがあるため、服装に関してはあまり悩まなくて済んでいたことでしょう。しかし 30代、 40代での女性の転職面接の定番の服装というのはとくにありません

書類選考が通った後の面接はとても大切なステップです。第一印象を左右する服装で失敗しないよう、面接時のおすすめの服装について確認していきましょう。

30代、40代女性のリクルートスーツはあり?

結論から言えば、 30代、 40代の転職面接時に、リクルートスーツはNGです。その理由はまず、リクルートスーツは 一般的に新卒の学生が就職活動のために着る服装だからです。濃紺でプレーンなリクルートースーツは学生の若々しさや、今後の将来性を感じさせることでしょう。

しかし 30代、 40代の転職で求められるのは若々しさや将来性ではなく、これまで蓄積してきたキャリアや経験、実績です。リクルートスーツに身を包んでしまうと、若者が着用した場合とは違った印象、それは例えば頼りなさや、経験の少なさを相手に感じさせてしまう可能性があります。30代、40代の転職で求められるもの、アピールしたいこととは真逆の印象を与えてしまう危険性があるのです。

また、 10年以上前のリクルートスーツは古びているでしょうし、サイズが合わないことも考えられます。 30代、 40代ではビジネスに相応しい TPOをわきまえた服装が求められます。これらの理由により、リクルートスーツは転職面接には相応しくないのです。

ビジネススーツやジャケット着用がおすすめ

転職時の面接ではとくに服装指定があるわけではありません。しかし30代、 40代の女性の転職時の面接は就職活動でもあり、ビジネスシーンの一つでもあります。ということは服装はビジネススーツ、もしくはスーツでなくてもジャケットの着用が相応しい姿だと言えるでしょう。

新卒の就職活動と異なり、転職時の面接では社会人としてのマナーはすでに身についていることが求められます。相手にとって失礼のない、不快感を与えることのない服装を心がけましょう。

シンプル&清潔感のある印象を心がける

面接での第一印象は服装で決まると言っても過言ではありません。そして服装で一番大切なポイントは清潔感です。ただし転職時の面接において第一印象は大切ですが、一番大切なのはその人の中身であって、服装ではないことを覚えておいてください。

高価な服装を用意する必要はなく、社会人のマナーをわきまえたシンプルで清潔感のある服装であればそれで十分です。決しておしゃれである必要もありません。

間違っても奇抜な格好をして服装で覚えてもらおうとなどしないようにしましょう。悪い意味で印象に残ってしまい、逆効果となってしまいます。

転職希望の業界によって選ぶ服装を変えよう

「シンプルで清潔感のある」身だしなみは、どんな業界のどんな職種にも適用される内容です。しかし例えばファッション業界やデザイナーなどであれば、面接での服装が極めて重要なポイントとなってくることが考えられます。また ITやメディア業界であれば、必ずしもジャケット着用がマストでない場合もあるでしょう。

逆に金融や公務員関係などのちょっと固めの業界ではジャケットだけでなくプレーンなスーツが相応しいということもあります。自分がどの業界のどの職種に転職を希望しているのかによって、面接時の服装は多少変わってくることを覚えておいてください。

同業界や同じ会社の人たちの服装を事前にチェックして、そのままその会社で働くことになっても違和感のない服装が、選ぶ時のポイントとなってくるでしょう。

インナーはシャツ以外もOK!胸元に注意

女性の場合、スーツやジャケットを着用する時のインナーに迷う人は結構多いようです。男性やリクルートスーツの場合はシャツが定番ですが、 30代、 40代の女性であれば必ずしもシャツでなくても構いません。

スーツやジャケットのインナーはカットソーでも問題ありません。色は清潔感のある白系で、胸元が開きすぎていない緩やかなネックのものを選べば良いでしょう。

転職面接のスーツ、購入するならどこがおすすめ?

現在の仕事がオフィスカジュアルが OKな職場であれば、スーツを持っていない人も多いかもしれません。では転職面接のためスーツやジャケットを購入するのであれば、どこがおすすめなのでしょうか。

転職前にそんなに予算をかけずにリーズナブルなスーツを購入できる、おすすめショップをご紹介します。

スーツからインナーまでそろうユニクロ

全国津々浦々に店舗のあるユニクロでは、転職活動の面接にも使えるセットアップ可能なジャケットとボトムスが多数取り揃っています。値段の目安はジャケットが 7,990円(税抜き)、スカートが 2,990円(税抜き)、パンツが 3,990円(税抜き)です。転職活動が終了しても使えそうな、プレーンですがデザイン性の高いラインナップとなっています。

さらにおすすめは、ユニクロのオーダーメイド感覚で作れるスーツのシリーズです。なんと2,000通り以上のサイズパターンから自分にぴったりのサイズのスーツを作ることができます。オーダーメイドと聞くと時間がかかったり、値段が高かったり、採寸が面倒だったりと敷居が高いイメージがあるかもしれませんが、ユニクロであればその心配は無用です。

スカートやパンツ、シャツであれば最短翌日、ジャケットは最短 3日で届けてくれます。ジャケットだけは+ 2,000円の 9,990円(税抜き)ですが、スカートやパンツ、シャツの値段は既製品と変わりません。採寸は自分で行うか、サンプルのある店舗で試着するかのどちらかを選べます。

またユニクロであればシャツ以外にもジャケットに合わせるインナーも各種揃っているので、転職活動に必要な服装を全て揃えることができます。

リーズナブルに購入できるしまむら

カジュアルウェアや子供服などでおなじみのしまむらにも、スーツがあることをご存知ですか?しかもユニクロよりもさらにリーズナブルな価格で購入できます。シンプルなジャケットとスカート、もしくはパンツのセットアップで  7,800円(税込み)〜ほどが目安です。

転職活動は長期戦になる可能性もあります。その間に活躍するスーツは転職活動が終了する頃には相当痛んでいることでしょう。転職活動中に集中的に限定的に着ることを目的とするのであれば、できるだけ価格が安いものにしたいですよね。しまむらであれば、30代、40代の転職活動にも相応しい良質なスーツが、リーズナブルプライスで購入できます。

転職後も職場でスーツを着用するなら専門店も

転職後もスーツを着用する職種なのであれば、転職活動中だけでなくその後も使えるよう、さらに上質なスーツを専門店で購入あるいは作ってしまうというのもおすすめします。

また、30代、 40代であればそれなりの地位を築いている人も少なくないでしょう。例えば管理職でのキャリアがあり、さらにステップアップを目指しているのであれば、よりハイクオリティなスーツを着用した方がよいケースもあります。

社会人としての身だしなみやマナー以上に、管理職であれば風格や威厳なども求められるところです。キャリアアップに相応しい自分を演出するために、転職活動のスーツへ先行投資をしてみるのもよいでしょう。

30代、40代女性の転職面接、身だしなみのマナーは?


ではここからは、30代、 40代の転職面接での服装以外の身だしなみのマナーを見ていきましょう。転職面接ではスーツあるいはジャケットを着用したビジネスシーンでの服装を想定しているため、それに相応しい髪型、メイク、バッグなどが基本です。それぞれ具体的に詳しく確認していきましょう。

ヘアカラーはダークブラウンなどが基本

30代、40代の女性の転職の面接時のヘアカラーは、ブラックもしくはダークブラウンが基本です。いわゆる「茶髪」と言われるような明るいブラウンカラーは避けた方がよいでしょう。ヘアスタイルは清潔感のあるすっきりしたものがおすすめです。

そして髪の色やヘアスタイルよりももっと大切なのが、きちんと手入れされているかどうかです。身だしなみをきちんと整えられる人は、きっと仕事でもきちんと計画的に物事を進められる人であるとみなされるでしょう。

面接のために時間を割いてくれる相手にとって失礼のない、不快感を与えないヘアスタイルを心がけましょう。

メイクは派手すぎない上品なイメージで

メイクは奇抜な派手なものではなく、上品なイメージを作れるナチュラルメイクが基本です。面接官にも色々な人がいますが、ナチュラルメイクであれば万人受けするはずです。

しかしいつものメイクから急に変える必要はありません。面接でついつい気合いが入ってしまうかもしれませんが、いつもの自分を面接時に急に変えることはできません。ありのままの自分をアピールすることを忘れないでください。

足元はストッキングにシンプルなパンプス

ジャケットにスカートのスーツスタイルの場合は、ナチュラルカラーのストッキングを着用しシンプルなパンプスを合わせるようにしましょう。パンツスタイルのスーツの時もショートストッキングにパンプスがおすすめです。

パンプスはシンプルな黒の本革もしくは合皮のタイプで、ヒールは5cm前後がベストです。ピンヒールや高すぎるヒール、サンダルやミュール系はNGです。通勤にはスーツにデザインヒールを合わせていたとしても面接の時にはあくまで控えめに、オーソドックスなスタイルを心がけましょう。

またヘアスタイル同様、きちんと靴の手入れがなされているかもポイントです。かかとがすり減っていないか、つま先部分が汚れていないか、革が疲れて光沢を失っていないかなど事前にチェックしておきましょう。

バッグは書類が入る大きさを

バッグはベーシックな黒もしくはダークブラウン系のショルダーバッグにしましょう。面接時に必要な履歴書や職務経歴書などの書類を、折らずに余裕を持って入れられる大きさが目安です。

一目でブランドがわかるようなロゴ入りバッグは、人によっては不快感を持たれてしまうことがあるので注意しましょう。またカジュアルすぎるバッグ、リュックサックなどはNGです。

アクセサリーは小ぶりなものがベター

転職の面接時にアクセサリーが完全にNGというわけではありません。主張が強すぎないさりげない小ぶりなものであれば、アクセサリーは女性らしさや華やかさを演出してくれるでしょう。

ベーシックなスーツスタイルを邪魔しない、シンプルで小ぶりなものを身につけるようにしましょう。

転職面接のマナーなども転職エージェントに相談を!

これまでご紹介してきた30代、40代の女性の転職面接での身だしなみのマナーは、あくまで一般的な内容です。築いてきたキャリアや目指す方向性、業界、職種によって面接時の服装は異なってくるでしょう。

転職活動をする時は、このような面接時の服装などのアドバイスももらえる転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントは求人のある企業を紹介するだけではありません。キャリアの棚卸しから自己PRのポイント、書類の書き方やこのような面接時の対策なども色々とアドバイスしてもらえます。

おすすめは一つのエージェントに絞るのではなく、狙っている業界に精通しているエージェントにいくつか登録しておくことです。

一般的な服装のポイントを網羅したら、転職エージェントに相談しながら少しずつアレンジしていき、自分の色を少しだけ出してみましょう!

✔ おすすめ転職エージェント
完全無料転職支援サービスを利用することで、キャリアの棚卸しを含めた転職活動ができます。

いち早くキャリアの再スタートを切りたい方はぜひ一度相談をしてみてください。

最低3つのエージェントに登録することで多角的に情報を取得しましょう。

No.1転職エージェント
総合評価 ビズリーチ
求人の数 リクルートエージェント
求人の質 ビズリーチ
傾聴力 dodaエージェント
提案力 マイナビエージェント
返信スピード ビズリーチ
内定スピード ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けのサービスなので、20代の方やこれまでのキャリアにそこまで自信が持てない方は、リクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントの同時登録をおすすめします。

まとめ

以上、30代、40代の転職面接の身だしなみいついて解説してきました。新卒の就職活動の時よりも、より自分が築いてきたキャリアや社会人としてのマナーが、面接時の服装においても求められることがわかりました。第一印象で服装は大きな割合を占めるため、せっかくの面接の機会を服装で失敗しないよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!