転職面接対策完全ガイド!よくある質問と回答例、自己紹介や服装のポイントを解説!

「どのような質問をされるのだろう、服装はスーツでいいのだろうか……」
「すぐに質問に答えられるだろうか、緊張してうまく話せないのでは……」

転職を成功させるためには避けて通れない面接ですが、考えるだけで緊張し不安を感じてしまう人も少なくはないでしょう。

転職面接では新卒面接とは違った特徴があり、質問される内容もより濃いものとなります。

しかし、緊張し不安を感じたまま面接に挑んでしまっては、自分を上手にアピールすることはできません。

面接で質問されることや振る舞い方など、しっかりと理解し準備することで緊張を抑え落ち着いて面接に挑めるでしょう。

この記事では、転職面接での質問傾向や自己アピールのポイント、服装や振る舞い方などを解説します

記事を読むことで、自信をもって転職面接を受けられるようになるでしょう!

転職の面接を成功させる3つのポイントは?

転職面接に自信をもって挑み成功させるためには、以下3つのポイントを抑えておきましょう。

  1. 質問と回答を想定しておく
  2. 自己紹介を準備しておく
  3. 清潔感のある服装を把握する

これら3つのポイントについて、次から徹底解説していきます。

転職面接でよくある質問4選と回答例

転職面接では質問傾向を把握し、しっかりと回答を準備しておくことが重要です。

一度社会人を経験した人間にとって面接で質問されるような内容ですら答えられないのでは、良い評価を得るのは難しいと考えておきましょう。

ここでは、一般的に転職面接でよくある4種類の質問と回答例を紹介します。

1. キャリアについての質問

自分の強みが、いかに企業にマッチしたものなのかをアピールするのがポイントです。

前職で自分の強みによってどのような成果を得ていたのかなど具体的に説明し、転職先の企業でどのように活かせられるかをアピールしましょう。

質問例 回答例や解説
今までの職歴を教えてください
  • 私は、○○株式会社で経理業務を4年間担当してきました

 

あなたの長所、強みはなんですか?
  • ITを活用した業務の正確性やスピードには自信をもっております

 

長所によっての成果を具体的に教えてください
  • 前職ではチームリーダーとしてITを活用した経理業務のシステム化を進め、全社の処理業務の効率化を成功させました
この会社ではどのように貢献してくれますか?
  • 今までの経験を活かし、ITを活用した業務全般の効率化にお役に立てると考えております

これらはすべて、自己PRとなることです。

企業にとって有用な人材とアピールするためには、しっかりと自己PRする必要があります。

企業の事業内容などをしっかりと調べておくことで、自分の強みがどのようにマッチするのかアピールできるのです。

また、業界や企業をしっかり調査したとが伝われば、入社の意思が強いということも伝えられるでしょう。

面接自己PRについての詳細は、関連記事をご覧ください。

面接での自己PRポイントは3つ!流れを理解して効率的に伝える方法と例を紹介!

2. 志望動機や退職・転職理由の質問

志望動機は、企業にマッチした人材であることをアピールするような回答がベストです。

また、転職理由は前向きな理由を準備しておきましょう。

質問例 回答例や解説
当社を志望した理由をお聞かせください
  • 企業の何に共感したのかなど
  • 共感したことへ自分をどう活かせるか
当社のほかに応募した会社はありますか?
  • あると答えてもOK
  • 応募した職種や仕事内容に一貫性をもたせる
当社を選んだ判断基準はなんですか?
  • 自分のスキルや強みが活かせると判断
  • 将来的な成長が見込めると判断
なぜ転職しようと考えたのですか?
  • キャリアアップなど前向きな理由
  • ネガティブな理由など正直に答えるべきだが換言して伝える

企業としては、入社後すぐに辞められるのは避けたいことです。

面接では、どれだけ本気で応募してきたのかを判断するために、志望動機や転職理由を質問してくることがあります。

また、面接という短い時間のなかで、人間性を見るという意味で質問しているケースも少なくはありません。

転職理由などについての詳細は、関連記事をご覧ください。

転職理由はなぜ重要?面接を成功させる理由の例文、伝えるポイントを解説

3. 短所や弱みに関する質問

短所や弱みを質問する理由は、しっかりと自己分析ができているかを判断するためです。

質問例 回答例や解説
あなたの短所を教えてください
  • ネガティブな表現にならないように注意する
  • 長所を際立たせるための短所を伝える

長所がコミュニケーション能力があるということなら、短所を「思ったことを発言してしまう」など一貫性をもたせる。

たとえば「短所は、思ったことをすぐ口に出してしまうところがあります」など。

思ったことを口に出すのは、タイミングによって避けたほうがよいケースもありますが、長所であるコミュニケーション能力へつながることでもあります。

このように、表現の仕方によっては短所をうまく表現しアピールできるのです。

転職面接では自己分析が重要といえます。自己分析についての詳細は、関連記事をご覧ください。

転職と自己分析の関係?前向きな転職のために意識する3つのポイント

4. 転職回数が多い人への面接での質問

転職回数が多いと、「入社後すぐに辞めてしまうのでは?」と考えられてしまう一因となります。

質問例 回答例や解説
転職回数が多いようですが?
  • 転職回数を問題とした答え方はせずに、複数業種を経験したからこその強みをアピールする

「4回転職していますが、それは…」など言い訳を伝えるような話し方ではなく、「4回の転職を経験し、さまざまな業務を…」など強みとして伝わる話し方を意識する。

  • なにか理由があったのか質問された場合は、前向きな理由を伝える

「自分を成長させ、能力を発揮できる企業で働きたいと考え転職した」など。

転職回数が多くても、目的が明確であれば不利とはいえません。そのため、ネガティブな理由を並べることは避けるようにしましょう。

面接で質問されることなどについての詳細は、関連記事をご覧ください。

転職の面接でよくある質問集と回答例まとめ!新卒面接との違いも解説

年代別に聞かれることを紹介

年齢によって質問される内容に違いはあるのでしょうか。ここでは、20代と30代の転職面接による特徴を紹介します。

20代の人が聞かれやすい質問

質問例
仕事をするうえで、大切にしていることはなんですか?
新卒で入社した企業は希望どおりの会社でしたか?
最近関心があるニュースはなんですか?

20代ではスキルや強みなど、うまく伝えるのは難しいことです。どのような質問へも正直に答えるように心がけましょう。

アピールポイントとしては、会社のビジョンへ共感した内容や、企業にマッチした人材となる伸び代を感じさせる内容に触れながら質問に答えることです。

30代以降の人が聞かれやすい質問

質問例
キャリアプランをお聞かせください
入社後どのような業務に就きたいですか?
前職の業務内容を教えてください

ほとんどが前述したようなキャリアについての質問になります。

アピールすべきポイントは、即戦力となる内容や強みをうまく伝えるということです。

転職面接の自己紹介をする際のポイント

自己紹介は以下3つのポイントを意識して準備しましょう。

  1. 企業にマッチする長所を簡潔に伝える
  2. 長所の具体的な経験談や理由を伝える
  3. 長所を企業でどのように活かせるかを伝える

転職の面接では、何度も紹介しているようにキャリアについてのアピールが大切です。

企業が自分を採用することによって得られるメリットを上手に伝えるように、しっかりと準備しましょう。

面接での自己PRポイントは3つ!流れを理解して効率的に伝える方法と例を紹介!

転職の面接にふさわしい服装・スーツは?

転職面接での服装は、業種や職種によって異なるケースもありますので、面接前にしっかりと調査しておきましょう。

たとえば、アパレル系では服装は自由として着こなしで個性をアピールするケースがあったり、IT系ではビジネスカジュアルが好まれたりなど傾向もあります。

しかし、基本的には清潔感のある服装を心がけるようにしましょう。

面接時の女性の服装、ポイントは?

転職面接にリクルートスーツはNGといえます。リクルートスーツは一般的に学生が就職活動で身につけるものです。

20代前半など若い世代の転職ではリクルートスーツであっても違和感はありませんが、20代後半以上ではビジネススーツなどが一般的とされています。

普段から仕事でビジネススーツを着ているなら、その服装で問題ありません。

ない場合は、ユニクロやしまむらなどの量販店でもリーズナブルに一式を揃えることができます。

女性の転職面接時の服装について、詳細は関連記事をご覧ください。

30代、40代女性の転職面接、服装はどうする?スーツやインナーの選び方を解説

インナーは「シンプル&明るい色味」

インナーは派手過ぎるデザインや柄のものは避けて、明るく清潔感がある色味のものを選びましょう。

襟付きのシャツが一般的ですが、胸元が開き過ぎないカットソーなどでも清潔感がある色合いなら問題ありません。

ネクタイを選ぶ注意点

一般的にはネクタイの色は、グレー、青、エンジが無難です。白や黒、派手な色合いなどのネクタイはNGとされていますので避けましょう。

しかし、アパレル系ではピンクや黄なども一般的とされているので業界によっても好まれる色に違いはあるといえますが、転職面接という性質上、一般的で無難なものを選ぶことをおすすめします。

逆質問の意味は?対策と回答例を紹介

「なにか質問はありますか?」と、面接官から逆質問を求められるケースもあります。

なにもないなら「とくにありません」と答えてしまいたいところですが、この逆質問も面接における「ひとつの質問」と考え、しっかりと準備しておきましょう。

ここでは軽く触れる程度ですが、詳しく知りたい方は関連記事をご覧ください。

面接の逆質問はひとつの質問!?面接官の「質問はありますか?」への対策例も紹介!

面接官が逆質問をしてくる意味

逆質問は、面接官へ好印象を与えられるチャンスの場面だといえます。

選考に直接関わることだとはいい切れませんが、自己アピールの機会を与えられたと考えて、しっかりと質問を準備して面接へ挑みましょう。

  • コミュニケーション能力
  • 企業にマッチする人材なのかを判断
  • 入社意欲を判断

逆質問には企業によってさまざまな目的がありますが、一般的には上記のような意味合いがあります。

また、自社が一般的に世間からどのように評価されているのかなどを調べる目的を含んでいるケースも少なくはありません。

転職面接で困らない!逆質問の回答例

面接官によっても質問内容に違いをもたせることが効果的です。ここでは、人事、上司、役員、3パターンの回答例を紹介します。

逆質問回答例と解説
人事担当
  • 私のスキルなどで足りない部分があれば教えてください
  • 前職では○○に強みを感じていました。ほかに求められる能力はどのようなものでしょうか?

人事担当への逆質問では、転職の強みといえる前職の経験などに触れるながら質問する。

上司
  • 採用となったら、入社までに学んでおくべきことはありますか?
  • 職場の雰囲気を教えていただけますか?

学ぶなど意欲をアピールしたり、職場で働くことをイメージさせたりする質問をする。

役員
  • 御社の10年後はどのようになると考えていますか?
  • 今後、御社はどの商品やサービスを主力としていくお考えでしょうか?

役員へ逆質問では、企業や業界を調査してきたという意欲などをアピールする質問をする。

具体的な商品やサービスがあるなら、名前を出して質問するなど工夫してみる。

転職面接の対策をしても、実際には企業によって質問内容や振る舞い方などが違うケースも少なくはありません。

そのため、万全に準備しても不安な気持ちを取り除けず緊張してしまうこともあります。

企業によっての面接傾向を知ることができれば、精度の高い準備もできるのではないでしょうか。

面接の流れやコツは転職エージェントが教えてくれる!

転職エージェントでは、各企業における面接の質問や流れ、時間などさまざま傾向を把握しています。

どのような質問をされどう答えるべきか、模擬面接など繰り返してサポートしてくれるので、しっかりとした面接準備が可能です。もちろん、服装や自己紹介の方法なども業界や企業に合わせてレクチャーしてくれます。

自分の強みがわからないという人でも、面談によって自分では気づいていない転職先へアピールできる強みを見つけてくれるケースも少なくはありません。

また、企業へ本当に質問したいことは待遇面などではないでしょうか。入社前に企業側と会話する場は面接しかなく、このような聞きづらい質問をできるは機会はないに等しといえます。

しかし、転職エージェントでは、自分の聞きたいことや希望など代わりに質問してくれたり交渉してくれたりするので安心して転職活動を進めることができるのです。

転職を検討しているなら、まずは転職エージェントへ相談してみてはかがでしょうか。

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!

まとめ

記事のポイントは以下になります。

  • 転職面接では、質問、自己紹介、服装などポイントとなる
  • 20代と30代以降の面接では質問される内容も違うのでしっかりと準備しておく
  • 自己紹介は自己アピールと考え、長所や経験が企業にとってどのようにマッチするのかを説明できるように準備しておく
  • 服装は基本的に清潔感をもたせる
  • 逆質問は自己アピールのチャンスと捉え、しっかりと準備する
  • 転職面接に不安を感じるなら、転職エージェントの利用を検討する

転職面接では、一般的な質問や自己紹介や服装などを想定し準備することは可能です。

しかし、転職市場が拡大している昨今では業界や企業によってさまざまな特徴があり、面接傾向を予想できないケースが多くなっています。

転職エージェントでは、業界や企業の面接傾向を把握し支援してくれるので、面接に万全を期したいのなら転職エージェントへ相談してみてはいかがでしょうか。