仕事のストレスを解消するには?原因別対処法やストレスチェックの方法を紹介

職場の人間関係や仕事へのプレッシャーなど、何らかのストレスを感じながら仕事をしている人は多いでしょう。

どうやってストレスを解消すればよいか分からなかったり、誰かに打ち明けることに戸惑いを感じたりと、ひとりで悩んでいませんか?

ストレスを抱えたまま仕事をするのは、あなたにとって何のメリットもありません。限界が来る前に、原因に合った対処法をおこなうことをおすすめします。

この記事は、仕事にストレスを感じる原因や対処法を詳しく紹介します。つらい状況を根本的に解決するために、原因に合ったストレス解消法を実践してみてください。

仕事にストレスを感じている人は半数以上?!

ストレス社会と言われる現代。多くの人が日々ストレスを感じながら仕事をしているのではないでしょうか。

厚生労働省の平成30年労働安全衛星調査(実態調査)では、58%の人が仕事にストレスを感じているいう結果が出ています

引用元:平成30年 労働安全衛生調査(実態調査) 結果の概況|厚生労働省 h30-46-50_kekka-gaiyo02.pdf

ストレスになる原因がそれだけ多いとも言えるでしょう。では、どのようなことにストレスを感じるのでしょうか。

次の章では、仕事にストレスを感じる3つの原因について詳しく説明します。

仕事にストレスを感じる3つの原因

仕事にストレスを感じる原因は人それぞれ違うかと思いますが、主な原因は以下の3つがあります。

  • 職場の人間関係
  • 仕事の失敗や責任の重さ
  • 仕事の質や量

具体的にどのようなことでストレスを感じるのか、詳しく見ていきましょう。

職場の人間関係

人間関係はストレスの原因になりやすいものです。誰しもが違う価値観をもっているため、どうしても合う人・合わない人はいます。

特に職場には、年齢・性別・性格・環境・立場などが違うたくさんの人がいます。仕事の人間関係になるため、合わない人とも関わらなければいけません。

割り切ったり我慢することも必要ですが、耐えきれないほどの苦痛を感じる人間関係ならばストレスは溜まる一方でしょう。

仕事の失敗や責任の重さ

仕事に失敗は付きもの。失敗することで学ぶこともたくさんあります。しかし、あまりにも失敗が多かったり何度やってもうまくいかないことが続くと、ストレスを感じる原因になるでしょう。

また、立場によっては責任の重さにプレッシャーを感じ、ストレスの原因になることもあります。

適度な仕事の失敗や責任はよい刺激になりモチベーションアップにつながることもありますが、過度な刺激は大敵です。

仕事の質や量  

仕事の質や量に悩んで、ストレスを感じる人も多いかと思います。

  • 残業が多い:疲れが取れない、プライベートの時間が確保できない
  • 給与が少ない:生活に余裕がもてない、貯金ができない、遊べない
  • やりたい仕事ではない:メリハリがない、つまらない、やりがいがない

上記のような理由により、イライラしたりこころに余裕がもてなくなりストレスへとつながります。

何の不満もなく仕事をしている人は少ないかと思いますが、常に余裕をもてない状況ならばストレスを感じてしまうこともあるでしょう。

原因別・仕事のストレス解消法

仕事に対して強いストレスを感じている場合や、日常的にストレスを感じている場合は、環境や状況を根本的に改善しなければ意味がありません

この章では、仕事のストレスを根本から解消するために、原因別でストレス解消法を説明します。ぜひ参考にして実践してみてください。

人間関係にストレスを感じている場合

多くの人が働く職場では、性格や価値観の違いにより人間関係にストレスを感じることもあります。

人間関係の中でも、上司に対してストレスを感じている人は特に多いのではないでしょうか。意見が合わなかったりきつい言い方をされたり…とは言え上司だからこそ反論ができずにストレスが溜まるということもあるかと思います。

以下では、人間関係にストレスを感じている場合の根本的なストレス解消法を紹介します。

適度な距離感を作る

人間関係にストレスを感じている場合の解消法1つめは、適度な距離感を作ることです。このストレス解消法はただ単に距離を取って接する頻度を減らすだけではなく、相手の言動や気持ちを考えるきっかけにもなります。

距離感を作ることで「なぜこんなに厳しい態度を取られなければいけないのか?」ではなく「なぜ厳しい態度を取らせてしまっているのか?」という客観的な考えを持つことができるようになります。

どこの職場にも、合わない人や苦手な人はいるものです。相手のせいばかりにするのではなく相手の気持ちや立場に目を向けることで、人間関係を改善していくことができます。

適度な距離感を作ることで冷静に物事を考えられるようになり、根本的に人間関係を改善してストレスを解消することが可能です。

信頼できる人に相談をする

人間関係にストレスを感じている場合の解消法2つめは、信頼できる人に相談をすることです。ストレスや悩みは、ひとりで考え込んでも解消できないこともあります。誰かに相談することで、自分の考えとは違った視点からのアドバイスを受けることもあります。

誰かに話すことで自分の気持ちを整理することにもつながるため、つらいときは誰かに相談することをおすすめします。

家族・友達・上司・同僚など、信頼できる人に相談しましょう。話す相手を間違えると、悪口と捉えられたり他の人に内容をバラされてしまうこともあります。

興味本位ではなく、あなたのことを想って話を聞いてくれる相手に相談してください。

部署異動を希望する

人間関係にストレスを感じている場合の解消法3つめは、部署異動を希望することです。改善を試みたけれども解決できない場合は、ストレスを感じる相手と離れるために部署異動をすることもひとつの方法です。

部署異動を希望する際は、理由を明確に伝えることを心掛けてください。ただ嫌だからという理由ではワガママと捉えられてしまいます。これまでの経緯や試してみた改善策、その結果どうなったかをなるべく細かく伝えて、理解を求めましょう。

以下のように時系列に沿って説明すると、伝わりやすくなります。

  1. いつ・どこで・何が起こったのか?
  2. それに対しておこなった改善策は〇〇だ
  3. しかし結果は〇〇だった
  4. だから部署異動を希望します

これまでの経緯などを紙に書き出すと、落ち着いて伝えることができるためおすすめです。

仕事内容にストレスを感じている場合

仕事内容とひとことで言っても、ストレスを感じる部分は人それぞれだと思います。仕事の失敗や責任の重さ、仕事の質や量、業務時間の長さや給与が低いなど、社風や立場などによって変わってきます。

やりたくない仕事もあればつまらないと感じる仕事もあるでしょう。しかし仕事内容に何の不満もなく、100%納得している人の方がめずらしいかもしれません。

ただし、あまりにもストレスを感じているならば改善するべきです。以下では、仕事内容にストレスを感じている場合の根本的なストレス解消法を紹介します。

部署異動を希望する

仕事内容にストレスを感じている場合の解消法1つめは、部署異動を希望することです。今の仕事に対して必要以上にストレスを抱えている場合は、どれだけそこで頑張ったとしても効率がよいとは言えないでしょう。

自分に合う仕事に力を注ぐ方が、あなたにとっても会社にとっても効率がよいはずです。部署異動を希望する際の伝え方は、人間関係にストレスを感じた場合でも紹介したとおり時系列に沿って説明しましょう。

働き方を見直す

仕事内容にストレスを感じている場合の解消法2つめは、働き方を見直すことです。仕事に対してのストレスは多かれ少なかれあるものですが、あまりにも自分と合っていないのであれば改善することをおすすめします。

まずは社内でできることから改善してみましょう。上司に相談して業務を見直してもらう、部署異動やポジションを変えてもらう、効率よく仕事ができるように工夫するなど、できることからはじめてみてください。

それでも改善しないようならば、転職を検討してみるのもひとつの方法です。働き方は1つではありません。自分に合った働き方を見直してみましょう。

スキルアップや自己啓発に取り組む

仕事内容にストレスを感じている場合の解消法3つめは、スキルアップや自己啓発に取り組むことです。仕事がつまらない、やりがいを感じれないことに対してストレスを感じているならば、スキルアップや自己啓発に取り組むことは効果的です。

知識や経験が増えれば、やれることも比例して増えていきます。資格取得や自分の得意分野を伸ばす、苦手分野を克服するなど、何でもよいのでチャレンジしてみましょう。

目標があることで活力が湧きます。何かにチャレンジすることで新たな発見もあります。自分自身を奮い立たせることで、仕事内容に対するストレスを軽減することができるでしょう。

ストレス診断やストレスチェックで自分を知ろう

ストレスを放置しておくと、病気になる恐れもあります。まずは自分にどれだけストレスがかかっているか、ストレスセルフチェックで確認してみましょう。

厚生省のストレスセルフチェックは、4つのステップによる質問に答えるだけであなたのストレスレベルを測定できます。

5分でできる職場のストレスチェック|こころの耳:働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト(自殺対策を含む)

病院でもストレスチェックができるので、不安が大きい場合は専門医の診察を受けてみることをおすすめします。

仕事のストレスが限界なら、転職や休職も考えよう

ストレス解消法を実践しても改善がみられず限界と感じる場合は、転職や休職を考えてみるのもひとつの方法です。無理をし続けると体調にも悪影響をおよぼし、うつ病などにかかるリスクもあります。

つらいまま放置しておくと悪化してしまい治療が困難になる恐れもあるため、無理しないことが大切です。

転職して環境を変えてみる、休職してゆっくり療養するなど、早めに対策をしましょう。

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!

まとめ

  • 仕事にストレスを感じている人は58%もいる
  • 仕事のストレスの原因は「職場の人間関係」「仕事の失敗や責任の重さ」「仕事の質や量  」が多い
  • 仕事のストレスは環境や状況を根本的に改善しなければ意味がない
  • 自分の状況に合った解消法を試してみよう
  • ストレス診断やストレスチェックで自分を知ることが大切
  • 仕事のストレスが限界なら転職や休職を検討してみよう

仕事をしていればストレスは感じるものですが、あまりにも負担になるようなら早めにストレス解消をしたり、転職や休職をするなどの改善策をおこなうことが大切です。うつ病になる前に自分の気持ちとしっかり向き合い、根本的な改善をしていきましょう。