40代でも転職は可能?未経験からでも成功に導く秘訣とは?

40代の転職と聞くと、年齢が壁になってしまい厳しいというイメージを抱くかもしれません。そのイメージはある意味正しく、ある意味正しくありません。

きちんと経験や知識を積み重ね、将来のクリアなキャリアビジョンを持っている人にとって40代という年齢は転職の障壁になりません。40代の転職は決して簡単とは言えませんが、時間をかけて丁寧に転職活動を行えば明るい未来が待っていることでしょう。

でもいざ40代での転職を考えると不安や心配が押し寄せてくるのではないでしょうか。40代でも転職が可能な理由や、成功に導くポイントなど40代で転職を始めるときに欲しくなる情報をまとめました

40代での転職は可能?

40代での転職は可能です。もちろん20代、30代の頃のように引く手あまたなわけではありません。しかも採用する企業側から求められることも多くなってくるため、決して簡単であるとはいえません。しかし自分自身の方向性を定め企業が求める人材とマッチする求人に応募すれば、40代からの転職は十分可能であり、年齢で転職を諦める必要はありません。

ただし40代の転職が簡単ではないことは肝に銘じておくことが必要です。40代の転職の現実を知るために、その実態を明らかにしていきましょう。

40代の転職は増えている

一般社団法人日本人材紹介事業協会の調査によれば、2017年から2018年にかけて40代の転職希望者は増えています。またリクルート研究所の調査によれば、2017年から2018年において企業の40代の採用も増加していることが分かっています。

求職者も採用も増えているということは40代で転職を考えている人にとっては良いニュースです。しかし単純に数が増えていることを喜ぶことはできません。なぜならば企業は40代の「経験者」の中途採用枠を増やしているという事実があるです。

40代の採用枠が増えているのはあくまで経験者の枠であり、これまでの就労によって年齢に相応しいキャリアを積んできているかどうかがポイントになってくるということをしっかり覚えておきましょう。

40代の転職が厳しいと言われる理由

40代の転職は厳しい、40代の転職はギリギリである、というようなことが巷では言われています。その大きな理由の一つは、求人件数の絶対的な少なさと言えるでしょう。中途採用の求人件数は30代をピークに40代では減少し、さらに50代以降でぐっと減ってしまいます。求人件数の少なさはそのまま40代の転職の厳しさにつながります。

さらに40代での転職では未経験もウェルカムな20代の転職と異なり、企業側が求める条件がハイレベルかつきめ細かくなります。このような点も40代の転職が厳しいと言われる理由でしょう。企業はよりターゲットを絞った、明確な40代の人材像を求めています。

逆に40代の転職希望者が出してくる条件も、その人のキャリアがハイスペックであればあるほど、給与などの希望条件が高くなります。結果、お互いの条件がかみ合わないという事態も多く発生してしまいます。40代であれば家庭の大黒柱となっている場合も多く、求職者もなかなか妥協するわけにはいきません。

このように40代の転職は単に求人件数が低いだけでなく、企業側と転職希望者のマッチングがうまくいかないというところも転職を厳しくする大きな理由となっています。

企業が求める40代とは?

では企業が求める40代とはどのような人材となるのでしょうか。マイナビの「中途採用業務の実績調査」によれば、企業が40代の中途採用を行った理由は多い順に下記のような内容となっています。

  1. 豊富な経験
  2. 専門性の高さ
  3. 長期の定着性
  4. モラルや責任感がある
  5. 様々な環境への適応性
  6. 幅広い人脈、対人関係能力の高さ
  7. 若手の指導

やはり豊富な経験や専門性の高さは最も求められるところです。しかし社会人経験の長さによるモラルや責任感、定着性への期待、コミュニケーション能力の高さなどは業界や業種を問わない内容です。具体的で専門的な経験と同じようにこの年代だからこそ得られる仕事に対する姿勢や、社会人としてのスキルへの期待も高いということが見えてきます。

 

40代の転職を成功させるポイント

40代という年齢は転職においてデメリットと考えられがちですが、実は前述のように大きなメリットともなります。企業の求める40代の人材像は明確になっていることが多いので、自分がいかにその人材として適切であるかということをアピールできれば、転職を成功に導けるでしょう。

では具体的にどのように企業の求める人材像であることをアピールし、どのような心構えが必要なのか、40代の転職を成功へ導くためのポイントを整理していきます。

知識やスキル、経験を整理しておく

40代の転職で最も大切なことは、自分が今まで培った知識、スキル、経験などをどのように次の転職に生かすことができるかというところです。

そのためにこれまでの就労経験を振り返り、キャリアの棚卸をしていきましょう。キャリアの棚卸をしていくうちに、自分が目指すべき転職の方向性や可能性などがある程度見えてきて、照準が絞られてくるはずです。40代の転職は幅広く手当たり次第にやるのではなく、ある程度的を絞って効率的にやる方が勝率が高くなります。

また、キャリアの棚卸をしていくうちに、自分でも気づいていなかったような意外な知識や経験が見つかるかもしれません。

年収アップだけにこだわらない

厚生労働省の調査によれば、40代での転職で年収がアップした人は約3~4割、下がった人が約3割という結果が出ています。しかも年収が上がった人の方が下がった人よりも多くなっています。データ的には40代の転職をそんなに悲観的に考える必要はないのかもしれません。しかし20代や30代に比べれば年収がアップする人の割合は減っていることを忘れないでください。

40代では家庭があり家族を養っていく責任を背負っている場合も多いでしょう。収入を下げるわけにはいきませんが、収入を途絶えさせるわけにはもっといきません。

しかし収入をアップできた人は多くて4割ですから、半分以上は現状維持もしくは下がってしまっているということです。この現実を重く受け止めなければなりません。年収アップにだけこだわっていると、転職がスムーズにいかなくなってしまうことも考えられます。

40代の転職はもしかすると最後の転職活動になり、そのまま定年までその会社で働き続けるということもあることでしょう。キャリアの棚卸をしながら自分を見つめなおし、これからの人生で何を大切にしていきたいのかを考えましょう。もしかするとそれは必ずしも給与ではないかもしれないのです。

人脈を生かす

これまでのキャリアの中で培ってきた人脈を転職に生かすこともできます。業界をどうしても変えたいという人ならともかく、同じ業界で転職を探す方が断然スムーズです。業界は広いようで狭いものです。転職の意思があることを信頼のおける知人などに伝えておけば、企業内で内々に動いている求人案件などを紹介してもらえる可能性があるかもしれません。

企業においても一般募集で応募してくる全く知らない人よりも、信頼のおける人からの紹介の方が断然信頼度が高く、ある程度のところまでは有利に進めることができるでしょう。もちろんエントリーの時点で有利に立てたとしても、最終的には本人の実力次第です。           

謙虚な気持ちを大切にする

40代の転職で抜け落ちがちなのが、心構えです。40代にもなればキャリアも年収もそこそこに築いていることが多いことでしょう。それゆえに過去の経験を生かして年収アップしたいというプライドを捨てきれないことが多いようです。実はこのプライドを捨て、一から学ぶ謙虚さを持たないと40代の転職がうまくいきません。

まずは年収の面では前述のように、必ずしもアップできるとは限りません。さらにこれからの人生で大切なものを見つめなおし、最後の就職活動として何を求めるかを再考しましょう。

そして転職活動は採用が決まるまでではありません。採用が決まり転職してからが本当の転職の始まりです。新しい会社に入ればどんなに経験があっても、新人です。社風や働いている人たちに馴染むべく、謙虚な気持ちで一から学びなおす覚悟が必要なのです。

        

40代でも未経験の業界・職種に転職できる? 

40代での未経験の業界・職種への転職は大変厳しいのが現実です。(独)労働政策研究・研修機構の調査によれば、41~50歳での未経験での転職はたったの16%ほどで、21~40歳の74%を大きく下回ります。

ここからは40代での未経験の転職に焦点を当て、難しい理由やそれでも転職に成功した成功事例などを探っていきましょう。

40代での未経験転職が難しい理由

40代での未経験転職が難しい理由はやはり、企業が40代の採用者に求めることが豊富な経験や、高い専門性が大きいところからです。

時間をかけなければ得られないスキルや経験、人脈などはその人に紐づいていてます。これは企業がたとえ高い給与を払っても欲しいと思える、その人の築いてきた財産です。企業が40代の経験者を採用する理由はまさにそこです。

40代で未経験でもかまわないという求人もなくはありませんが、業界も業種も限られてしまうことは想像に難くありません。もはや若いと言えない年代に差し掛かり、未経験の分野に飛び込むということは、相当な覚悟が必要ということになるでしょう。

40代未経験でも転職に成功するケースとは?    

経験や専門性は40代の転職において最も求められるところです。しかし企業が求めているのはその業界や職種でしか使えないキャリアやスキルだけではありません。

例えばマネージメント経験や若手社員の育成、コミュニケーション能力、営業力などというのは、業界や業種を超えても使える経験です。これまでのキャリアを棚卸しする際に、未経験の業界や職種でも生かせる経験が必ず出てくることでしょう。

それらをいかに採用する側のメリットとしてアピールできるかが、未経験での転職を成功させることができる鍵となるはずです。       

40代の転職成功・失敗事例

では40代の転職の具体的な成功事例や失敗事例を見ていき、自分自身の転職活動に重ね合わせてみましょう。

40代の転職成功事例①

前職:社内SE・システム管理

現職:社内SE・システム管理

これまでのプロジェクトマネージメントレベルではなく、より高い視点での経営レベルでのIT解決を行いたく、キャリアアップのため転職を決意。10社以上の転職エージェントとお付き合いし、面接も70社以上受けていく中で自分自身の市場価値やセールスポイントがはっきりと見えてきた。最終的には自分を生かせる職場というポイントで企業を選んでいき、楽しく転職活動を行い、成功することができた。       

40代の転職成功事例② 

前職:マーケティング・販促企画

現職:マーケティング・販促企画

外資系の企業で日本人では最高のキャリアまで到達しやり切った感があったため、転職を決意。キャリアがあれば転職も簡単だとたかをくくっていたところ惨敗。その後は転職エージェントのアドバイスにより「転職理由、志望動機、自己PR」をしっかり準備したところようやく通るようになってきた。これまでのキャリアがあったとしても謙虚な気持ちで転職エージェントのアドバイスなどを取り入れる心構えが大切。

40代の転職失敗事例① 

現職:メーカー営業部長

エントリー職種:メーカー法人営業部門責任者

書類選考を通過し面接に至ったが、志望動機を聞かれ「キャリアアップして年収を上げたい」と答えたところ、面接で落ちてしまった。

志望動機でこのような答えをするミドル世代の転職者は意外と多いようですが、これが理由で落ちてしまうことも多いのです。志望動機で答えるべきは志望者が受ける恩恵ではなく、志望者が企業に提供し、貢献できるものでなければなりません。

40代の転職失敗事例②

上記のような具体的な例以外にも、下記のよう理由で転職を失敗したという事例もいくつか見られました。

  • 転職の理由が「今の会社を辞めたい」という後ろ向きな理由のみであった
  • 転職のビジョンを持っておらず、どこでもいいから転職したいという気持ちだった
  • 面接で現職への批判を繰り広げてしまった
  • 転職先への熱意が足りなかった

転職をする理由が現職から逃げ出したいという後ろ向きな理由だけだと、面接をする企業にもその想いが見透かされてしまいます。

また転職をする理由が定まっていない、明確なビジョンが見えていないとなると転職先への熱意を持つことは難しく、結果より熱意を持った志望者が採用されるということになるでしょう。

面接時に現職への批判を繰り広げるのはもってのほかです。現職でお世話になっている企業に対しての批判や悪口は面接を受ける相手の企業にとって心象の良いものではありません。

40代の転職は転職エージェントを活用しよう!


40代での転職の成功事例をみていると、転職エージェントをうまく活用しているケースが多いようです。

もちろんこれまでの人脈を生かし、信頼のおける知人からの紹介なども最大限に活用することをおすすめしますが、同時にエージェントにも登録しておく方がよいでしょう。

では40代の転職におすすめな転職エージェントとはどのようなエージェントになるのでしょうか。エージェントの選び方とおすすめのエージェントをご紹介していきます。           

40代の転職に最適な転職エージェントの選び方

40代の転職エージェントの選び方のポイントはこちらです。

  • 希望する業界、職種に強く、豊富な求人数がある
  • 40代以上のミドルの転職に強い
  • 書類の添削、面接対策などのきめ細かいサポートがある

大手の転職エージェントは幅広い業界、職種を取り扱っています。しかし業界、業種によっては専門の転職エージェントがあり、大手よりも深い人脈を持っていることも多くあります。希望する業界、職種に強く、求人件数の多いエージェントを選びましょう。

またエージェントによっては若手の求人を多く取り扱っているところもあります。40代以上のミドルやキャリア転職に強く、実績があるエージェントを選びましょう。

転職活動はキャリアの棚卸からですが、すべて一人でやるのではなく転職エージェントと一緒に考えてみましょう。転職エージェントのアドバイスを受けながら自分が生かせるキャリアやセールスポイントを、第三者目線で洗い出すことができます。また応募書類や面接対策などをしっかり行ってくれる転職エージェントであれば、さらに心強いでしょう。

40代の転職におすすめの転職エージェント3選

上記の内容を踏まえ、40代の転職におすすめの転職エージェントを3つご紹介します。

総合転職エージェント:リクルートエージェント

リクルートエージェントはリクナビNextを運営している国内最大手の転職エージェントです。幅広い業界、職種、年齢層において求人件数もトップレベルなので、登録しておくに越したことはありません。

リクルートエージェントの評判は?悪い評判・良い評判を口コミ1,000件以上から徹底検証

ハイキャリア総合転職エージェント:JACリクルートメント 

すでに外資系企業などでハイスペックなキャリアを持っている、もしくは高度なスキルが必要な専門職に就いている人に向けてはJACリクルートメントがおすすめです。

求められるキャリアからしても30代以上の案件が多く、40代の転職にも適したエージェントであると言えます。ただし総合転職エージェントよりは求人案件は少なくなり、紹介される件数も減ってしまいます。

JAC Recruitment     


ヘッドハンティング系転職エージェント: ビズリーチ

さらに上を目指すのであれば、ヘッドハンティング系の転職エージェントも登録しておきましょう。管理職や高いスキルを持った専門職が中心であり、ヘッドハンティング型の転職エージェンシーではトップレベルです。

自分から応募するのではなく登録後に自分のキャリアに興味を持った企業がヘッドハンティングを行うというスタイルです。こちらから積極的な活動はできませんが、高収入、高いキャリアを目指すのであればぜひ登録しておきましょう。

ビズリーチの評判は?悪い評判・良い評判を1,000件の口コミ評判から徹底検証          

まとめ

40代の転職は年齢が壁となり厳しいというようなイメージが先行しているかもしれません。しかし求職者、採用人数ともに40代の転職者は増えているというデータもあり、40代の転職だからといって必ずしも悲観的になる必要はありません。これまできちんとキャリアを積み重ね、将来のビジョンが明確な転職者にとっては40代の転職だからと言って必ずしも難しいものではなく、逆にステップアップや年収のアップも望むことができるでしょう。