20代の転職を成功させるポイントは?おすすめの職種や成功・失敗事例を解説

「20代でも転職できる?」「3年は同じ企業で経験を積まないと、転職で不利になりそう…」と、20代で転職を考える時には不安になるかもしれません。

確かに20代は職歴が浅いですが、20代ならではの強みによって転職しやすい年代とも言えます。

今回は20代の転職を成功させるためのポイントについて説明します。おすすめの職種や成功・失敗事例にも触れるので、ぜひ参考にしてください

20代は転職しやすい年代

20代は、実は転職しやすい年代です。20代なら大きな実績やスキル、特別な知識がなくても今後ののびしろを見せることができるからです。30代になると即戦力となる経験が求められ、20代よりも転職難易度が上がる傾向にあります。以下で20代前半・後半それぞれの転職事情について説明します。

20代前半は「第二新卒採用」が狙いやすい

異業界や異職種に飛び込んでいけるのは、第二新卒である20代前半ならではの強みです。第二新卒は社会人歴1〜3年目の若手社員のことです。

一般的に第二新卒での転職は不利だと思われがちです。しかし実際は、柔軟性がある若手社員を企業は欲しがっています。特に第二新卒はビジネスマナーを身につけているので新卒よりも研修コストがかからないので、第二新卒の需要が増加しています。第二新卒はキャリアの大幅な方向転換を最もしやすい時期だと言えます。

20代後半は「キャリアアップ」が狙いやすい

20代後半は社会人として5年程度の経験があるため、その経験を活かした「キャリアアップ」転職をしやすい年代です。同じ企業に5年勤めた経験があれば、「忍耐力がある」「すぐに辞めない」ことを十分企業に示すことができます。

業務経験を活かせば、同業界のトップ企業への転職も可能です。30代になるとより高度なスキルや実績を求められるため、ハードルが上がる傾向にあります。

20代の転職でおすすめの職種は?

20代の転職でおすすめの職種には以下の2種類があります。

  • 特殊なスキルや資格が必要なく、ポテンシャル採用の多い職種
  • 需要が多い職種

転職によって職種も変えたいと考えているなら、以下で紹介する職種から選んでみてください。特に企画職やITエンジニアへの転向は年を重ねると難しくなっていく一方です。興味があるなら、20代のうちに職種転向にチャレンジしましょう。

営業職

営業職は特殊なスキルや資格が必要なく、どの企業でも求められる需要の多い職種です。営業職には誰でもなれるものの、営業職として働く上ではコミュニケーション能力や自己管理力、売上を上げるための計画性など高度な能力が求められます。20代のうちに社会人としての基礎力や体力をつけておきたい人におすすめです。

事務職・企画職

事務職は人気で、常に応募が殺到しがちです。特別なスキルがいらないので、長く勤めることができる20代が有利なこともあります。

また、企画職を目指すなら20代のうちに転職しておきましょう。30代になると、企画職としての実績がないと応募できない求人が大半になってしまいます。

ITエンジニア

近年ITエンジニアの需要が増えています。ITエンジニアとしてのスキルを身につけておけば今後職に困ることはなく、将来的には独立も考えることができるでしょう。20代なら、未経験でもITエンジニアとして採用してもらえる企業が多々あります。

ITエンジニアはチームで仕事をするのでコミュニケーション能力は必須ですが、基本的にはPCに向かう仕事なので職人肌の人にも向いています。

成長業界で働きたい人にとってもおすすめです。

介護職

少子高齢化のため介護職が不足しており、未経験や資格なしでも転職しやすくなっています。30代以降の介護職未経験の人でも転職しやすい職種であるものの、肉体労働なので20代の方が向いていると言えます。

平成29年度介護従事者処遇状況等調査結果によると介護職の平均年収は平成29年は前年比で12,200円増加しています。資格なしで月給約25.8万円、介護福祉士の資格ありで約30.7万円となっています。働きながら資格を取れる施設も多く、意外と年収アップしやすい職種でもあります。

20代の転職を成功させるポイント

続いては20代の転職を成功させるポイントについて説明します。転職活動をはじめる前に、以下のポイントを押さえておきましょう。

自己分析を行って強み・弱みを把握する

自己分析は必ず必要です。新卒の就活で自己分析は経験済みだと思わず、社会人として働いたからこそわかった自分の適性を把握しましょう。特に、異業種・異業界に転職したい第二新卒の場合は自己分析が大切です。転職理由を述べる際、自己分析を根拠にすることで説得力が増します。

転職理由を整理する

転職活動を始める前に、まずは転職理由を整理しましょう。「今の仕事がおもしろくない」「人間関係がよくない」など、いくつかの理由があるはずです。しかし、ネガティブな転職理由はマイナス評価となってしまいます。正直な転職理由を「別の仕事に興味が湧いた」「自分の適性を考えると職種の変更が必要」など、ポジティブな理由に変換しておきましょう。

企業分析を徹底して行う

転職活動で求人に応募する段階では、企業分析を徹底してください。企業の強み・弱みだけでなく競合との関係や将来性などもしっかりと把握しておくことが大切です。

特に、20代後半でキャリアアップを狙う転職をする場合には、企業分析の深さが内定に直結します。独自の目線から企業分析や業界分析ができると、企業はあなたにポテンシャルを感じるでしょう。企業分析に不安がある場合には業界の先輩に話を聞くこともおすすめです。

仕事を続けながら転職活動を行う

転職活動のために現職を辞めてはいけません。「日々の業務が忙しく、転職活動なんてしていられない」と思うかもしれませんが、先に辞めてしまうと後悔する事態になりがちです。転職活動には意外と時間がかかる場合もあります。結果、焦りからブラック企業の求人に応募してしまう可能性が高くなります。その後また短期間で転職を繰り返す「ジョブホッパー 」になってしまうことも考えられます。

20代の転職成功・失敗事例

20代の転職の典型的な成功例・失敗例のそれぞれを紹介します。転職活動を進める前に、成功・失敗両方のパターンを把握しておくことが大切です。

20代の転職成功事例

まずは20代の転職成功事例を見てみましょう。

24歳男性、メーカー営業職2年目。大企業でも倒産する昨今、このままメーカーに勤務するよりも手に職をつけたいと思い転職を決意。転職エージェントのコンサルタントと共に自己分析を行い、未経験OKのITエンジニア職の求人を紹介してもらう。勤務前からプログラミングを予習し、転職活動を進めた結果、5社中2社から内定を獲得。晴れてITエンジニアとして勤務を開始。

上記の例のポイントは、転職エージェントを利用したことで自己分析に客観的視点を取り入れることができた点でしょう。また、転職までに自分でプログラミングを学んだこともプラス評価につながったと言えます。

20代の転職失敗事例

続いては20代の転職失敗事例を見てみましょう。

27歳男性、広告会社営業職5年目。毎日終電まで残業や接待に追われ、土日はイベントへの顔出しと激務が続く。このままでは体を壊すと危惧し、広告会社を辞め転職活動に踏み切る。しかし、思ったように内定をもらえず、3か月が過ぎた頃に焦りから保険会社の営業職に応募する。内定後入社したものの、厳しいノルマとパワハラ体質の社風に耐えられず、休職することとなった。

上記の例の最大の失敗は「先に辞めてしまったこと」です。現職を辞めたことで焦りが生じ、結果自己分析や企業研究が不十分なまま求人に応募してしまいました。冷静に企業研究ができていれば応募の時点でブラック企業である可能性にも気づくことができていたでしょう。

第二新卒採用・20代前半の転職におすすめのエージェント

転職活動をする時には転職エージェントの活用をおすすめします。仕事を続けながら効率的に転職活動を進めるために、転職エージェントに自己分析や求人選びなどを手伝ってもらいましょう。第二新卒・20代前半の転職におすすめのエージェントは以下の3つです。

  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント
  • doda

それぞれの特徴を下記で紹介するので、気になる転職エージェントに登録してみてください。

パソナキャリア 

パソナキャリアの基本情報は以下の表の通りです。

運営会社 株式会社パソナ
公開求人数 40,550件(2019年11月時点)
対象地域 全国
強み 丁寧なサポート
弱み 紹介求人数が少ない

パソナキャリアは求人の質が高く、徹底的にサポートしてくれると評判です。20代前半の初めての転職ではわからないことがたくさんありますが、パソナキャリアのコンサルタントが転職活動の進め方を丁寧に指導してくれます。

履歴書・職務経歴書の添削から面接対策まで、転職エージェントと共に転職活動を進めたい人におすすめです。

パソナキャリアの評判は?悪い評判・良い評判を1,000件の口コミ評判から徹底検証

マイナビエージェント

マイナビエージェントの基本情報は以下の表の通りです。

運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 19,266件(2019年11月時点)
対象地域 全国
強み 20代向けの・IT業界の求人が充実
弱み 大手企業の求人が少ない

マイナビエージェントは20代の若手向けの求人が充実しています。第二新卒・既卒に特化した「マイナビジョブ20’s」もあり、優良中小企業の求人が揃っています。また、IT業界の求人にも強いので、ITエンジニア職やIT業界の営業職に就きたいと考えている人はぜひ登録してみてください。

マイナビエージェントの評判は?悪い評判・良い評判を1,000件の口コミ評判から徹底検証

doda

dodaの基本情報は以下の表の通りです。

運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 76,167件(2019年11月時点)
対象地域 全国
強み 求人数が多い・サポートが丁寧
弱み 求人の質がよくないこともある

dodaは上記2社に比べ、求人が豊富です。また、大手転職エージェントは求人数に特化し、サポートがいまいちとの評価になりがちです。しかし、dodaはその豊富な求人数にも関わらず丁寧なサポートに定評があります。dodaでしか紹介してもらえない求人もあるので、他の転職エージェントとともに利用しましょう。

dodaエージェントの評判は?悪い評判・良い評判を1,000件の口コミ評判から徹底検証

キャリアアップ・20代後半の転職におすすめのエージェント

キャリアアップを目指す20代後半には、いろいろなチャンスや可能性を与えてくれる転職エージェントをおすすめします。まずは、以下の3つの転職エージェントに登録してみてください。

  • リクルートエージェント
  • リブズキャリア
  • JACリクルートメント

それぞれの特徴を紹介します。転職エージェントは併用することで、転職活動をより効率的に進めることができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェントの基本情報は以下の表の通りです。

運営会社 株式会社リクルートキャリア
公開求人数 166,554件(2019年11月時点)
対象地域 全国
強み 公開求人数と同程度充実した非公開求人数
弱み 連絡頻度が多い・担当者が強引なことも

リクルートエージェントは業界最大の求人数を誇っています。豊富な選択肢の中から応募企業を選びたい、トップ企業にキャリアアップしたい人におすすめです。コンサルタントの動きが早く、転職活動をスムーズに進められます。仕事が忙しい20代後半と相性がよいと言えます。

リクルートエージェントの評判は?悪い評判・良い評判を口コミ1,000件以上から徹底検証

リブズキャリア

リブズキャリアの基本情報は以下の表の通りです。

運営会社 株式会社LiB(リブ)
公開求人数 1,548件(2019年4月時点)
対象地域 全国大都市
強み 女性の転職に特化
弱み 求人数が少ない・地方に弱い

リブズキャリアは20代後半の女性におすすめの転職エージェントです。「ライフステージに合わせて企業を選ぶことができる」と謳っており、時短OKやフレックス制などこだわり条件で求人を探すことができます。キャリアアップとともに今後のライフプランを考える際に利用してみてください。

リブズキャリアで女性のライフバランスに合った転職を!特徴・評判を紹介

JACリクルートメント

JACリクルートメントの基本情報は以下の表の通りです。

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
公開求人数 3,058件
対象地域 全国
強み ハイクラス転職に特化
弱み 求人数が少ない・紹介してもらえないことも

「ハイクラス向けエージェント」の代表格であるJACリクルートメントは、年収アップを狙う人におすすめです。外資系企業の求人も豊富に扱っています。ただ、キャリアに自信がある人向けなので、職歴に強みがない場合には求人を紹介してもらえないこともあります。

JAC Recruitment

まとめ

20代は前半・後半ともに転職しやすい年代です。転職理由を含む自己分析や企業分析をしっかり行い、仕事を続けながら転職活動をすることが大切です。

また、転職エージェントを利用することで転職活動を効率的に進めることができます。気になる転職エージェントがあれば登録し、まずはキャリアの相談をしてみましょう。