仕事がうまくいかない原因は?つらいときに実践したい7つの対策を解説!

仕事がうまくいかない時は誰にでも訪れるものです。

仕事がうまくいかないのはなぜなのでしょうか。考えられる原因と、仕事がうまくいかなに現状を改善するために実践したい7つの対策について解説します。

仕事で悩んでいるなら、まずは原因の追求からしていきましょう。

仕事がうまくいかない原因は?

仕事がうまくいかない時には6つの原因が考えられます。

  • 職場の人間関係がうまくいっていない
  • 経験や知識が不足している
  • 忙しすぎて時間に余裕がない
  • 仕事内容が自分に合っていない
  • 仕事以外の心配ごとがある

それぞれの原因について以下で詳しく説明します。まずは、仕事がうまくいかない原因を的確に把握することが大切です。

職場の人間関係がうまくいっていない

人間関係は転職理由でも上位を占める、労働環境において重要な要素です。「上司との相性がよくない」「同僚とのコミュニケーションがうまくいかない」「パワハラをしてくる先輩がいる」など、人間関係のもつれのせいで仕事自体がうまくいっていないと感じることがあります。

人間関係がよくないと、必要な情報を共有してもらえなかったり、困った時に仕事を手伝ってもらえなかったりすることもあるでしょう。

また、上司や先輩がパワハラ気質だと、ストレスのせいで胃の調子が悪くなったり、夜眠れなくなったり、最悪の場合にはうつになってしまうこともあります。

職場の人間関係が悪いと感じるなら、早急に対処するようにしましょう。

経験や知識が不足している

社会人経験が少ない若手や転職したての人にありがちなのが、知識や経験の不足によって仕事がうまくいかないケースです。誰しもが通る道だともいえ、ある意味仕方のないことでもあるでしょう。時間が解決してくれるともいえますが、この場合はとにかく仕事をこなし、知識と経験を身につける必要があります。

忙しすぎて時間に余裕がない

仕事が忙しすぎて、常に追われている状況にあると仕事がうまくいかないことがあります。時間に余裕がなければ、自分の仕事状況を冷静に把握することができません。仕事量が自分のキャパシティに見合っていないことが考えられます。自分の抱えている仕事量とそれぞれの進捗状況を理解できていますか。できていないなら、すでにキャパシティがパンクする手前かもしれません。余裕がなければ工夫したりやる気や情熱を持つこともできません。

仕事内容が自分に合っていない

そもそもの仕事内容が自分に合っていないと、仕事はうまくいきません。なぜ今の仕事を志望したのか、仕事内容は自分の性格にあっているのかどうかを確認してみてください。

  1. 初対面の人と話すのは苦手だが、作業への集中力があってミスが少ない
  2. 調整作業は苦手だが、行動力があって多少のことは気にしない

1の性格にも関わらず営業職に就いていたり、2にあてはまるのに事務職の仕事をしていると、自分の強みを生かしきることができません。仕事内容が自分に本当に合っているのかどうか、一度考えてみましょう。

仕事以外の心配ごとがある

家庭の悩みがある、恋愛がうまくいっていない、などプライベートで心配ごとがあるせいで仕事に支障が出ていることも考えられます。仕事以外に気を取られてミスを連発してしまったり、仕事に十分集中できていないのかもしれません。そのためには、心配ごとを解決してしまうことが先決です。仕事に集中できる精神状態を目指しましょう。

仕事がうまくいかないときの6つの対策法

それでは、仕事がうまくいかないときにはどのような対策をとればよいのでしょうか。仕事がうまくいかないときの対策法として以下の6つを試してみてください。

  • 「つらい」と感じることを書き出して整理する
  • 職場の人とのコミュニケーションを見直す
  • ミスや抜け漏れを減らす工夫をする
  • タスクやスケジュールの管理をする
  • 本や勉強会で知識を増やす
  • 信頼できる上司や先輩、同僚に相談する
  • 体を動かすなどでリフレッシュする

 

まずは自分ができそうなことから手をつけてみましょう。上記で説明したうちの、仕事がうまくいかない原因のどれにあてはまるかを理解できれば、自分がどの対策を試すべきかは自然と見えてくるはずです。

「つらい」と感じることを書き出して整理する

「つらい」と感じることを紙に書き出して整理してみましょう。上記で紹介した「うまくいかない原因」のどれが自分に当てはまるのかを分析する必要があります。仕事がうまくいかない原因を把握することで、自分にとって適切な対策を取ることができます。

きれいに整理する必要はありません。「上司の頼み方がいやだ」「朝の電車がつらい」など、思いつくことからブレーンストーミングのように書き出していきましょう。書き出すうちに、仕事がうまくいかない本当の原因が姿を見せるはずです。

職場の人とのコミュニケーションを見直す

職場の人とのコミュニケーションが不足しているのか、それとも適度な距離を取るべきなのか、コミュニケーションの取り方を見直してみましょう。「嫌な人だ」と思っていても、会話の頻度を増やすことで人間関係が改善することもあります。

上司や先輩のハラスメントに悩んでいるなら、異動だけでなく転職も視野に入れることをおすすめします。この場合は我慢して現職に留まろうとする必要はありません。

タスクやスケジュールの管理をする

時間に余裕がない時ほど、タスクやスケジュールの管理をしっかりとしましょう。朝一番にタスクやスケジュールの確認を癖づけることをおすすめします。しっかりと管理をすることで仕事の抜けがなくなります。また、キャパオーバーになる前に「これ以上仕事を抱えられない」とヘルプを出すこともできます。仕事量を適切にコントロールすることで、仕事がうまくいくようになることが考えられます。

本や勉強会で知識を増やす

経験や知識が足りていないなら、実務に加えて本や勉強会で知識を増やす努力をしましょう。本を読むことで先人の経験を学んだり、仕事の心構えを身につけたりすることができます。

また、勉強会に顔を出し、さまざまな人と交流することで人脈も太くなります。広く、太い人脈を持っていると将来的にビジネスチャンスに繋がる可能性も高くなるでしょう。

信頼できる上司や先輩、同僚に相談する

仕事のことを一番理解しているのは職場の人間です。信頼できる上司や先輩、同僚に「仕事がうまくいかない」と相談してみてもよいでしょう。あなたの仕事の進め方や適性をよく知っている人間に聞くことで、具体的な改善方法を教えてもらうことができます。

ただし、会社や仕事の愚痴にならないよう注意しましょう。「自分は頑張っているのに、〜のせいで」のような言い方は禁物です。

上司や先輩に相談することでやる気もアピールできますが、愚痴になってしまうとかえってマイナスの印象を与えることになります。

体を動かすなどでリフレッシュする

心配ごとがあって仕事に集中できていないなら、仕事に行く前に気分をリフレッシュすることをおすすめします。リフレッシュには体を動かすことを含め、以下のような方法があります。

  • 軽いランニング
  • ヨガ
  • ダンス
  • 熱いシャワーや半身浴
  • アロマを嗅ぐ
  • フレッシュジュースを飲む
  • カフェで朝ごはんを食べる

少し早起きして、充実した朝の時間を過ごすことで頭がすっきりします。そのすっきりした頭で仕事に向かうようにしましょう。仕事中に心配ごとで気が散り始めたら、10分〜30分程度の散歩に出かけることもリフレッシュ効果があります。座ったまま悩むよりも、体を動かしながら考え事をする方が前向きになれます。仕事中に気が散る時はいっそのこと、外出してみましょう。

仕事がうまくいかず「辞めたい」と感じたら?

仕事がうまくいかない原因が「仕事内容が自分にあわない」場合には、「この仕事を辞めてしまいたい」と感じるかもしれません。そんな時にはどのように対処すべきなのでしょうか。気持ちに任せて勢いで辞表を出してしまうと、後悔することになりかねません。「辞めたい」気持ちには適切に対策することが必要です。

まずはうまくいかない原因と対策を検討する

なぜ仕事がうまくいかないか、原因と対策を検討してみてください。「仕事内容が合わない」のなら、「自分のどんな特性と仕事の性質が噛み合わないのか」を分析しましょう。

ただ、「仕事が合わない」に終止してしまうと、たとえ転職しても同じ壁にぶつかります。

  • 黙々とできるだけ作業をしていたい
  • 人と話したり、社外に出かけたりと動き回りたい
  • 同じ仕事をルーティンの中でこなしていきたい

など、仕事をする中で自分の特性や好みがわかっているはずです。黙々と作業をしたいのに営業であったり、動き回りたいのエンジニアや生産管理だったりと、仕事がうまくいかないときには必ず原因があるはずです。

また、できるだけ「辞める」以外の対策をまずは検討しましょう。新しい業務に挑戦させてもらう、社内で部署異動を試みるなど、まずは現職のまま現状を打開できるよう努めてみてください。

転職には時間もエネルギーも必要です。転職なしで仕事がうまくいくようになるのが一番だと言えます。

転職エージェントに相談する

辞めるかどうか決まっていない段階でも、転職エージェントに相談することが可能です。転職エージェントは転職のプロです。辞めるべきかも含めて、転職エージェントから客観的な意見をもらうのもよいでしょう。転職エージェントと話すことで、転職へ舵を切ることができるようになるかもしれません。

ただし、ノルマのために無理にでも転職させようとしてくるキャリアアドバイザーには注意が必要です。どうにか転職させられようとしても、無理に転職活動を始める必要はありません。「少し考えたい」「やはり現職に留まることにした」とはっきり断るようにしましょう。

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!

まとめ

仕事がうまくいかない原因はさまざまですが、ケアレスミスや人間関係など「現職のまま対策できるもの」とハラスメントや仕事が合わないなど「現職のままでは対策が難しいもの」に分かれます。それでも、現職のまま仕事がうまくいくよう、まずは以下の対策を試してみてください。

  • 「つらい」と感じることを書き出して整理する
  • 職場の人とのコミュニケーションを見直す
  • ミスや抜け漏れを減らす工夫をする
  • タスクやスケジュールの管理をする
  • 本や勉強会で知識を増やす
  • 信頼できる上司や先輩、同僚に相談する
  • 体を動かすなどでリフレッシュする

それでも仕事がうまくいかない場合に、はじめて転職を考えましょう。その前にも、うまくいかない原因と対策を考えることは必要不可欠です。転職エージェントに相談するなど、客観的意見も取り入れながら、転職に関しては慎重に判断しましょう。