仕事を休みたい時はどうする?精神的な疲れの対処法や休むための理由を紹介

仕事のプレッシャーがつらくて眠れなかったり、ストレスで身体にまで影響してきたりして、会社を休みたくなることもありますよね。本当は休息したいのに、無理して会社に行っている方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、どうしてもしんどいときは欠勤するのも一つの手段です。少し休んだほうが後々良い影響を与えることもあります。

この記事では、仕事を休みたいときの伝え方や使える理由、欠勤するときの注意点をまとめました。会社がつらくて休みをとりたいかたは、ぜひ参考にしてください。

✔ すぐに退職を希望する方はこちら
吐き気を催す仕事場が正常な環境なはずがありません。

もし仕事を辞めたくても辞められない場合は、退職代行サービスを活用することをおすすめします。
男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

✔ キャリアを見直したい方はこちら
完全無料転職支援サービスを利用することで、キャリアの棚卸しを含めた転職活動ができます。

いち早くキャリアの再スタートを切りたい方はぜひ一度相談をしてみてください。

最低3つのエージェントに登録することで多角的に情報を取得しましょう。

No.1転職エージェント
総合評価 ビズリーチ
求人の数 リクルートエージェント
求人の質 ビズリーチ
傾聴力 dodaエージェント
提案力 マイナビエージェント
返信スピード ビズリーチ
内定スピード ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けのサービスなので、20代の方やこれまでのキャリアにそこまで自信が持てない方は、リクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントの同時登録をおすすめします。

仕事を休みたいときは誰にでもある!無理は禁物

※画像はイメージです

仕事がうまくいかないときや心身の状態が悪くて休みたいというのは、自然な感情です。否定せず、受け入れてあげましょう。無理してしまうとさらに状態が悪化するので、いっそ休んでしまうのもありです。

このように伝える理由を解説します。

休みを取ってコンディションを整えることも重要!

仕事を休んでしまうと遅れを取るのではないか、と思う方もいるでしょう。しかし、調子が悪いときはあえて休んでしまうほうがよいこともあります。

不調のまま働き続けていると、集中力を欠くことがあるからです。そして、無理しているのでさらに体調が悪化していきます。

無理に仕事を続けて生産性を下げるくらいならば、一度休んでコンディションを整えたほうが効率が上がることもあります。万全の調子であれば1日2日の遅れは取り戻せるため、思い切って欠勤するのも良いことです。

仕事を休むと評価が下がるのでは?

欠勤すると社内評価に影響するかもしれないと心配する方もいるでしょう。しかし不調は誰にでもあること。休み方さえ工夫すれば少し休んだところで評価は下がりません。

たしかに、欠勤が続くと評価に影響する可能性はあります。しかし集中できていない状態で仕事をしてパフォーマンスを発揮できるでしょうか?

ダラダラ働いて結果を残せないくらいなら、休みをとってもしっかり仕事をやり遂げる人のほうが評価が高まることもあります。その日1日単位で考えるのではなく、長期的にみて一番自分が成果を出せる行動を選びましょう。

今日休んだほうが結果を残せるならば、欠勤するのはありです。

仕事を休みたいときの対処法

※画像はイメージです

心身がつらいときに仕事を休む事自体は問題ありません。ただし、適切な休み方をしないと周りに迷惑をかけてしまいます。

ここでは、会社を欠勤するときにどのようにすればよいか、解説していきますね。同僚だけでなく、取引先にも影響する可能性があるので、しっかり確認してください。

まずは会社や上司に連絡をする

特に当日の朝、仕事を休むと決めた場合は会社に連絡をとりましょう。心配をかけないためにも始業時間までに連絡を取るようにしてください。ただし、早すぎると誰もオフィスにいないので、始業の30〜15分前までに連絡するのが一つの目安です。

なお、上司との連絡が基本的にメールの場合はそれでも構いません。普段の連絡方法に合わせるのがよいでしょう。

特に通勤中は携帯電話に出るのが難しくなるので、普段からメールのやり取りをしている場合はそのほうがよいこともあります。ただし、始業してすぐにメールチェックをしない会社や上司の場合は、心配を書けないように電話がいいですね。

欠勤するときは、必ず理由を伝えます。当日休むことを決めた場合は、連絡が直前になったのが納得できる理由を伝えるのが無難です。

なお、前日までに休みたい日が決まっている場合はなるべく早く、直接上司に伝えましょう。余裕を持って連絡すれば、仕事のスケジュール調整をしたり、代打をたてたりしやすくなります。

急ぎの仕事は必ず引継ぎをする

連絡を入れる前に、その日にやらなければいけない仕事がないか洗い出しておきましょう。そして、急ぎの仕事は必ず引継ぎをするようにしてくださいね。

急ぎの仕事でも、体調不良をおしてまで自分でこなす必要はありません。フラフラの状態で対応しても、かえってミスをする可能性もあります。ただし、他の人が代打に入れるように、やるべきことを適切に引継ぐことが大切です。

もし始業時間近くて引き継ぎ事項がまとまっていない場合は、先に欠勤連絡だけいれましょう。のちに急ぎの仕事について再度連絡をすることを伝えておけば大丈夫です。

  • 急ぎの仕事の内容
  • 期日
  • 必要ファイルの場所

を伝達します。

普段からいざというときに仕事を引き継げるように、資料類はわかりやすく整理しておくと良いですね。

仕事を休みたいときに伝えやすい理由

※画像はイメージです

欠勤したいときや休暇を取りたい場合は、何かしら理由を問われることもあります。上司にどう伝えていいかわからないという方に向けて、使いやすい理由をまとめました。

  1. 体調不良
  2. 家庭の事情
  3. 私用のため

ぜひ参考にしてください。

理由1:体調不良

急な発熱や頭痛といった体調不良ならば、当日でも伝えやすいですよね。病気のまま出勤すると、職場にうつす可能性があるので、休みを取りやすい理由です。

ただし、症状によっては診断書を求められることがあります。長期で休むことにもなるので、あまりに重い病気は本当にかからない限り使わないほうがよいでしょう。

  • 腹痛や下痢
  • 頭痛

などが使いやすい理由です。病院に行きたいと伝えて休むのが伝えやすいです。

なお、病院に行った結果、インフルエンザやノロウイルスなど長期の出勤停止が求められることがわかった場合は、その時点で会社に連絡しましょう。数日仕事に穴を開けることになるので、速く伝えたほうが上司も今後の仕事のフォローを考えやすくなります。

理由2:家庭の事情

家庭の事情も休みを取りやすいです。当日欠勤する場合は、家族の体調不良が伝えやすいでしょう。前日より前に申請する場合は、以下のような理由が使えます。

  • 子どもの習い事
  • 介護を1日だけ変わらないといけない
  • 家族の通院の付きそい
  • 家の修繕の立ち会い
  • 法事

なお、冠婚葬祭を理由にする方もいますが、特に葬儀はあまり使わないことをおすすめします。忌引き休暇を使ってしまうと、嘘だった場合に問題になるからです。また、実際に身内に不幸があったときに使えなくなります。

本当の冠婚葬祭のときだけ、理由として伝えるとよいです。

理由3:私用のため

事前申請で有給を取るのなら、実は具体的な理由を用意する必要はありません。有給休暇は労働基準法で決められた権利なので、特に理由なしに使えます。そのため、私用とだけ伝えて詳細を話さなくても問題ないのです。

もし理由を問われたら、下記のような理由が説明しやすいでしょう。

  • 免許更新
  • 役所や銀行の手続きが必要
  • 遠方から知人が来る

連休をとるのも問題ありませんが、遊びに行くために休むなら繁忙期は避けたほうがよいですね。周りの人に負担をかけてしまいます。有給の理由も濁したほうが無難です。

「精神的に疲れたので休みたい」は理由になる?

精神的な疲れからリフレッシュするために休むこと自体は問題ありません。ただし、1日だけ休みたい場合は、体調不良を理由にしておくことをおすすめします。精神的な疲れを伝えると、上司は原因を把握しようとするからです。
精神的な限界が続いている場合は、もちろん正直に理由を伝えても大丈夫です。しかし、まず1日休んで気持ちを整えたいならば、余計な詮索をされないために本当の理由を伝えないほうがよいでしょう。特に、上司との人間関係が負担になっている場合はあまり関わりたくないですよね。

そのため、理由としては正当ですが精神面が原因だとは伝えないほうがよいでしょう。どうしても気持ちが落ち込んでしまい、連日休みが続いた場合にはじめてメンタルの問題だと話しても問題ありません。

精神的な疲れで仕事を休みたい場合の注意点

※画像はイメージです

メンタル面が理由で仕事を休みたいと感じているときは、要注意です。あなたが思っている以上に精神的に追い込まれている可能性があります。

限界まで我慢してしまうと回復に時間がかかるので、ぜひ2点確認してください。

  1. うつの症状をチェックする
  2. 休職を考える

うつになってしまうと寛解までに数年以上要することもあります。ぜひ、早めにご自身の状態に合わせたケアをしましょう。

鬱の症状が出ていないかチェックをする

うつ病にかかると、メンタル・身体面ともに影響が出てきます。具体的には下記のような症状が出てきていないか確認しましょう。

【精神面】

  • 沈んだ気持ちが続く
  • 今まで楽しかったことにも意欲がわかない
  • 自分を責めがち
  • 作業能率が落ちていると感じる

【身体面】

  • 疲れやすい
  • 重い頭痛
  • 吐き気
  • 腰痛や肩こりなどの身体の痛み
  • 食欲不振
  • 胃の痛み
  • 発汗

これらの症状が2週間以上続いている場合はうつの初期症状かもしれません。ストレスで一時的に症状が出ることはありますが、長期で続いている場合は要注意です。

そのままにしておくと悪化する可能性があるため、一度、医者にかかってみることをおすすめします。

長期的に休みたいなら休職も視野に入れる

不調が続いている場合は休職も視野に入れましょう。毎日会社に行けるかどうか考えるのもプレッシャーがかかりますよね。本当につらいならば、一度仕事を切り離してゆっくり休むことをおすすめします。

うつによる休職の場合は、雇用保険から傷病手当金という手当がもらえます。目安として今までの給与の3分の2にあたる額が支給されるので、お金の心配はいりません。

つわりや生理痛で仕事を休みたい場合は?

※画像はイメージです

女性ならではの不調であるつわりや生理痛。休んだら翌日良くなるものでもないので、欠勤してよいのか悩む方もいるでしょう。何度も欠勤するのは周りに悪くて気が引けるという方もいますが、堂々と休んで大丈夫です。

女性特有の悩みについて、ここでは解説します。

つわり休暇や生理休暇は法律で認められている

つわりと生理痛による休暇は労働基準法で認められています。会社に仕組みがない場合も、法律上で定められているので休んで大丈夫です。

つわりや生理で吐き気が止まらなかったり、めまいを起こしていたりすると仕事も手に付きませんよね。その場合は法律を使ってしっかり休みましょう。
どちらの休暇も診断書なしで取得することができます。

会社の制度も確認しよう

会社によっては、女性の不調に備えた制度を独自に構えているところもあります。一度会社の規則を見直してみましょう。もし職場に使える仕組みがあれば、特に説明もいらないので心置きなく休みを取れますよね。

もし独自の制度を作っている場合は、うまく活用することで有給を消化せずに休めるかもしれません。

仕事を休みたい原因が解決できないときは?

※画像はイメージです

仕事を休んでも気持ちが変わらず、原因も解決できないときはどうしたらよいのでしょうか?たとえばパワハラなどの職場環境が理由でつらい場合は、根本解決しないと変わりません。

まずは休職してリフレッシュするのがよいですが、その後も部署異動など根本的な解決案が会社から出なかった場合は今後を考えるべきです。

休職だけではなく退職や転職も考える

ストレスの原因が解決しそうにない場合は、会社を辞めて転職することを考えましょう。職場環境の改善が見込めない場合は、自分が行動したほうがはやいからです。

休職したのに復帰しなくて申し訳ないと思う必要もありません。そもそもあなたと相性の悪い環境や仕事を用意した会社側にも原因はあります。

スパッと退職して次に進むことで、前向きになりましょう。

辞めにくい人は退職代行サービスを利用しよう!

※画像はイメージです

会社を辞めたいけれども上司が怖くて伝えられなかったり、引き止めにあっていて退職できなかったりする方は、退職代行サービスを使うのをおすすめします。

退職代行サービスは名前の通り、あなたにかわって退職を伝えてくれるサービスです。依頼したら会社に行く必要もなく、上司と顔を合わせずに仕事を辞められます。気まずい思いをせずに退職できるのはうれしいですよね。

✔ すぐに退職を希望する方はこちら
仕事を辞めたくても辞められない場合は、退職代行サービスを活用することをおすすめします。
男性の退職代行依頼サービス【男の退職代行】

女性の退職代行サービス【わたしNEXT】

転職して再スタートするなら転職エージェントを活用しよう!

※画像はイメージです

会社を変えたいと思っているならば、転職エージェントを利用することを強くおすすめします。プロの目からみたアドバイスを受けることで、あなたにあった企業が探しやすくなるからです。

さらに、職務経歴書のチェックや面接練習をおこなってくれるところもあります。今の会社を辞めた理由をうまく伝える方法を含めて、フォローしてもらえるのは魅力的ですね。

✔ キャリアを見直したい方はこちら
完全無料転職支援サービスを利用することで、キャリアの棚卸しを含めた転職活動ができます。

いち早くキャリアの再スタートを切りたい方はぜひ一度相談をしてみてください。

最低3つのエージェントに登録することで多角的に情報を取得しましょう。

No.1転職エージェント
総合評価 ビズリーチ
求人の数 リクルートエージェント
求人の質 ビズリーチ
傾聴力 dodaエージェント
提案力 マイナビエージェント
返信スピード ビズリーチ
内定スピード ビズリーチ

ビズリーチはハイキャリア向けのサービスなので、20代の方やこれまでのキャリアにそこまで自信が持てない方は、リクルートエージェントdodaエージェントマイナビエージェントの同時登録をおすすめします。

まとめ

この記事のまとめです。

  • 仕事を休みたいときは無理する必要はない
  • 仕事を休むときは連絡をしっかり入れる
  • 急ぎの仕事も引き継ぎをすれば大丈夫
  • 仕事を当日休むときは体調不良が無難
  • 精神的につらいときはうつか要チェック
  • つわりや生理痛など女性特有の症状で休むのもOK
  • 休んでも解決しない悩みは退職してしまったほうがよい
  • 辞めにくい会社は退職代行を使うのもあり
  • 転職エージェントは心強い味方になる

仕事がつらいときは、無理せず一度休んだほうがのちのち良いこともあります。我慢しすぎて限界をむかえることがないように、うまく理由をつけて休息を取ってくださいね。
どうしても解決しない悩みがある場合は転職して、根本解決を目指すのもありですよ。