退職代行の失敗トラブル事例を紹介!円満退職するためのポイントとは?

退職を会社に伝えたいけど自分ではなかなか言い出しにくい、会社とのやりとりが不安だ、という人に代わって会社に退職を伝えてくれる「退職代行」というサービスが、最近話題になっています。

まだ利用したことがない人やこれから利用してみたい人からは

「本当に退職代行で、円滑に退職できるのか?」
「失敗やトラブルは起こらないのか?」

といった疑問も、多く聞かれるようになってきました。

そこでこの記事では、退職代行の失敗トラブル事例を紹介します。トラブルを防ぐポイント、優良退職代行サービスについてもまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

退職代行で本当に退職できる?失敗事例を紹介

退職代行の失敗事例が気になる人も多いと思います。しかし一般的には退職代行で「退職できなかった」という失敗事例はほとんどありません。退職代行を使えば、ほぼ確実に退職することができるのです。

とはいえ退職代行を利用する前に、どんな失敗のリスクがあるのかは押さえておきたいですよね。そこで「退職はできたものの、失敗したな…」と思う退職代行の失敗事例をご紹介します。

退職するまでに時間がかかってしまった

即日退職をうたっている業者でも、会社側との連絡がスムーズに取れない場合などは退職までに時間がかかることがあります。たとえば、上司と連絡が取れない、会社に連絡をしても折り返しがないといった、退職の意向を伝えるための連絡が滞る場合です。

単に忙しいという理由もあるかもしれませんが、会社としても退職代行から連絡を受けると、事実関係の確認などのために時間を要し、折り返しが遅くなってしまう可能性もあるのです。

あらかじめこのようなケースも想定して、退職のスケジュールを考えておく必要があるでしょう。

退職代行の担当者と相性が悪くストレスがたまった

退職代行の担当者と相性が悪い場合はストレスになる可能性があります。負担を減らすために退職代行を依頼しているのに、本末転倒ですよね。

あらかじめ明確に依頼内容や対応時期に合意を取っておく必要はありますが、それでも会社との対応内容ややりとりなどを通して担当者に違和感を持つこともあります。このような場合は、早めに担当者の変更を依頼するなど対策しましょう。

退職後に会社の人から頻繁に連絡がきた

退職後に元同僚や上司から連絡がくるケースも少なくありません。例えば、保険証や社員証などの会社からの貸与品や備品などを返却していない場合は、連絡が来る可能性が高くなります。

会社に行くことなく全て郵送でのやりとりで対応できるので、このような連絡がきた場合には早急に対応するようにしましょう。

稀に、会社から退職後も嫌がらせのような連絡を受ける場合もありますが、なるべく円満に退職できるよう退職代行に依頼しておくことが大切になります。

退職代行でこんなトラブルも?問題がある場合は弁護士に依頼

退職代行のサービス内容は基本的に「退職意向を労働者の代わりに会社に伝える」ことです。

退職に関する会社との交渉は、弁護士資格が必要になります。弁護士資格のない代行業者の場合は対応範囲が限定されているので注意が必要です。

有給休暇取得や未払い残業代などの交渉は要注意

有給休暇取得の意向は、退職代行に依頼して会社に伝えてもらうことはできますが、交渉はできません。自分で会社と有給休暇取得や未払いの残業代の請求をしたりすることは難しい面があります。

残業代で未払いのものがある場合、退職のタイミングで会社に請求することが可能です。残業代は、在職期間2年間をさかのぼって請求することができます。しかし退職代行に会社に意向を伝えてもらうことはできますが、請求交渉をしてもらうことはできません。

損害賠償請求を受ける可能性も0ではない

退職代行を使用したから損害賠償を請求されることは通常ありません。過去に損害賠償を認められたのは「退職の効果が発生するまでの期間も出勤せず、入社1週間での退職」というような極端な場合です。

従業員の辞め方に大きな問題があると認められる場合は、損害賠償請求されるのも仕方ありません。そのような可能性がある場合は、退職代行は弁護士に依頼する方が安心です。

非弁行為はトラブルのもと、弁護士にしかできない退職代行

交渉事や請求事にかかわる対応は、弁護士資格が必要な業務です。弁護士資格を持たない一般的な退職代行が行うと「非弁行為」としてトラブルに発展することがあります。

これは弁護士法で定められており弁護士のみ対応可能です。それ以外の人が示談交渉などの法律事務を行うと違法とされています。弁護士以外が「非弁行為」を行った場合は、2年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金刑となります。

このようなトラブルに巻き込まれないよう、弁護士にしかできない退職代行業務もあることを理解しましょう。

退職代行の失敗やトラブルを防ぐためのポイント

退職代行を使って失敗したりトラブルに巻き込まれないためのポイントをご説明します。

事前にサービスごとの特徴を知り自分に合う退職代行を選ぶことが大切です。退職代行をうまく活用し、希望通りの退職を目指しましょう。

退職までのスケジュールを立てる

退職代行サービスは、まず担当者と打合せをして、退職理由や対策、対応内容などを詰めます。次に実行に必要な時間を想定して、退職代行のスケジュールを立てます。

基本的に退職代行は、退職承認をもらうところまでがサービス範囲ですが、アフターフォローをしてくれる業者もあります。退職承認の受領までではなく、退職日までのスケジュールを考慮するようにしましょう。

今日中、明日中などのスケジュールの場合、会社側の対応などによってはうまくいかないこともあるため、少しゆとりを持った日数で考えるほうが安心です。

会社からの貸与物などを事前に返却しておく

会社からの貸与品や返却が必要な資料などは、できるだけ早く返却しておきましょう。

保険証など退職日以降でないと返却できないものは、事前にまとめておくとスムーズに返却できるでしょう。

退職後は会社との連絡は避けたいものです。できることは事前に済ませておくことをおすすめします。

交渉事がある場合は弁護士に依頼をする

弁護士資格のない退職代行業者が「非弁行為」を行うことは違法です。しかし、どうしても有給休暇の取得や残業代、退職日などについて会社と交渉しないといけないケースも出てくるでしょう。

あらかじめ会社との交渉を依頼するのが確定している場合は、弁護士に退職代行を依頼しましょう。交渉が未定の場合でも交渉する可能性がある場合は、弁護士に依頼をしておく方が無難です。

退職代行の口コミや体験談を確認する

退職代行は会社によって、サービス内容に多少の違いがあります。自分が依頼したい範囲が網羅されているかを確認することは必須でしょう。

対応可能時間や進め方など、自分と相性の合いそうな退職代行サービスを選ぶようにします。その際、口コミや体験談を読むことも大切です。実際に利用した人の情報はとても有益で、メリットとデメリットの両方を確認するとよいでしょう。

失敗しない!優良退職代行サービス業者7選!

サービス内容や口コミ、体験談から、優良な退職代行サービス7社を厳選しました。

退職代行を使うのであれば、トラブルなく円滑に退職したいですよね。ぜひ参考にしてください。

100%の退職成功率を誇る退職代行サービス(2019年12月現在)

ニコイチ

料金 27,000円(2020年1月時点)
相談料 無料
返金保証 あり
即日対応 可能
対応時間 7:00〜23:30
相談方法 電話、LINE、メール

「ニコイチ」は、累計7,000人を超える退職実績があり、退職代行のノウハウも豊富に蓄積されています。実績を重視するのであれば「ニコイチ」がおすすめです。

対応時間は24時間ではありませんが、27,000円という料金で追加費用なしのフルサポートは、かなり良心的な価格設定だといえます。

退職代行ニコイチは信用できる?体験者の口コミから評判を探る!

 

EXIT

料金 正社員・契約社員の場合:50,000円

パート・アルバイトの場合:30,000円

(2020年1月時点)

相談料 無料
返金保証 記載なし
即日対応 可能
対応時間 記載なし
相談方法 電話、LINE、メール

メディア掲載実績も多く、知名度の高さは抜群の「EXIT」。料金は高めですが、有給休暇の申請や未払い残業代請求、パワハラの慰謝料請求などを希望する場合には、弁護士に個別相談することができます。ただし通常料金のサービスは弁護士が対応するものではないので注意しましょう。

退職代行EXITの評判・口コミを一挙公開!体験談や失敗ケースも紹介

SARABA

料金 27,000円(2020年1月時点)
相談料 無料
返金保証 あり
即日対応 可能
対応時間 24時間
相談方法 電話、LINE、メール

他社にはないSARABAの大きなメリットは、労働組合が運営していることです。そのため、退職日や未払い給与の支払いなどを会社と交渉することが可能になります。弁護士のいる退職代行に依頼するのは料金が高めで手が出しにくいという人でも、リーズナブルな価格なので相談しやすいのではないでしょうか。

さらに、希望があれば退職後の転職までサポートしてくれるサービスもあります。他社にはない魅力が多い退職代行サービスです。

退職代行SARABAの評判は?悪い評判・良い評判を口コミ1,000件以上から徹底検証

退職代行コンシェルジュ

料金 33,000円(2020年1月時点)
相談料 無料
返金保証 記載なし
即日対応 可能
対応時間 24時間
相談方法 LINE、メール

「退職代行コンシェルジュ」は、厚生労働大臣認可の人材紹介会社が運営する退職代行サービスです。そのため。退職後の転職サポートを受けることができるというメリットがあります。

また、追加費用はかからず退職完了まで回数無制限で対応してもらえるので、納得がいくまで相談できます。

退職代行コンシェルジュのサービス内容!体験者からの口コミ評判も!

退職代行Jobs

料金 29,800円(2020年1月時点)
相談料 無料
返金保証 あり
即日対応 可能
対応時間 24時間
相談方法 電話、LINE、メール

「退職代行Jobs(ジョブズ)」は、24時間365日体制で対応してくれる退職代行サービスです。

顧問弁護士が常に適正適法なサービス提供ができるよう監修しているところが、安心できるポイントです。サービス料金も29,800円とリーズナブルなことも大きな魅力です。

退職代行jobsのサービス内容!体験者からの口コミ評判も紹介!

安全退職ドットコム

料金 54,000円(2020年1月時点)

※着手金のみ。オプションあり。

相談料 無料
返金保証 あり
即日対応 可能
対応時間 記載なし
相談方法 記載なし

料金は高めですが、全て弁護士が対応してくれる退職代行サービスが「安全退職ドットコム」です。

依頼したその日から弁護士に丸投げ可能で、会社に行くことなく転職活動などに専念することもできます。未払い給料や残業代、退職金などの回収も行ってくれます。

安全退職ドットコムは弁護士が対応!体験者からの口コミ評判も紹介!

汐留パートナーズ法律事務所(弁護士法人みやび)

料金 55,000円(2020年1月時点)

※着手金のみ。オプションあり。

相談料 無料
返金保証 記載なし
即日対応 可能
対応時間 24時間対応
相談方法 記載なし

弁護士事務所の退職代行サービスとしてメディア掲載実績もあり、多くの退職代行実績を誇る「弁護士法人みやび」。早さと的確さをモットーに顧客の問題解決に取り組んできた、豊富なノウハウと実績があります。

他社に断られたような困難ケースでも、安心して退職代行を任せることができます。出社なしの引き継ぎや、私物の受け取りまで対応してくれます。

まとめ

この記事のポイントは、以下の通りです。

  • 退職代行で退職できなかったという失敗例はほとんどない
  • 弁護士資格のない退職代行が会社と交渉を行うことは「非弁行為」として違法となる
  • 退職までのスケジュールに余裕を持ち、しっかり情報収集することが重要
  • 退職代行サービスは、サービス内容や口コミから自分に合ったサービスを選定する

退職代行は、会社にいい出しにくい人や、パワハラで悩んでいて会社にもう行くことなく退職したい人など、一人ひとりの状況に合わせて退職をサポートしてくれます。

退職代行を活用して、円満退職を目指しましょう!