転職エージェントの裏事情を登録から内定まで段階別に解説!失敗しないためのポイントは?

 

転職エージェントの多くは転職希望者に対して無料でサービスを提供しています。つまり転職希望者は1円も払うことなく、新たな就職先を探すサポートを受けることができるのです。

でもタダより怖いものはないとよく言いますよね?転職エージェントにはどんな裏事情があって、なぜ転職サポートを無料で提供できるのでしょうか。

その疑問に答えるべく、本記事では転職エージェントの知られざる裏事情を明らかにしていきます。これから転職活動を考えているのなら必読!転職エージェントの裏事情を知り、転職活動を有利に進めましょう。

転職エージェントの裏事情を知って上手に活用しよう

転職エージェントの裏事情を知っていれば、転職エージェントを上手に活用して転職活動をよりスムーズに、より効率的に行うことができます。

転職エージェントが転職希望者に対して無料で転職サポートを行っていることは前述のとおりです。しかしボランティア活動でない限り、転職エージェントに何かうまみがないとそのようなことは行わないはずです。その裏事情とは一体何なのでしょうか。順番に見ていきましょう。

転職エージェントは成功報酬!転職できないと見捨てられる?

実は転職エージェントの利益は、求人を行っている企業からの成功報酬で成り立っています。企業に対し報酬を得ることができません。

つまり転職エージェントは、自分たちのためにも転職希望者の転職を成功させたいという思いがあるのです。そのため転職に対しての意欲が低い人は、残念ながら見捨てられてしまうことがあります。

転職エージェントに対して「自分がいかに価値のある人材であるか」をアピールすることも、転職活動のひとつとなるのです。

人気の転職エージェント16社を比較!特徴から自分が使うべき転職エージェントが選べる!

転職エージェント内でランク付け?自分の優先度を見極めよう

転職エージェントに複数登録すると、どの転職エージェントで自分の優先度が高いかが見えてきます。

すぐに面談を依頼される、複数の案件を紹介してくる、同じ案件でも他のエージェントよりもいち早く紹介してくれるなど、様々なシーンで自分の優先度が把握できます。

優先度は自分自身のキャリアや能力だけの問題ではなく、転職エージェントの得意分野、取り扱い業種、業界なども理由の1つです。優先度が低くても落ち込む必要はありません。

しかし自分を優先的に取り扱ってくれる転職エージェントを見極めることは、転職活動を有利に進める秘訣です。

転職エージェントの裏事情【登録~面談】

実は転職エージェントの裏事情は、登録からエージェントとの面談までで見えてきます。自分の市場価値や転職エージェントにとっての優先度を見極めるためにも、そのポイントを把握しておきましょう。

電話面談のみはあり?登録時の裏事情

転職エージェントのサイトで登録を済ますと、基本的にはすぐに面談の申し入れがあります。面談には対面の面談と電話面談があり、ここに裏事情が見え隠れしています。

優先順位が高く市場価値のある転職希望者に対しては、対面の面談で手厚く対応されることが多く、電話面談のみだと優先順位が低いと考えられます。

しかし転職希望者の居住地が遠く電話面談しかできない、あるいは転職希望者自身が忙しく電話しか対応できない場合などは例外です。

面談を拒否された?面談時の裏事情

転職希望の登録を済ませたにもかかわらず、すぐに面談を行おうとしなかったり、面談を拒否あるいは先延ばしにされることがあるかもしれません。

このような場合、その転職エージェントにとって自分自身の優先度は高くないと判断し、他のエージェントに登録するなどして別の選択肢を増やしましょう。優先度の高くない転職エージェントに固執する必要はありません。

転職エージェントの裏事情【求人紹介】

ではここからは求人紹介に関する転職エージェントの裏事情をご紹介していきます。

転職希望者にとって一番大切な求人紹介で転職エージェントの都合に振り回され、転職後に後悔しないようしっかりと裏事情を把握しておきましょう。

転職者の希望は無視?求人紹介の裏事情

前述の通り転職エージェントは成功報酬のため、クライアントにしかるべき人材を紹介し無事就職に至るまでは報酬を得ることができません。

転職エージェントによっては利益をあげることを優先し、転職者の「希望に沿った求人」を紹介するのではなく、転職者が「受かりやすい求人」を紹介することがあるのです。

転職エージェントに促され、受かりやすい転職先を選び転職してしまうと、思っていた業務内容や条件と異なっていることも多いはずです。こうなると転職後にすぐまた転職を考えはじめるというような事態に陥ります。

無理な転職を進める?求人紹介の裏事情

転職エージェントによっては、無理に転職を進めてくるところもあるかもしれません。これも転職エージェントの売り上げが成功報酬であることが大きな要因です。とにかく実績を上げるために、転職希望者が望まない案件を無理に進めてくることがあるのです。

転職エージェントに登録したからと言って、必ずしも転職しなければならないわけではありません。また勧められたからと言って希望しない職種、会社を受けなければならないわけでもありません。

興味があったり転職したいと思える案件でない場合は、きっぱりと断ることを忘れないでください。不本意な転職をしてしまわないよう、気をつけましょう。

非公開情報も教えてもらえる?求人紹介の裏事情

転職エージェントのサイトに掲載されている案件は、実は転職エージェントが持っている案件のほんの一部にすぎません。転職エージェントにはサイトなどにオープンにできない非公開案件の方が圧倒的に多いのです。

なぜ非公開案件が多いのかは様々な裏事情があります。こちらはその裏事情の一例です。

  • 女性のみ、特定の年齢制限などがある
  • 応募が殺到することを防ぐために、転職エージェント内の情報に留めている
  • 企業側の重要なポジションであるため公開できない
  • 企業が内密に探しているため公開できない

様々な事情により一般に公開されていない案件は、転職エージェントに登録しない限り巡り合うことはありません。転職エージェントの抱えている案件のほとんどが非公開案件のため、転職を考えるのであれば転職エージェントにまずは登録をおすすめします。

転職エージェントランキング2020年版!おすすめ10社の特徴や評判を徹底比較!

転職エージェントの裏事情【企業面接】

転職エージェントの裏事情は企業面接にも現れます。転職エージェントに登録後、紹介案件の書類審査が通ったら、いよいよ企業との面接です。

企業面接に関しての転職エージェントの裏事情とは何なのかを、こちらの項で見ていきましょう。

担当者の熱意がわかる?面接対策の裏事情

転職エージェントのサイトにはよく「面接対策サポート有り」というようなうたい文句があります。しかし実際にはすべての転職希望者に面接対策のサポートがあるわけではありません。

面接対策は転職エージェントにとっての負担が大きいため、成功の確率が高そうな優先順位の高い転職希望者にのみ行われることが多くなってしまいます。

面接対策の有無にはこのような裏事情があるのが現実です。しかし企業との面接は書類審査の次の極めて重要な通過点です。転職エージェントからの申し入れが無くても、自分から積極的に面接サポートをお願いするように依頼してみましょう。

面接内容を伝えると優先度UP?企業面接の裏事情

実は企業面接の裏事情をうまく活用する方法があります。それは面接の内容を事細かに転職エージェントに伝えるという方法です。この方法によって自分自身の優先度が上がることがあります。

面接は基本的に転職希望者と企業のみで行われます。そのため転職エージェントは面接の実際の内容を知ることができません。

面接の時に聞かれた質問の内容や雰囲気、面接者などの情報を共有することは、情報の蓄積が必要な転職エージェントにとって非常に有用です。この情報を共有してくれる転職希望者は、今後丁重に扱われる可能性があります。

また、面接の受け答えに関しての転職エージェントとしての意見やアドバイスなど、今後につながるフィードバックを得られることもあるでしょう。面接後の情報共有は細かく行っておいて損はありません。

転職エージェントの裏事情【内定】

転職エージェントに紹介してもらった求人に応募し、無事内定を得られたとしてもまだ転職エージェントの裏事情は続きます。

転職エージェントを上手に活用できるよう裏事情を理解しておきましょう。

転職エージェントも年収をあげたい?年収交渉の裏事情

転職エージェントは成功報酬となっていますが、報酬金額は何によって決まるのでしょうか。その答えはずばり、転職希望者の転職後の年収です。

一般的には転職者の転職後の年収の3割ほどが転職エージェントへの報酬となると言われています。このため転職者の年収が高くなればなるほど、転職エージェントへの報酬金額も高くなるのです。

転職希望者が転職先企業に直接年収の交渉をするのは色々な意味で難しいことでしょう。またたとえ転職エージェントを挟むとしても、年収アップの交渉は控えめにした方がよいのではと考えるかもしれません。しかし年収アップの交渉は転職エージェントにとってもメリットがあることが分かります。

転職先の企業の給与水準やその職種、一般的な年収をはるかに上回るような法外な条件は、転職エージェントも企業に対して提示することができません。転職エージェントにも企業との付き合いがあるため、高ければ高いほど報酬が上がるとしても非常識な交渉はできないことは覚えておいてください。

内定承諾の回答期限を前倒し?内定連絡の裏事情

転職希望者が内定をもらったら、転職エージェントはその内定を早く確定させたいと考えるのが自然でしょう。しかし転職先企業が出した回答期限を前倒しして内定承諾の返答を求めてくる転職エージェントがあるので、注意が必要です。

一般的には内定をもらってから内定承諾の回答をするのに1週間~10日間ほどの猶予があります。転職希望者は同時進行で他にも面接を受けていたり、面接後の回答待ちの企業などもあるため、すぐに回答できないこともあることが多いはずです。

慎重に検討したり様々な条件が整ってから回答をするために、あまりにも短い回答期限を伝えてくる転職エージェントに対しては、事情を伝えて回答期限を伸ばしてもらって問題ありません。

口コミからわかる!転職エージェントのデメリット

さてここからは実際に転職エージェントを利用した人の口コミからわかる転職エージェントの失敗例を検証していきましょう。

失敗例をあらかじめ知っておけば、それらをできる限り避けることができるはずです。

転職エージェントを使うと担当にばらつきがある転職エージェントがむかつく!担当者変更は可能?

転職エージェントに登録すると、専属の担当者がつきます。担当者によっては希望を理解してもらえない、転職エージェントの利益を優先した動きしかしてくれない、そりが合わないなど様々な問題が生じることがあります。

そんな時は、すみやかに担当者の変更を申し出てみましょう。とくに問題があることではありません。

転職エージェントのせいで転職に失敗することがある

転職エージェントを活用して転職活動を続けていくと、転職エージェントそのものあるいは担当者との関係性が徐々にできあがってきます。

利益を優先させたり転職希望者に寄り添わない対応を行う転職エージェントと転職活動を続けると、転職に失敗する可能性があるのです。

信用できる転職エージェントや担当者を見極めることが、転職活動を成功に導くポイントといえます。

転職エージェントで失敗しないためには?

転職エージェントは転職活動を支えてくれる頼りになる存在です。しかし悪質な転職エージェントにぶつかってしまうと転職が失敗に終わってしまうこともあるため、見極めが非常に重要になってきます。より良い転職を行うための第一歩は、より良い転職エージェントを見つけることからだと言えるでしょう。

では転職エージェントで失敗しないためにはどのようなことに気を付ければよいのかを、下記にご紹介します。

複数の転職エージェントを利用する

転職エージェントは1つに絞るのではなく、なるべく複数登録するようにしましょう。活動する前にはわからなくても、転職活動を続けていくうちに転職エージェントの強み、弱み、得意分野、傾向などが分かってきます。

また同じ業界、業種でも持っている案件が転職エージェントによって異なることがあり、その転職エージェント専属の案件などもあることがあります。1つだけにしてしまうと情報が不足してしまいます。

自分に合う転職エージェントを選ぶ

転職エージェントの数は多ければ多いほどよいわけではありません。いくつかのエージェントは情報がかぶっていたり、自分に対して積極的にサポートしてくれないこともあるでしょう。

複数のエージェントに登録した後に、エージェントの強み、弱み、得意分野、傾向などを理解し、必要な転職エージェントを徐々に絞っていくことをおすすめします。

また、その転職エージェント内での自分自身の優先度の高さを見極めることも大切です。ぜひ優先順位が高く手厚くサポートしてくれる転職エージェントを積極的に活用しましょう。

まとめ

  • 転職エージェントは無料で転職サポートを行ってくれる
  • 転職エージェントは企業に相応しい転職希望者を紹介し就職に至って初めて報酬が得られる成功報酬制である
  • 転職エージェント内での自分の優先度を見極め、優先度の高い転職エージェントを使うことが重要
  • 複数の転職エージェントを利用すること、自分に合う転職エージェントを選ぶ

このように無料で転職サポートを行ってくれる転職エージェントには裏事情があり、様々なシーンでそれが明るみになってきます。

転職エージェントの裏事情を把握することも、転職成功への重要なポイントです。

複数の転職エージェントに登録しながらじっくり転職エージェントと担当者を見極め、自分にとって最善のサポート受けられるようにしましょう。